首藤康之(シュトウヤスユキ) のチケット情報

お気に入り登録する
首藤 康之(しゅとう やすゆき、1971年11月11日 - )は、大分県大分市出身のバレエダンサー、俳優。

来歴
家業はホームセンター経営。
大分市で開催された森繁久弥の「屋根の上のバイオリン弾き」に触発され9歳でバレエを始め、中学時代に単身ニューヨーク・ロンドンに渡ってレッスンを受ける。帰国後、東京バレエ団のモーリス・ベジャール振付『ザ・カブキ』を見て感銘を受け、15歳の時同バレエ団のオーディションを受け入団。17歳でベテラン藤堂真子のパートナーに抜擢され、90年には『眠れる森の美女』の王子役で主役デビューを果たす。92年にはロシア・ボリショイ劇場とマリインスキー劇場で、『ラ・シルフィード』のジェームスを踊って評判となり、代表作の一つとなった。コンテンポラリーでもモーリス・ベジャール作品を中心に実力を発揮し、ベジャールの『M』』『くるみ割り人形』『ペトルーシュカ』『ボレロ』、シルヴィ・ギエムと共演した『春の祭典』などは高く評価されている。また、イリ・キリアンの『パーフェクト・コンセプション』、ジョン・ノイマイヤーの『スプリング・アンド・フォール』を初演している。

古典作品で見せる穏やかで温かみのあるイメージと、現代作品で見せる激しく官能的な踊りとのギャップも、魅力の一つとなっている。

2004年4月に東京バレエ団を退団し、特別団員となる。同時に過去の全レパートリーを封印することも明らかにし、以後は『牧神の午後』『ギリシャの踊り』などの新作を発表する一方で、『ニジンスキー』『SHAKESPEARE'S R&J』『空白に落ちた男』などのストレートプレイや、映画『トーリ』など、俳優の分野にも活動の幅を広げている。

代表作は上記の他に、『ジゼル』、『リア王―プロスペロー』(モーリス・ベジャール振付)、『白鳥の湖』(マシュー・ボーン振付)など。

2012年、芸術選奨文部科学大臣賞舞踊部門を受賞。

外部リンク
* sayatei.com / 首藤康之 Yasuyuki Shuto Official Site

(省略)
「首藤康之」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年12月30日(日) 07:11UTC
公式サイト
公演レビュー
  • MANSAI 解体新書 その参拾 特別版「5W1H」

    残念ながら 機械トラブルで 20分遅れのスタートと 一部の公演が途中で休止。 二部のトークショーと観世流のオマケで繋いでいた。 中だるみもあり眠いし 来なきゃ良かった感。 振替公演希望の列は どこまでも続いていて 辛かったので返金してもらい帰宅。 田舎者にはいつ来られるかなんてわかりません。 近くで萬斎さんが見られたからいいか。残念だけど。

    らるご
  • 「出口なし」

    KAATプロデュース「出口なし」観る。 サルトルが彼の考える実存主義を表現した戯曲。出演者は首藤康之と中村恩恵という2人のダンサーと、秋山菜津子。ダンスと演劇が共存し、それぞれの境界線上で融合したりぶつかり合ったり、という非常に面白い舞台になった。 昨年秋のシス・カンパニーは、この難解な脚本を少しコミカルで濃密な会話劇にしてみせたが、こちらは全く違う肌合い。ダンスが刻々と変化していく人間関係をくっきりと見せて、もともと筋を知っているからだけでない、わかりやすい表現になっている。ダンスで表現する部分が多いため、原作のせりふは若干刈り込まれていたように思うが、「地獄とは他人のことだ」「一人でも群衆なのよ」といった決めせりふはきっちり残されている(上演台本は演出の白井晃)。コミカルな部分は排除され、ダンサ―2人のエレガントな動きと、それに対峙する秋山のパワフルなせりふが見ていて楽しい。けして楽しい話ではなく、人間の存在や醜さや愚かさが描かれ、こちらに突き刺さってくる作品なのだが、私は劇を見る喜びを終始感じながら観てた。 首藤泰之の動きの美しいこと。中村恩恵も実にエレガント、演じるエステルの自己中心的で身勝手な内面まで生々しく見せる動きがすばらしい。秋山菜津子はダンサーふたりと踊る場面もかなり多いが、シャープな動きでついていく。せりふの力強さ説得力はもちろん群を抜いていて、イネスを鏡のような、台風の目のような、扇の要のような存在にしている。半年のうちに同じ作品を違うカンパニーで観て、演出の面白さを改めて思い知る経験。

    ちま
  • 「出口なし」

    昨年の夏、大竹しのぶさん、多部未華子さん、段田安則さん、本田遼さんによる『出口なし』を観劇しましたが、ちょっと消化不良だったので、違う演出でもう一度観ることにしました(秋山菜津子さんにも惹かれて)。 だいたいの流れやシチュエーションなどは、2回目なので心配していませんでしたが、首藤康之さんが出演されるということは、もしかして…………予想通り、随所にダンスが散りばめられていました(中村恩恵さんもバレエの方ですし)。 哲学的な内容に加えて「ダンス」……でも、これが逆に良く分かるというか(分かりやすい振付をしてくれたのだと思うのですが)……前回の観劇では取りこぼしていた部分も、今回は拾えた感じがしました。 ダンスでは、秋山菜津子さんもお二人に負けじと踊っていましたが、さすがに首藤さん&中村さんはエキスパートで、動きのしなやかさは、観ていて飽きません。 逆に、演技の方では、秋山菜津子さんがお二人をリードして、要所要所で場を引き締めていました。 男一人に女二人。女性の一人は同性愛者。 ただでさえ3人というのは、どうやっても不均衡になってしまう組み合わせ。 それが同じ部屋で、永遠に過ごしていかなければいけない。 出口はない。扉が開いても出ていく勇気がない。 これって、本当に「地獄」です。 でも、似たような状況は現実にもあるわけで……それを考えると、この話の恐ろしさが、より一層迫ってきました。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

首藤康之 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み