和央ようか(ワオヨウカ) のチケット情報

お気に入り登録する
和央ようか
和央 ようか(わお ようか、1968年2月15日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団宙組トップスター。

東京都世田谷区生まれの大阪府大阪市天王寺区育ち。身長174cm。愛称は「たかちゃん」、「たかこ」。所属事務所はプロダクション尾木。

海外での活動名は「TAKAKO」(タカコ)。

来歴
1988年、宝塚音楽学校を卒業し、74期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は7番。『キス・ミー・ケイト』で初舞台。

同年5月10日、雪組に配属。その後、『ベルサイユのばら-アンドレとオスカル編-』の新人公演では研2(入団2年目)でオスカル役に選ばれる。1993年『天国と地獄』で新人公演初主演。1995年、バウホール公演『大上海』で初主演を務めた。

新進男役スターとして成長し、1997年、トップスター轟悠に次ぐ雪組2番手スターに昇格。

1998年、宙組の創設メンバーに選ばれ、宙組に異動。雪組時代から引き続き2番手スターで活躍。

2000年6月、先代のトップスター姿月あさとの退団により、宙組トップスターに就任。お披露目公演は全国ツアー『うたかたの恋/GLORIOUS!!』。宝塚大劇場お披露目公演は同年8月の『望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー!』。相手役には先代に引き続き花總まり。2004年、オペラ座の怪人を舞台化した『ファントム』では、仮面の主人公を演じた。

2005年10月に退団を発表。同年12月21日、シアター・ドラマシティ公演『W-WING』の上演中にフライングの装置が外れ、2メートルの高さから転落。骨盤、肋骨骨折の重傷を負う(歌劇団発表は全治1ヵ月であったが、実際は全治に3ヵ月以上はかかる大怪我だった)。退団公演『NEVER SAY GOODBYE』は入院中でありながら稽古に通い、舞台に立ち続けた。和央の回復状態への配慮から、退団公演ながら和央のダンスシーンはほとんどなかった。2006年7月2日、同作品の東京公演千秋楽をもって退団。その後、リハビリに専念。

2007年1月、青山劇場で退団後初のコンサートとなる『YOKA WAO CONCERT』を開催。構成・演出は小池修一郎。同年8月のコンサート『NEW YOKA 2007 〜ROCKIN' Broadway〜』(東京国際フォーラム・ホールA)では自ら構成を担当した。

2007年12月には、自身初
「和央ようか」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月19日(水) 12:23UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

和央ようか のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み