柳家小三治(ヤナギヤコサンジ) のチケット情報

お気に入り登録する
柳家小三治
(C)masako YAMADA
柳家 小三治(やなぎや こさんじ)は落語家の名跡である。当代は10代目。

この名跡は中堅どころの位置付けであるが、「柳家(柳派)の出世名」といわれる。初代・5代目・9代目小三治が柳派の総帥・留め名である「柳家小さん」を襲名した一つ前の名となるからである(省略)(省略)。

* 初代柳家小三治 - 後の3代目柳家小さん。本名、豊嶋銀之助。
* 2代目柳家小三治 - 後の2代目談洲楼燕枝。本名、町田銀次郎。
* 3代目柳家小三治 - 後の3代目古今亭今輔。本名、村田政次郎。
* 4代目柳家小三治 - 後の2代目柳家つばめ。本名、浦出祭次郎。
* 5代目柳家小三治 - 後の4代目柳家小さん。本名、平山菊松。
* 6代目柳家小三治 - (1896年〈明治29年〉8月19日 - 大正半ば頃) 本名、内田留次郎。俗に「留っ子」「坊やの小三治」(省略)。
* 7代目柳家小三治 - 後の7代目林家正蔵。本名、海老名竹三郎。
* 8代目柳家小三治 - (1902年〈明治35年〉6月30日 - 1977年〈昭和52年〉11月27日) 本名、高橋栄次郎。
** 7代目・8代目の柳家小三治は同時期に併存したことがある(省略)。
* 9代目柳家小三治 - 後の5代目柳家小さん。本名、小林盛夫。
* 10代目柳家小三治 - 本項にて詳述。

(省略)
10代目 柳家 小三治(やなぎや こさんじ、1939年〈昭和14年〉12月17日 - )は、東京都新宿区出身の落語家。まれに「高田馬場の師匠」とも呼ばれる。

略歴
* 1958年(昭和33年) - 東京都立青山高等学校卒業(省略)
* 1959年(昭和34年)3月 - 5代目柳家小さんに入門。前座名は小たけ。
* 1963年(昭和38年)4月 - 二つ目昇進し、さん治に改名。
* 1969年(昭和44年)9月 - 17人抜きの抜擢で真打昇進。10代目柳家小三治襲名。
* 1976年(昭和51年) - 放送演芸大賞受賞。
* 1979年(昭和54年) - 落語協会理事就任。
* 1981年(昭和56年) - 芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
* 2004年(平成16年) - 芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
* 2005年(平成17年)
** 4月 - 紫綬褒章受章。
** 6月 - 新宿末廣亭6月下席夜の部において、東京やなぎ句会同人の小沢昭一をヒザ
「柳家小三治」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月03日(土) 12:14UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 柳家小三治 秋の会

    音響が最悪 小三治師匠の声を拾えてない

    ITO ITO
  • 柳家小三治 独演会

    独演会、となっているのに、一門会でした。これっていいのかい? とはいえ、小三治はいいなあ。テンポと声がいい。自然に馬鹿笑いしていた。

    きたさん
  • 柳家小三治・柳家三三親子会

    さすが人間国宝、よかった。欲を言えばまくらネタが長すぎたように思います。

    サノヤン
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

柳家小三治 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み