林家たい平(ハヤシヤタイヘイ) のチケット情報

お気に入り登録する
林家たい平
林家 たい平(はやしや たいへい、1964年12月6日 - )は、埼玉県秩父市出身の落語家。本名は田鹿 明(たじか あきら)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。武蔵野美術大学客員教授。言霊群団「夢吽空」団員。「駄句駄句会」同人、俳号は「中瀞(ちゅうとろ)」。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバー。

出囃子は『ぎっちょ』(「ドラ落語」の際は『夢をかなえてドラえもん』(以前は『ドラえもんのうた』だった))。定紋は『花菱』(「ドラ落語」の際は『鈴』)。芸名にちなんで手ぬぐいや色紙・著書などに、鯛の絵柄をよく用いる。

愛称は、「たいちゃん」。これは、たい平の師匠であるこん平の愛称「こんちゃん」に由来する。

人物
埼玉県立秩父高等学校を経て、1988年に武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、林家こん平に入門したという落語家としては異色の経歴を持つ。実家はかつてテイラーメイドの洋服店を営んでおり、現在は実母が駄菓子店「駄菓子屋たい平」を、実兄がうどん店「うどん亭たじか」を経営している。洋服店時代は店内において落語の寄席が催されたことがある。

「たい平」の名付け親は、師匠のこん平である。しかし、当初の読みは「たいぺい」であった。こん平曰く「外国人にも語呂的に伝わりやすい」という理由だったが、大師匠初代三平の夫人・海老名香葉子の「"たいへい"の方が良いのでは」の鶴の一声に「たいへい」に決まった。なお、こん平は弟子入りをすぐ認めたわけではなく、香葉子夫人の自宅で1年間の住み込み修行をさせた上で、正式に弟子入りを認めている。また、弟子入り後も海老名家での修行は続き、合計6年間にも及んだ。

生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には翌月開催の秩父夜祭を大々的にPRしており、参加の様子は派生番組の『笑点 特大号』で放送されている。2009年に俳優の藤原竜也、演歌歌手の冠二郎、THE ALFEEの桜井賢と共に秩父市の観光大使に任命された。
『笑点』の大喜利では大月秩父代理戦争ネタを三遊亭小遊三と展開していたが、2010年6月6日に大月市で行わ
「林家たい平」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月28日(水) 16:31UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 春風亭昇太・林家たい平 二人会

    あずみさんはもうちょっと。昇太さんとたい平さんは最高! すごく面白かった。これまでの高座の中では最高かも。

    えらいこっちゃ
  • リビング寄席「秋まで待てない落語会」

    お値段以上の価値がありました。 圓楽さんがご病気で残念でしたか、代わりに木久扇さんが来てくださり盛り上がりました。 1番の贔屓は圓歌さんですが、笑点メンバーも大好きです。 四代目圓歌さんの襲名披露公演を拝見できて本当に良かったです。

    キョロちゃん
  • リビング寄席「秋まで待てない落語会」

    4代目円歌襲名披露公演だったが応援の4人の笑天メンバーが面白く、円楽のかわりにきた木久扇が特におもしろかった。5列目で前の席だったが会場が広いためかマイクからの声が飛んでやや聞き取りにくかった。

    やなぎさん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

林家たい平 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み