栗山民也(クリヤマタミヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
栗山民也
栗山 民也(くりやま たみや、1953年1月15日 - )は、東京都町田市出身の舞台演出家。妻は女優の中川安奈(2014年死別)。日本演出者協会会員。

略歴
*1975年、早稲田大学文学部演劇学科卒業。
*1980年、サミュエル・ベケット『ゴドーを待ちながら』が初演出を手掛ける。
*1983年、斎藤憐『グレイクリスマス』を本多劇場で演出家として本格デビューを果たす。
*1996年、『GHETTO ゲットー』(ジョシュア・ソボル作)の演出で紀伊国屋演劇賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞、芸術選奨新人賞を受賞。
*1998年、新国立劇場芸術参与
*1999年、『エヴァ・帰りのない旅』(ダイアン・サミュエルズ作)で毎日芸術賞、第1回千田是也賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞受賞。
*2000年、新国立劇場演劇部門芸術監督に就任し、2007年8月まで務める。
*2002年、第1回朝日舞台芸術賞舞台芸術賞受賞
*2005年、新国立劇場演劇研修所所長を務める。『喪服の似合うエレクトラ』(ユージン・オニール作)で朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。
*2012年、『ピアフ』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
*2013年、紫綬褒章受章。
*2014年、『木の上の軍隊』『マイ・ロマンティック・ヒストリー〜カレの事情とカノジョの都合〜』『それからのブンとフン』の演出の成果に対して、第39回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

主な演出作品
*『ゴドーを待ちながら』(1980年)
*『NEVER SAY DREAM』(1994年)
*幹の会『オセロー』(1995年)
*アトリエダンカン『阿国』(1995年)
*アトリエ・ダンカン『青空のある限り』(1996年)
*『GHETTO/ゲットー』(1996年)
*東宝『深川しぐれ』(1997年)
*『海の沸点』(1997年)
*こまつ座『黙阿弥オペラ』(1997年、2000年、2010年)
*ひょうご舞台芸術『エヴァ、帰りのない旅』(1998年)
*東宝『花迷宮』(1998年)
*東宝『本郷菊富士ホテル』(1998年)
*こまつ座『貧乏物語』(1998年)
*ひょうご舞台芸術『メッカへの道〜ロード・トゥー・メッカ』(1998年)
*新国立劇場『音楽劇ブッダ』(1998年)
*新国立劇場『少年H』(1999年)
*東宝『花も嵐も』(1999年)
*新国立劇場『夜へ
「栗山民也」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月21日(火) 08:11UTC
公演レビュー
  • 「人形の家 Part2」

    「人形の家 Part2」観る。 140年前に書かれたイプセンの「人形の家」。フェミニズムを扱ってあまりにも有名なこの作品で、家を出ていったノラが15年後に帰ってきた、という話をアメリカ人のルーカス・ナスが書いた。身ひとつで家を出ていったノラは、作家として成功していた!15年後となっているが、現代に十分に響く内容で、かつ元々の作品で描かれていた家族関係やエピソードがうまく伏線として活用されていて、前世紀の女性の結婚に関する制約もうまく織り込まれていて、とても興味深い戯曲。 ノラと乳母、ノラと夫、ノラと娘の2人芝居の連続になっていて、切実で苛烈な会話の応酬が続く。子供を置いて出ていき、自分の成功を継続させるために夫に依頼事項があって帰ってきたノラ。自己中な女と見るか、自立への思いに共感するか、見方がわかれそう。私は刺さるせりふがたくさんあってすごく響いたなぁ。 夫トルヴァルが、ノラとの会話がどうしてもかみ合わず、思わず「誰かと一緒にいることがこんなに難しくなくちゃいけないのかなぁ」と絞り出すせりふ。会話を重ねても少ししかわかり合えない人間。家族や結婚のあり方を考える人もいれば、自由・自立とその代償、世界のよりよいあり方、みたいなテーマを感じる人もいるだろう。 105分出づっぱりのノラ役永作博美がとても魅力的。かつて「人形」として扱われた面影を思わせつつ、今を生きる女性としての強さと苦悩を演じて、膨大なせりふ量をこなして、好演。夫は山崎一。葛藤を演じてうまいのだけど、ちょっと情けない夫、という方向の造型で、個人的にはもう少し男性性を出してほしかったかなぁ。娘のエミーを演じたのは那須凛。二人芝居の中ではノラと、置いていかれて母を知らずに育ったエミーとの会話が一番緊張感に満ちていて、刺激的だった。 場転もなくシンプルな設定で、会話のみで芝居が進むので、演じる役者と演出でかなり印象が変わりそう。栗山民也の演出はすっきりわかりやすかったが、ほかの座組で見てみたい気もする。

