生瀬勝久(ナマセカツヒサ) のチケット情報

お気に入り登録する
生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市塩瀬町生まれ。リコモーション所属。兵庫県立宝塚高等学校、同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員・生瀬悦子。

人物
個性的な演技で、映画、テレビ、ラジオ、舞台で幅広く活動している。脇役が多い。また、独特のキャラクターを生かしてバラエティ番組にも活躍の幅を広げる。フリートークも積極的である。

『トリック』、『ごくせん』、『功名が辻』、『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』など、仲間由紀恵との共演が多い(いずれも仲間が主演で、生瀬がそれに絡むレギュラーキャラを演じている)。それゆえに仲間と所属事務所が同じだと誤解されがちである(生瀬は先述の通りキューブ所属、仲間はプロダクション尾木所属)。2011年1月30日放送のフジテレビ系『ボクらの時代』において、趣味で誘ったり自宅に招いたりするほどの仲であると語った。

TPOに応じ、共通語と関西弁を臨機応変に使い分けている。バラエティでは、共演者や番組の内容によって、標準語で話すときと関西弁で話すときが違ってくる。ドラマでは、関西を舞台にしている作品に出演したり、関西出身の人物を演じることがよくあり、その際は関西弁で演じている。

2010年11月10日放送分のフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』内「芸能人のお悩み人生相談コーナー 」に出演した際、舌打ちが止まらない癖があると告白した。

2013年1月5日放送の八重の桜予告番組で「頑固な一面」にパーティ嫌いと答える。さらも司会進行役の小池栄子から、生瀬の親友である八嶋智人の結婚式も、当日ドタキャンをしたエピソードが暴露される。

芸歴
学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして京大系の劇団「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があり、「そとばこまち」では座長もつとめた。当時、ゼミの指導教授であった石田光男(現在、同志社大学社会学部長)から「君は俳優に向いていないよ」と言われるが、後に石田は「先見の明」がなかったことを反省したという。大学卒業時に、企業から内定を得ていたにもかかわらず、そ
「生瀬勝久」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年05月27日(月) 16:01UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「火星の二人」

    内容は、シビアで悲しいんだけど、なんかほのぼのして、いっぱい笑えて、二人の気持ちの変化がよくわかって、なかなか良かったです。

    さかやんやん
  • 「火星の二人」

    楽しませていただきました。 ストーリー展開も良く、各役者さんたちも個性を十分に 生かした演出でのびのびと演じてらしたので、大いに笑わして いただきました。

    太郎冠者
  • 「火星の二人」

    期待外れの眠くて退屈な2時間。竹生コンビの第三弾は全2作よりも全く意外性がなく期待外れの不作だった。

    ムサシ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

生瀬勝久 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み