柳家喬太郎(ヤナギヤキョウタロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
柳家喬太郎
柳家 喬太郎(やなぎや きょうたろう、1963年〈昭和38年〉11月30日 - )は、東京都世田谷区出身の落語家。社団法人落語協会所属。本名は小原 正也(こはら まさや)。日本大学商学部経営学科卒業。出囃子は「まかしょ」。紋は「丸に三つ柏」。通称「キョンキョン」(自称)。

人物・略歴
小学校3年生まで世田谷区の大蔵団地で育ち、のち横浜市に移った。子どものころの愛称は「マーちゃん」であった。

落語を好きになったのは中学時代からであった。横浜市港北区の日本大学高等学校から、子ども時代に住んでいた団地近くの日本大学商学部経営学科へと進学、経商法3学部の落語研究会(日本大学経商法落語研究会)に入って「砧家駄楽」を名乗った。高校時代から大学では落研に入ろうと心に決めていたが、当時、自分から落研の門を叩く人間は少なかったため、先輩からは大いに驚かれたという。日大落研では度胸をつけるために「ストリート落語」をしたり、失恋して最も傷ついた相手の女性の名を叫ぶなどの荒修行をおこなった。落語づけの毎日で、老人ホームの慰問や成人式の催しで落語を演じ、そのため自分の成人式には出なかったということさえあった。

テレビ出演もしていたため、周囲の誰もがそのままプロになると思っていたが、日大卒業後は大手書店(福家書店)に入社した。喬太郎は自身を振り返り、「落語で食べていこうとは思わなかった。こわかったんです。好きだっただけに、畏怖の念があった。それに僕は、普通の人生が送りたかったんです」と述べている。書店員としての生活は、もともと本が好きだっただけに充実していたものの、落語への情熱は冷めやらず、ついに落語家になることを決意して約1年半で退職した。

1989年(平成元年)10月、人情噺で知られる柳家さん喬に入門する。新作落語の旗手である三遊亭圓丈から強い影響を受けながらも、正統派の落語を学ぶためにさん喬を師匠に選んだといわれている。初高座は1989年12月29日、新宿末広亭で「道灌」を演じた。

喬太郎は、「夜の慣用句」や「ほんとのこというと」「午後の保健室」などをはじめとする数々の新作落語で知られるが、師匠譲りの古典落語も巧みに演じる。現在では人気落語家の一人に数えられる存在であるが、売れるまでには様々な仕事を経験しており、キャバレー勤めやアダルトアニメの声優もしたことがあるという。

1
「柳家喬太郎」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月31日(水) 05:33UTC
公演レビュー
  • BSフジ presents プライム落語

    今、最も売れている3人を聞けることは最高 しかし、帰路の新幹線車中で思うとき、何か満足感がなかった。 器が大きすぎるのだ。(それだけではないだろう?) 落語を聞く会場ではない と思ったのは自分だけかな? このままでは、ブームで終わるだろな? なにか、寂しい気持ちだった。

    akaginotonchan
  • BSフジ presents プライム落語

    三師匠みなさん、ノリノリで暑い落語でした。 特に一之輔師匠が、青菜から夢八に、切り替えて演じられて、それがまた面白く、楽しませて頂きました。 最高でした!

    白猫ウェリー
  • BSフジ presents プライム落語

    さすがに人気実力揃った3名。大満足!

    エグッチ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

柳家喬太郎 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み