大澄賢也(オオスミケンヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
大澄 賢也(おおすみ けんや、1965年10月26日 - )は、日本の俳優、タレント、ダンサー。静岡県浜松市出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。キューブ所属。妻は女優の岡千絵。歌手の小柳ルミ子は元妻。

来歴・人物
静岡県浜松市出身。静岡県立浜松北高等学校、日本大学藝術学部演劇学科卒業。

まだ無名のダンサーだった1989年に13歳年上の女優の小柳ルミ子と電撃結婚。話題となった。結婚後は小柳と共に夫婦でのテレビ出演やステージを行い、芸能界のおしどり夫婦とも呼ばれていた。しかし2000年に離婚。離婚する条件として小柳から高額の慰謝料を要求されたこと、そうでなければ以前の無名のバックダンサーに戻ることのどちらかの二者選択を迫られていたことが明らかになり、話題となった。この二者選択発言は、実際は大澄が発言したとも告白しているために、真相は当事者のみが知るところとなっていたが、慰謝料1億円を支払って解決したという。

NHK教育テレビ「クインテット」ではシャープ役に声優出演。ダンサーとしての才能だけではなく、歌の才能も開花している。過去にKENYA with J-TRAPとしてマキシシングル「Avanture Night」
を出している。

2003年、新宿コマ劇場で「SATURDAY NIGHT FEVER」の主演に抜擢された。また「グランドホテル」「伝説の女優」「秘密の花園」「タイタニック」「FOSSE」「ワールドゴーズラウンド」にも出演。

2007年5月には「Damn Yankees〜ダム・ヤンキース〜」に出演。

映画でも『ULTRAMAN』で活躍をしている。

2013年1月23日、2010年のミュージカル『CURTAINS』での共演を機に交際していた女優の岡千絵と、3年の交際期間を経て再婚。2014年には、斎藤晴彦の訃報を受け、ブログでコメントを寄せた。

2016年5月よりキューブに所属。

スポーツマンNo.1決定戦
*スポーツマンNo.1決定戦の第1回芸能人サバイバルバトルに参戦。MONSTER BOXでは15段を記録し、初代MONSTER BOX No.1に輝くも総合7位で脱落。
*第2回大会ではTAIL IMPOSSIBLEでNo.1を獲得し、最終種目前まで暫定総合1位となるも、最終試技でケイン・コスギが当時芸能人最高記録であった11m50cmを成功
「大澄賢也」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月21日(水) 01:22UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ナイツテイル

    シェークスピアの時代から繰り返される戦争と平和への葛藤の歴史に、現代なりの新たな解釈を刻んだ。2年後の世界をもてなす祭典で東京が用意する晩餐にも相応しい。国内の凡ゆる才能を結集させた東宝の企画力に敬意を表したい。 歌が上手い、踊りが上手い、背が低い、高い、女、男…SNSに流れる作品の感想は1幕で描かれる混沌の世界を良く表している。作者はこの混沌の森に意図を隠したと宣言するオープニング。トリックスター(TS)の奏でる主旋律がこの作品では三重奏で、1幕序盤では隠されて見つからない。観客は良いの悪いの美しいのと些細な性質に惑わされる。そして突如起動し解放される第一のTS。続いて第二のTSの無垢な悪戯、そして教師としての第三のTS。其々の旋律がダンスによって謳われ、衣装を重ねるほどテーマはヴェールを脱ぎその姿を表わす。男と女の対比で自己愛と他者愛を描き、其々に愛の下、正義が生まれ争いが生じ、結末は愛が滅ぶシークエンス。原作をベースに現代的解釈が加わった結末を迎えるわけだが…。小さな闘いの集積は、限られた地域に未だある紛争の数々を想起させるが、結末にグレートマザーと4の記号の完成形が示す西洋的成敗を持ち出すとは、本国対策か、歴史は繰り返されるのか、あるいは…。日本は静かなる父性の国なのだ。その後のカーテンコール演出と共に想う…ここは、クライマックスに突如現れる、ヅカ・ジャニ対策とも紛う様な、完璧な対称美の中の非対称の滑稽さと共に、「えーーっ、それ〜?笑」と僭越ながら笑い飛ばさせて頂こう。ひたむきに忠実に役を生きようとする井上と堂本の気合いが、作品に情を注ぐ契機となる。優れた役者達の提示する記号が、観る者の心の深層に問いかける。シンプルなセットに描写される混沌の世界、音楽と踊りが奏でる物語、言葉に込められた喜怒哀楽。贅沢な時空間を過ごす事が出来た。

    マイコ
  • ミュージカル『花・虞美人』

    久々に舞台を観て泣きました。ユナクさん目当てで公演を観劇しましたが池田さん演じる項羽にすっかり心を奪われました(^^; かなめさんはとても美しく見惚れました。 お目当てのユナクさんは一途な愛にまさに王子様感たっぷりで、高橋由美子さん、大澄賢也さんのおふたりは流石!の貫禄で大満足の公演でした。

    ma-ru
  • ミュージカル『花・虞美人』

    少し風邪気味であったが楽しんできました。一番演技力があったのは おばはん皇后役の高橋由美子、 主人公の 虞  凰 稀 かなめ は 宝塚で鍛えた歌と踊り  劉邦のユナクは はじめ歌唱力あると思ったけど 途中声がかすれていた  生演奏ではなかった マイクを通すので コーラスが不自然になるのはやむをえない  MADE IN JAPANの音楽だが いまひとつ パンチが効いたのがない お話の展開は はじめ結構だれていた 間 が悪い  項羽と劉邦が 虞を愛し争う展開で落ちもあるが  最後の虞と りょちとの掛け合いも 高橋の熱演にかかわらず吹き出してしまった  日本のミュージカルの発展のためにさらなる進展を祈ります

    細雪を観たひと
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

大澄賢也 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み