長野里美(ナガノサトミ) のチケット情報

お気に入り登録する
長野 里美(ながの さとみ、1961年8月15日 - )は、日本の女優。神奈川県出身、早稲田大学第一文学部卒業。融合事務所所属。夫は俳優、劇作家、演出家の上杉祥三。

2012年に解散した劇団第三舞台の元・看板女優で、“小劇場の女王”と称された。夫の上杉とともに演劇ユニットトレランスを旗揚げした。

来歴・人物
大学在学中の1981年、早稲田大学演劇研究会に加入。

のちに鴻上尚史率いる第三舞台に参加。1981年に上演された『宇宙で眠るための方法について』での家出少女役として出演して以降、悲しみを秘めた明るい女性役を持ち味にして劇団の看板的な存在となる。舞台公演での着ぐるみ姿も名物となった(85年の『リレイヤー』では演出の鴻上に稽古で追い詰められ、最後の舞台挨拶で泣き出してしまったという逸話もある)。

90年代以降は外部公演やシェイクスピア作品に多数出演。

小劇場ブーム末期には「西の高田聖子、東の長野里美」と云われ、人気を博した。

1996年より文化庁の海外研修員として一年間ロンドンに留学(留学中は『演劇ぶっく』にて、ロンドンの様子をエッセイにて連載していた)。留学先で上杉と結婚。

2002年、夫とともに演劇ユニット『トレランス』を旗揚げ。

『ロスト・イン・ヨンカーズ』(2013年)、『君となら』(2014年)と三谷幸喜演出の舞台作品に出演した縁から、2016年に『真田丸』でNHK大河ドラマに初出演を果たした。脚本の三谷から「長野さんにしかできない」と指名され、真田信幸の病弱な正室・こう役をユーモラスに演じて話題を集めた。

出演
舞台
第三舞台(鴻上作品含む)公演
* 宇宙で眠るための方法について(1981年)
* プラスチックの白夜に踊れば(1982年)
* 電気羊はカーニバルの口笛を吹く(1982年)
* リレイヤー(1983年)
* デジャ・ヴュ(1983年)
* モダン・ホラー(1984年)
* 春にして君とわかれ(1985年)
* リレイヤー(1985年)
* もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ(1985年)
* デジャ・ヴュ'86(1986年)
* スワンソングが聴こえる場所(1986年)
* ハッシャ・バイ(1986年)
* 朝日のような夕日をつれて 87(1987年)
* モダン・ホラー特別編(1987年)
* 天使は瞳を閉じて(1
「長野里美」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月27日(月) 11:39UTC
公式サイト
公演レビュー
  • KOKAMI@network vol.15「サバイバーズ・ギルト&シェイム」

    鴻上尚史さんの舞台を初めて観ました。 自分のことを戦死したと言って帰郷してくる青年、死んだのは青年ではなく自分だと言ってくる上官。 そして青年は映画を撮りたいと言い出し、周りを巻き込んで、設定が幼稚園児のロミオとジュリエットを撮り始めます。 どんな話なのか、全く展開が読めませんでしたが、徐々に各人が抱えている秘密が明かされて、最後はちょっと悲しいながらも元気をもらえました。 題名になっている「サバイバーズ・ギルト&シェイム」とは、戦争や災害・事故などで生き残った人が、死んでしまった人たちを思い、生きていることに罪悪感や恥ずかしさを感じてしまうことだそうです。 途中、伊礼彼方さんが熱唱する「生きてることが辛いなら」にグッときてしまいました。 「逃げる」のではなく「生きるために移動する」という台詞も心に残りました。

    touch
  • KOKAMI@network vol.15「サバイバーズ・ギルト&シェイム」

    笑いあり、涙あり、のストーリーで、作品も楽しめましたが、 千秋楽ということもあり、さらに、ラスト、とても盛り上がり楽しかったです!

    makaron2
  • KOKAMI@network vol.15「サバイバーズ・ギルト&シェイム」

    爆笑、皮肉、激励、問題提起、ライブ感満載 「死ぬ」事に直面して、心の平静を失ったり、自分を責めたり、前に進むための努力をお互いの力を借りて、お互いダメ出ししながら、自分自身に発言した言葉を戻し 行っている 一緒に笑い、泣き、歌ってください。

    かずっち
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

長野里美 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み