岡田達也(オカダタツヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
岡田 達也(おかだ たつや、1968年2月13日 - )は、日本の俳優、声優。演劇集団キャラメルボックスおよびクリオネ所属。鳥取県鳥取市出身。身長175cm、体重68kg。血液型はAB型。

人物
好物はイカ、嫌いなものはキュウリ。大阪芸術大学芸術学部を卒業後、サラリーマン・トラックの運転手を経て演劇集団キャラメルボックスに制作部として入団。その後、役者として舞台に立つようになり、現在では数多くの主役を務める。

出演
太字はメインキャラクター。
テレビドラマ
* 大地の子(1995年、NHK)
* 誰かが扉を叩いている(1997年、日本テレビ)
* 怪物くん(2010年、日本テレビ)
* HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜 第2話(2011年10月18日、関西テレビ) - 杉田雄三 役
* 相棒 season 11 第13話「幸福な王子」(2013年1月23日、テレビ朝日) - 坂本 役
* 金曜プレステージ・スペシャルドラマ 鬼女(2013年6月28日、フジテレビ)

ラジオドラマ
* River Side Cafe#8(2013年、TFM系) - 店長 役
* 特集オーディオドラマ 星を掘れ!(2013年、NHK-FM)

映画
* 耳をすませば(1995年、東宝)
* ガメラ3 邪神覚醒(1999年、東宝)
* アザーライフ(2006年)

舞台
演劇集団キャラメルボックス

太字は主演作品
*『四月になれば彼女は』(1993年) - 西条 役 ※デビュー作品
*『ブリザードミュージック』 - 久慈 役(1994年)、釜石 役(2001年)
*『スケッチブック・ボイジャー』(1995年・2005年) - ダイゴ 役
*『風を継ぐ者』 - 秋吉剣作 役(1996年)、小金井兵庫 役(2001年)
*『嵐になるまで待って』 - 高杉 役(1993年)、波多野 役(1997年・2002年)
*『俺たちは志士じゃない』(1998年) - 神田松吉 役
*『さよならノーチラス号』 - 芳樹 役(1998年)、勇也 役(2009年)
*『銀河旋律』サルマル 役(1999年・2011年)、柿本光介 役(2002年) ※2002年柿本光介役は西川浩幸とダブルキャスト、2011年サルマル役は西川浩幸・三浦剛とトリプルキャスト
*『TRUTH』(1999年・2005年) -
「岡田達也」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月22日(土) 09:57UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 世襲戦隊カゾクマンⅢ

    岡田達也さんが大好きで観に行った前回同様。 とてもとても笑いました。 ふだん滅多に舞台で声を出して笑う事は無いのにやはりそれぞれの役者の間とテンポがとても面白かったです。 それ必要?って思う演出もこの舞台なら許せる。真剣に遊ぶ役者達の熱意は素晴らしかったです

    莉稀
  • アトムが来た日

    キャラメルボックスの岡田達也さんが参加しているので、観に行きました。 最初に役者の一人から、この芝居のみかた、という説明があって、すごく分かりやすかった。あれ、面白い。 開演して、内容は分かりやすかったけど、一部セリフが飛んでいるみたいで観ている方が不安になる場面がいくつかあり。 それと、静かな台詞が長く続くところでは、単調で眠りを誘われた。実際、斜め前の女性は大分グラグラと船を漕いでいた。 役者さんたちはみんなハキハキ、良いと思います。

    ARALE
  • 「若様組まいる~若様とロマン~」

    舞台の一つが「風琴屋」だからでしょうか。オープニングの音楽が風琴(オルガン)音楽を思わせるようです。ミュージカルを連想させるメロディーなので、同じキャスト・スタッフで全編ミュージカルで見たいとも思ってしまいました(劇中歌やダンスシーンはある)。 該当の原作には登場しない和合君がいい味を出しています。新しい商売に手を出そうとして失敗したり、恋愛の伝授を教え込もうとしたり、真次郎にお菓子のレシピを乞うたり。 そして若様組シリーズもここで一区切り。新作が作られるかは今後原作が出るかどうかにかかっていますが、新作はなくても、再演はして欲しいものです

    ミハイル
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

岡田達也 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み