春風ひとみ(ハルカゼヒトミ) のチケット情報

お気に入り登録する
春風 ひとみ(はるかぜ ひとみ、1960年12月9日 - )は、日本の女優である。宝塚歌劇団卒業生(月組娘役)。本名、湯浅 ひとみ(ゆあさ ひとみ)。宝塚歌劇団時代の愛称はヒトミ、ハル。

東京都文京区出身。出身校女子聖学院。キューブ所属。公称身長160cm。血液型A型。

略歴
* 東京・巣鴨のカツオ節問屋の長女として生まれる。
* 幼児期(2 - 5歳時)には劇団若草に所属、子役として活躍。舞台やテレビドラマ・CM(「カルピス」など)に出演。TBS系の『東芝日曜劇場』では宇野重吉と共演。宇野の勧めにより、6歳で子役の仕事をやめ、以後、学業に専念していたが、4歳から習っていたバレエと日舞はそのまま続けていた。
* 1977年、高校1年終了時、宝塚音楽学校に2度目の受験で合格。
* 1979年、宝塚歌劇団入団。花組公演『花影記/紅はこべ』で初舞台。65期生。同期生に、杜けあき・南風まい・さつきりせ・前田真里・白川亜樹・たまなめいらがいる。
* 1980年、月組に配属。「愛限りなく」で大劇場ヒロインを演じたほか、実力派の二番手娘役として長く活躍。「哀愁」のキティ、「ときめきの花の伝説」のエレオノーラ、「ミー・アンド・マイガール」のマリア公爵夫人等、ストーリーに直接かかわる役どころを多く演じた。「南太平洋」のネリーでヒロイン、そして退団公演「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアでは主演と、ブロードウェイミュージカルでも真価を発揮した。
* 1988年退団。その後女優に転身し、舞台を中心に活動している。
* 1993年、一人ミュージカル『壁の中の妖精』に出演し、この作品で演出の福田善之と共に紀伊國屋演劇賞を受賞。以降もたびたび再演されている。
* 2014年8月4日、自身のツイッターで一般男性との入籍を公表。
* 2016年4月1日よりキューブに移籍。

出演
舞台
子役時代
* 1965年12月:「王様と私」(東京宝塚劇場)

宝塚歌劇団時代
* 1979年3 - 5月:「紅はこべ」 (宝塚大劇場)
* 1980年1 - 2月:「アンジェリク」マリア・テレジア(宝塚大劇場新人公演、本役:優ひかり)
* 1981年2 - 3月:「ディーン」 エリザベス・テーラー (宝塚バウホール)
* 1981年4月:「新源氏物語」 中将の君(東京宝塚劇場)
* 1981年6 - 8月
「春風ひとみ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年11月17日(土) 10:08UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ミュージカル「マイ・フェア・レディ」

    内容は、笑いあり、楽しかった。 皆さん、うまいし、 さやかさん、初めて見ましたが、 全てに美しかった。 また、また観たいです。

    あや251
  • ミュージカル「マイ・フェア・レディ」

    大好きなマイフェアレディー、卒業後初のまぁ君イライザ、とっても元気で明るくて、そして可愛いくて美しくて、もう最高でした。 前回、真飛さんイライザも観ましたが、ヒギンズ教授とのやり取りが、どちらのイライザともピッタリと思えました。 皆さんとても声やお歌も素晴らしく、またまたマイフェアレディー大好きになりました。 ブラボー✨

    ハイジ
  • ミュージカル「マイ・フェア・レディ」

    歌詞が日本語に合うからでしょうか、ところどころ映画の歌詞と違っていたので、個人的には違和感がありました。(例えば正しい発音ができた時に歌う歌詞が、映画だと「スペインの広野に雨が降る」など。)有名なミュージカルは歌詞を変えない方がいいと思いました。 朝夏さんは高音がきれいに出ていて、また背が高く手足が長くてスタイルが良いので、どのドレスもきれいに着こなしていました。寺脇さんの洗練さとユーモアさ、今井さんの歌と貫禄はさすがだと思いました。

    ひなまつり
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

春風ひとみ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み