山本亨(ヤマモトアキラ) のチケット情報

お気に入り登録する
山本 亨(やまもと あきら、本名同じ、1961年2月7日 - )は、日本の男性俳優。滋賀県出身。krei.inc所属。血液型O型。

来歴・人物
来歴
『キイハンター』の千葉真一に憧れ、高校時代にJAC(ジャパンアクションクラブ)を受験し合格するも、両親の希望もあり高校卒業と同時に上京する。1979年、JAC(ジャパンアクションクラブ)入団。当初は、吹き替え(スタント)や切られ役等が、多かったが徐々に俳優としてのフィールドを広げていく。1986年に坂東玉三郎演出「ロミオとジュリエット」に出演、その後「なよたけ」等の舞台に出演。1990年につかこうへいと出会い「幕末純情伝」再演で岡田以蔵役に抜擢され話題を呼ぶ。以降「飛龍伝'92」、「蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く」等続々と出演、つか作品の顔となる。1996年にはtptの門井と出会い、以降tptを中心に、劇団☆新感線、パルコ、阿佐ヶ谷スパイダース、Bunkamuraなど舞台俳優として多彩な活動を続けている。1997年、約20年所属したJAC(ジャパンアクションクラブ)を去り、フリーに。2008年、krei.inc に所属する。2013年、第1回すみだパークスタジオ演劇賞受賞

人物
照れ屋の上に、激しい人見知りがあるため、余り多くを語らないので、無口・寡黙な人と言われる。その結果、「朝劇場へ入り、終演後帰宅する迄、挨拶と台詞以外に声を発しない事がある」と噂されている。また、「無用な争いを避ける意味もあり、柔和な言葉遣いをする」(本人談)ために、酒席等の様子を“あきこさん”等と表されることも。本人曰く、かなり茶目っけのある人物らしいのだが、その様子は中々垣間見る機会がない。

出演作品
映画
* 1980年
: 『忍者武芸帖 百地三太夫』 役名:不知火一派の忍者/他
* 1981年
: 『吼えろ鉄拳』 役名:刑事(麻薬Gメン)/他
: 『魔界転生』
* 1983年
: 『伊賀野カバ丸』 役名:藤枝亨(金玉学園の不良・空手部主将?)
: 『里見八犬伝』 役名:村人
* 1984年
: 『上海バンスキング』 役名:セントルイスのバーテンダー
* 1985年
: 『二代目はクリスチャン』 役名:きんぞう(天竜組組員)
* 1987年
: 『恐怖のヤッちゃん』 役名:イゾウ(陣内組組員・若手英語軍団)
* 1989年
: 『リ
「山本亨_(俳優)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年06月25日(月) 06:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」

    初見の私にはまったく面白さが分からず、只々観劇が苦痛だった。なので、前半だけで帰宅した。評価は本当は星なしにしたい。

    hal1969
  • 愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』

    1回行って面白かったので、追加公演で2回目に行きました。見ていて元気になる舞台です。もうすぐ終わってしまうのが残念。

    JunPia
  • 愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」

    キャストに惹かれてチケットを取ったので、レキシについては、何も知りませんでした。 その特徴的なお姿から、TVでは何度か拝見したことがありましたが、どんな曲を作り歌っているのか、聴いたこともありませんでした。 そんな私が楽しめるのか?……それは杞憂に終わりました! ストーリーは、まあ一応あります。 10歳の時から25年間ひきこもっている織田こきん(山本耕史さん)。 ネットで見つけた歴女のブロガー・カオリコ(松岡茉優さん)の気を引くため、自分のプロフィールを偽って、メッセージのやり取りをします。 そんなある日、突然、夢の国レキシーランドの総支配人ウォルト・レキシー(八嶋智人さん)が現れ、こきんと母親(高田聖子さん)、ひきこもりサポートネットの明智(藤井隆さん)、カオリコの4人を、レキシーランドへ連れて行ってしまいます。 そこには、日本の歴史に関する様々なアトラクションがあり、歌と踊りのショーが繰り広げられますが……。 これらの曲が、すべてレキシ。全25曲もあります。 初めて聴きましたが、ソウルフルで、ノリのいい曲ばかりでした! 歌詞は、あまり意味がないというか(笑)……でも、キャッチーなフレーズ(歴史に出てくる名前とか)がリズミカルに歌われるので、いつまでも耳に残ってしまいました。 これを演者さんたちが歌い、踊ります。 久しぶりに山本耕史さんの歌を聴きましたが、正統派ミュージカルとはまた違った歌い方で新鮮でした。 ギターの生演奏なんかもあって、音楽的センスも抜群。 そして、高田聖子さんも大熱唱。 何の曲だったか忘れましたが、山本耕史さん、高田聖子さん、藤井隆さんの3人で歌った時、互いに熱唱しあって、素晴らしいハーモニーを奏でていました。 この舞台、八嶋智人さんがMC的な役割もして話を進めていくという形をとりますが、八嶋さん、観客を盛り上げるということに関しては、本当に天才的な能力を発揮する人です。 アドリブを交えながらも、淀みなくスラスラ言葉をつないでいくのは、面白いを通り越して、感動すら覚えます。 最後は、客席に1本ずつ用意された”稲穂”を振りながらの大団円で終わりました。

    touch
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

山本亨 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み