林家彦いち(ハヤシヤヒコイチ) のチケット情報

お気に入り登録する
林家彦いち
林家 彦いち(はやしや ひこいち、1969年(昭和44年)7月3日 - )は、落語協会・所属の落語家。鹿児島県出身。本名は安田 修(やすだ おさむ)。鹿児島県立加世田高等学校卒業
。国士舘大学文学部地理学専攻中退。

来歴・人物
主に新作落語を得意演目とする。春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥と「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げ。SWAでの背番号は「1」。出囃子は「鞠と殿様」。紋は「光琳蔦」。

厳つい顔をしているが笑顔はとても優しい雰囲気であり、本人も時折それをネタにすることがある。かつて爆笑オンエアバトルに出場し、落語家として唯一オンエアを獲得している。(戦績1勝2敗、最高389KB)
執筆など出版物も多く、読売新聞に連載していたコラムが高校入試問題に採用されている。
旅の模様を喋るライブもやっており、これまでネタになった場所はカナダユーコン川、シルクロード、バイカル湖など。
カナダの川下り版はDVDになって発売されている。

2008年にはライブのネタのため蘇民祭に参加したところ、褌姿がワイドショーに映し出され、本人が話題にする以上に他の噺家のネタにされた。

エベレストBCまでのヒマラヤ珍道中のスライドショーは北沢タウンホール、ニコニコ生放送はじめ多くの場所で行った。

落語家になる前は武道を経験。柔道二段、極真空手も経験しており、正拳突きでの板割りを得意としている。以前はスネでのバット折りも特技であったが演芸番組で披露した際に足を傷めたため、現在は封印している。

RICOHのデジタルカメラ、GRで撮った各界のクリエーター100人による写真集GRSNAPなどにも登場しており、2011年発売のCX5の花火モードに音声シャッターの「たまや~」の声を担当した。なおシャッター音を音声にするアイデアも出した。

2015年、自作の落語『熱血怪談部』(絵・加藤休ミ)あかね書房より絵本化。

2015年より、定期落語会「渋谷らくご」で偶数月に開催されている創作らくごネタおろし会「しゃべっちゃいなよ」を主催している。出演メンバーの選定や年間チャンピオンの審査員を務める一方、自身も毎回高座にあがり、ネタおろしを行っている。

笑点Jr.メンバーとして
BS笑点に笑点Jr.メンバーとして初期から不定期で出演している。

略歴
* 1989年12月 - 初代林家木久
「林家彦いち」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月15日(木) 19:50UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 渋谷に福来たるSPECIAL 2019 ~落語フェスティバル的な~

    思いがけない口上でのサプライズがあり、メンバーも豪華でとても嬉しかったです。 演者4人の個性が際立っており、とても楽しい会でした。 また落語が聞きたくなるような素晴らしいひとときでした。

    wakamayu
  • 大名古屋らくご祭2018 「あの頃の噺」

    大名古屋らくご祭2018「あの頃の噺」 8月に名東文化小劇場で鑑賞した「柳家喬太郎 三遊亭白鳥 林家彦いち 3人会」のメンバーにらくご祭のホスト役ともいえる昇太。彼らが二つ目になりたてのときに噺していたネタということで、今回もハチャメチャ風の白鳥に始まり、そのあとに「普通の噺しますね」と客席を笑わせてから、さすがの古典を演じた喬太郎。中入り後、昇太の噺の途中に下着姿の喬太郎が乱入と、こちらもアドベンチャーネタで「息が切れた」という彦いち。初日からこんなんでいいのかとも思ったが、大いに笑わせてもらいました。

    ipppy
  • みなみ寄席 さつまの噺家による 鹿児島特選落語名人会

    鹿児島県出身の方々で行うこのような公演があったことを初めて知りました。 いろんな方の落語が聞けると楽しみにしておりました。 日常生活の中で声を出して笑い続けるってことはまずありませんから 周りを気にすることなく笑えたのもとても心地よかったです。 やはり三遊亭歌之介さんの時が一番声を出して笑いましたね。 一方、林家彦いちさんの落語は大筋はわかるのですが、話が進むにつれ 内容が途切れ途切れになってどのように理解したらいいのかわからないまま終わってしまいました。 私は落語に詳しくないのでこのような落語もあるのかなと感じました。

    レオン2014
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

林家彦いち のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み