小池修一郎(コイケシュウイチロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
小池 修一郎(こいけ しゅういちろう、1955年3月17日 - )は、日本の劇作家・舞台演出家。東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。愛称はイケコ。

略歴
慶應義塾大学文学部在学中に演劇研究会で活動する。当時はアングラ演劇の旗手・唐十郎に傾倒しており、宝塚の舞台はアングラ演劇などとほぼ対極の特殊な世界と考えていたという。しかし、宝塚歌劇の東京公演を観劇する機会があり(本人は立ち見料金が安かったからと回想)、題材に合わせてスターたちが日本人にも外国人にもなりきる姿に新鮮さを感じて印象が変化、その後宝塚観劇を重ねるようになる。東京宝塚劇場で演出助手の募集広告を見つけ、大学を卒業した1977年、宝塚歌劇団に演出助手として就職を果たす。

演出助手時代はショー作品の演出、構成の補佐にあたることが多く、長い助手時代を経て演出家デビューが決まった際も、デビュー作として当初ショー作品を企画していたが、結局劇団側から芝居を企画するよう求められ、1986年に宝塚バウホール公演『ヴァレンチノ〜愛の彷徨〜』と題したドラマ作品で演出家デビュー。以後、ドラマ作家・演出家としてキャリアを積む。

1989年、宝塚大劇場公演としてゲーテの名作『ファウスト 第一部』を大胆にアレンジした『天使の微笑・悪魔の涙』(主演:月組剣幸、こだま愛)を演出、劇団本拠で初めて演出を手掛ける。

1991年、演出作品『華麗なるギャツビー』(主演:雪組杜けあき、鮎ゆうき、原作:F・スコット・フィッツジェラルド)で第17回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

1992年にはシェイクスピア作『夏の夜の夢』を現代に置き換え、環境問題や人間の欲などの風刺を盛り込んで翻案した『PUCK』(主演:月組涼風真世、麻乃佳世)でも絶賛された。

1996年、ドイツ語ミュージカルのヒット作『エリザベート』の宝塚版上演の際、潤色・演出を担当。男役重視の宝塚の伝統から、オリジナルでは脇役の死神トートを主役に据え、トートを中心とした壮麗な恋愛劇に仕立て、日本の観客にわかりやすく構成したこともあいまって宝塚版のヒットに貢献、以後『エリザベート』(主演:雪組一路真輝、花總まり)は宝塚で再演の繰り返される人気作品となった(再演でも一貫して小池が担当)。2000年からは宝塚での絶賛を受けて製作された、東宝版にも演出で参加、また『エリザベート』の作詞・作曲
「小池修一郎」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月27日(月) 07:26UTC
公演レビュー
  • ミュージカル「エリザベート」/6月

    井上さんが前回の公演より数倍良かったです。花總さんはお疲れなのかな?という感じでした。平方さんは初めて拝見しましたが、若き皇帝から年老いた皇帝までをしっかり表現されていてとても良かったです。三浦さんは歌に少し無理が感じられ、また今までのルドルフ役の方の演技とかぶる表現があって…。香寿さんは流石でした。成河さんは前回より少し力抜けて良い感じでした。 エリザベートはいつ何度見ても感動です。 個人的には演出は前回の方が好きです。

    seasal
  • ミュージカル「エリザベート」/6月

    超がつくほどチケットの取れない公演、 本当に素晴らしかったです、 最後の最後でやっと取れたチケット、 お席も良席でした。

    のちこ
  • ミュージカル「エリザベート」/6月

    素晴らしかったです。井上さんのトートはもちろん、文句のつけようもなく、圧倒されました。愛希れいかさんのエリザベート、素敵でした。特に後半は、エリザベートにしか見えなかったです。香寿さんのゾフィー、迫力満点。香寿さんの歌声はいつ聞いてもうっとりさせられます。成河さんのルキーニ、前回よりずっと好きです。ストリーテラーとして、舞台をぐいぐい引っ張っている感じでした。

    ひな
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

小池修一郎 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み