板垣恭一(イタガキキョウイチ) のチケット情報

お気に入り登録する
板垣恭一(いたがき きょういち、1964年 - )は、日本の演出家である。東京都出身。日本大学藝術学部演劇学科中退。大学在学中に第三舞台のスタッフとなり、のちにフリーになる。劇作家の中谷まゆみと組むことが多い。2014年より、日本劇団協議会・「日本の劇」戯曲賞の最終選考委員を務める。

主な演出作品
*ヴァンプ・ショウ(1992年2月 - 3月、スペース・ゼロ)※池田成志と共同演出
*ビューティフル・サンディ(2000年2月、2003年9月、俳優座劇場、近鉄劇場)
*ペーパーマリッジ(2001年7月、紀伊國屋ホール、近鉄小劇場)
*今度は愛妻家(2002年11月 - 12月、俳優座劇場、近鉄劇場)
*お父さんの恋(2005年3月 - 4月、PARCO劇場、他)
*ラブハンドル(2006年2月 - 3月、PARCO劇場、他)
*サムシング・スイート(2007年、PARCO劇場、他)
*ちいさき神の、つくりし子ら
*エンバース〜燃え尽きぬものら(2008年5月15日 - 6月1日、俳優座劇場)
*歌謡シアター「ラムネ」~夢の途中編(2008年11月、あうるすぽっと)
*罠
*キサラギ(2009年4月9日 - 19日、世田谷パブリックシアター)
*グローリー・デイズ
*暗くなるまで待って(2009年12月15日 - 18日、梅田芸術劇場)
*ブロードウェイミュージカルSide Show(2010年4月7日 - 4月18日、東京芸術劇場中ホール)
*イカれた主婦(2010年5月15日 - 23日、ル テアトル銀座 by PARCO)
*奇跡のメロディ~ 渡辺はま子物語 ~(2010年9月6日 - 23日、シアタークリエ)
*アントニーとクレオパトラ(2010年12月1日 - 5日、シアター1010)
*フォーエヴァー・プラット(2013年10月1日 - 10日、東京グローブ座 他 プレビュー・地方公演)
*君は即ち春を吸ひこんだのだ(2016年2月25日 - 3月1日・恵比寿・エコー劇場、公益社団法人日本劇団協議会)作:原田ゆう
*あさひなぐ (2017年5月20 - 31日・EXシアター六本木、2017年6月2日 - 5日・森ノ宮ピロティホール、2017年6月9日 - 11日・愛知県芸術劇場 大ホール)脚本・演出

脚注
(省略)

外部リンク
*板垣恭一のブログ

(省
「板垣恭一」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年07月28日(土) 07:29UTC
公演レビュー
  • オフブロードウェイ・ミュージカル「グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!2019」

    一緒に行った連れは、新納さんと原田さんの掛け合いが実ンテンポよく、面白くよどみないので、最初芸人さんたちと思ったようです。そういえば会場が松竹芸能の新宿角座だからもあると思いますが…。 ですが連れの錯覚が仕方がないほど2人はしゃべりだけでも生きていけそうなくらい上手い! もちろん台本もいいのだとは思いますが、ちょっとでも間、がずれたら台無しになるところを、たたみかけて笑わせて、そして素晴らしい歌声で、ダンスもあって、もう言うことなし。100人ちょっとしか入れない劇場のチケットをどうして手に入れられたのか、ラッキーとしか言えません。

    ヴェルサイユ・シュリ
  • I Love Musical ~GIFTあなたに贈る詩~

    眼福ならぬ、耳福でした~!生、心配ないさ~、サイコー!

    ぴろり
  • ミュージカル「いつか~one fine day」

    あいにくの壁側の席でずっと首を傾けて舞台を観てたが、キャストの顔や表情が殆ど見えず、ドラマCDを聞いてる感覚でした。 雰囲気も暗くて救いようがない話で後味もイマイチ。何より登場人物に全く思い入れがわかず。植物状態の患者に酔っぱらいながら「遺品」とかで悪態をつく主人公や、自分が捨てた子どもが訪ねてきてもそっけなく追っ払う非情で個人主義の母親など、観ているだけでゲンナリしました。音楽や俳優は良くても脚本が演出が心惹かれるものでないと、こうもウンザリと眠気が出てくるのだと痛感。 アフタートークも板垣さんが喋りっぱなしでガッカリしました。

    あい
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

板垣恭一 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み