    ちま
  • 地人会新社「リハーサルのあとで」

    ストリンドベリの「夢の劇」をベルイマンが演出した際のリハーサル後の様子を戯曲化したものらしく、主人公演出家ヘンリック・ヴオーグレルは彼自身のようだ。演出家と俳優の舞台化に向けてのそれぞれの想いや心理を描いている。ヘンリックは今回の主役に過ってともに仕事をし、家族付き合いをしたラケル・エーゲルマンの娘で幼少期から見知ったアンナを抜擢した。大役を得て演技に不安を感じていた彼女は、口実を設けてリハーサルのあとで、楽屋に残っていたヘンリックを訪ねた。自信家の彼は、一方で演出家は「耳を澄まし、口を閉ざすものだ」と彼女の粗削りをほめ、彼女自身がやりやすいようにアドバイスを与える。彼は彼女の才能をどう見極め、期待しているのか、母ラケルとの関係が影響しているのか、他意ないのだろうか?演出家と俳優は対等に意見を出し合って戯曲を紡いでゆくと言うが、果たして。不安を抱えながら、母ラレルを超えたいアンナ(森川由樹)のヘンリックへの信頼と緊張感がありながら適度の距離感を保った演技、ふと遠くを見つめる眼差しに、芯のある女優を演じて素晴らしかった。過っての名女優ラケル(一路真輝)はアル中患者になり、老いてもなお舞台に立ちたい、「輝かしい楽器」でありたい狂気じみた俳優魂を真に迫って演技し、彼女の別の一面を見た思いがした。二人の女優に対するヘンリック(榎木孝明)は演出家としての矜持と、男としての戸惑いを制御するロマンスグレーを演じて流石であった。……「舞台は台詞と役者そして観客」「演出家は黒子だ」……演技と恋愛がない交ぜになり、実生活と戯曲が重なり合うようで、どこまで理解できたかわからないが、ベルイマンに思い入れの強かった栗山民也の期待に応えた三人の演技に感服し、演出家と俳優の凄さを味合った。

    粗忽者の早とちり
  • 「人形の家 Part2」

     新宿にある紀伊國屋サザンシアターに「人形の家PART2」を観に行きました。「人形の家」はイプセンの文芸大作で、主人公のノラが女性の自立を求めて、夫と子どもを捨てて、人形のように扱われていた家を出て行くという話ですが、本作の「人形の家PART2」は出ていったノラ(永作博美)が15年ぶりに人形の家に帰ってきて、乳母のアンネ・マリー(梅沢昌代)、夫のトルヴァル(山崎一)、成長した娘エミー(那須凜)と再会して、15年前のこと、この15年間にあったそれぞれの想い、心情をぶつけ合うお芝居でした。もちろんイプセンではなく他の作家が書いています。ノラは15年経った今でも夫トレヴァルを許していないし、乳母アンネ・マリーはノラを身勝手な女だと恨んでいます。娘エミーはノラに対する記憶はありませんが、軽蔑しています。一方トレヴァルは突然現れて離婚を要求してくるノラに離婚はできないと拒絶するものの結局は離婚の手続きを行ってしまう。このお芝居を観て、メンタル面で男って弱いんだなぁと思いましたし、15年という長い年月棚上げしてきた心の重荷を、ノラの15年ぶりの帰還で修羅場を迎えることによって全員が一歩前進できたということを感じることができました。  105分間休憩なしで俳優4人が常に台詞を言い続けていました。早川書房の悲劇喜劇という文芸誌に本作の全台詞が掲載されていますが3段書きで40ページに及び、橋田壽賀子作品よりも長い台詞だと思います。主演の永作博美さんの芝居は映画「八月の蝉」以来見ましたが、長台詞の中にノラの心情をよく表現できていたと思います。

    いい歳りょうちゃん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

栗山民也 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み