宮田慶子(ミヤタケイコ) のチケット情報

お気に入り登録する
宮田 慶子(みやた けいこ、1957年7月7日 - )は、東京都出身の日本の演出家。劇団青年座(文芸部)所属。新国立劇場演劇研修所長。日本演出者協会副理事長。日本劇団協議会常務理事。

父親は放送作家協会の常務理事をしていた。学習院女子高等科を経て、学習院大学文学部国文学科中退後、青年座研究所を経て、1980年青年座(文芸部)入団。学習院女子高等科および学習院大学では演劇部に所属。1983年『ひといきといき』作・演出でデビューした。劇団青年座のほか、松竹、新国立劇場、ホリプロ、パルコ主催の作品を数多く手がけている。2010年9月〜2018年8月新国立劇場演劇部門芸術監督。2016年4月〜新国立劇場演劇研修所長。

受賞歴

*第9回読売演劇大賞最優秀演出家賞受賞(『セイムタイム・ネクストイヤー』、『赤シャツ』、『悔しい女』、『サラ』)
*平成2年文化庁芸術祭賞(『セイムタイム・ネクストイヤー』)
*第29回紀伊国屋演劇賞個人賞(『MOTHER』)
*第5回読売演劇大賞優秀演出家賞(『フユヒコ』)
*平成10年度芸術選奨新人賞(『ディアー・ライアー』)
*第43回毎日新聞社毎日芸術賞千田是也賞(『赤シャツ』)

主な演出作品
*ひといきといき - 1983年、青年座
*ブンナよ、木からおりてこい(水上勉作) - 1985年、青年座
*セイタイム・ネクストイヤー - 1990年、加藤健一事務所
*MOTHER-君わらひたまふことなかれ(マキノノゾミ作)- 1994年、青年座
*フユヒコ (マキノノゾミ)- 1997年、青年座
*愛は謎の変奏曲 - 1998年、松竹
*ディアー・ライアー 1998年11月 新国立劇場
*恋の三重奏(アラン・エイクボーン作)- 1999年、松竹
*パーフェクト・デイズ - 2000年、ホリプロ
*赤シャツ (マキノノゾミ)2001年4月 青年座
*悔しい女 (土田英生)- 2001年11月、青年座
*おやすみの前に - 2002年、パルコ
*ノイズオフ - 2002年、ホリプロ
*エレファント・マン - 2002年、ホリプロ
*伝説の女優 - 2002年、ダンカン
*越路吹雪物語 - 2003年、コマプロダクション
*サラ 2003年4月 松竹
*ふたたびの恋 - 2003年、パルコ
*7ストーリーズ 2003年12月 シアター21
*グリ
「宮田慶子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年11月22日(木) 14:25UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 劇団青年座

    同じ高校の演劇部員だったハルコとフミヨの1970年から5年ごとに展開する7つの物語なのですが、二人の出会いや別れ、嫉妬、友情等様々な物がこの7つの物語に凝縮されて二人の人生を走馬灯のように観せてくれたとても素敵な舞台でした。 それぞれの物語に出て来る話はどれも粋で楽しく、それでいてちょっぴり泣ける話ばかりであっという間の2時間半でした。個人的には第6話の「プロポーズ」の話が一番気にっています。

    茜色のいわし雲
  • 新国立劇場演劇「消えていくなら朝」

    予備知識無しで拝見しました。観ていて辛くなっていったのは自分にも身に覚があるからなのか?どの演者にも共感できなかったのか、共感しないふりしてたのか?何れにしても得体の知れない恐怖を感じました。美化されがちな家族の破壊を見事に表現して下さった。夫婦は離縁できても親兄弟間はそう簡単にはいかない。自分の家族は…怖いのでそれ以上思考するのをやめようと思います。私は家族に対しても5割くらいの関係でいたい。宮本慶子さん、8年間お疲れ様でした。これからのご活躍も楽しみにしてます。

    グリーンまるる
  • 消えていくなら朝

    宮田慶子の新国立劇場芸術監督最後の演出で、蓬莱竜太の作。恋人で劇団員のレイ(吉野実紗)を連れて、18年ぶりに海辺の田舎に帰ってきた定男(鈴木浩介)は劇作家で、今回の作品に自分の家族を題材にしようと構想を練っていた。台詞の端はしに演劇に関する台詞が溢れているのは当然と思っていたら、どうも蓬莱竜太自身の家族の内実が投影されたいるらしい。長女の可奈(高野志穂)が指摘するように家族の恥部をさらけ出して何が面白いのだろうかと。確かに母親君江(梅沢昌代)の宗教への傾倒は半端なく、子供たちへの精神的影響は想像に難くはないが、家族関係のこじれの全てではないだろう?……現代では家族のあり様は、これが普通の家族だと言い切れるほどワンパターンではなく、当たり前だがみなそれぞれなのだろう。母親に気に入られる良い子を演じ続けてきて、ふとしたことで挫折した長男庄吾(山中崇)の、気ままに生きてきたと羨望し、かつ侮蔑の対象である次男定男への感情は嫌悪の満ち満ちている。定男は母親の言いなりだった庄吾に手厳しい。家族の中和剤を決め込んだ可奈は、自らを押し殺し、自分に殻をかぶせて生きている。……家族であっても、個人主義の強くなった現代において、では、誰が無条件で話を聞くのだろうか?……誰の言い分が正しく、誰の言い分が自分勝手だと言えるだろうか……愛されている実感をもてない、言葉で確認し合わなければ、自己の存在を肯定できないご時世なのだろうか? 時代遅れの粗忽者には、母親君江(梅沢昌代)の存在感が大きく、父親庄次郎(高橋長英)に共感を覚えつつ、無力感を感じさせる戯曲であった。

    粗忽者の早とちり
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

宮田慶子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み