柳家三三(ヤナギヤサンザ) のチケット情報

お気に入り登録する
柳家三三
柳家 三三(やなぎや さんざ、1974年7月4日 - )は、神奈川県小田原市出身の落語家。落語協会所属。本名は蛭田 健司(ひるた けんじ)。神奈川県立小田原高等学校卒業。古典落語を得意とする。出囃子は『京鹿子娘道成寺』。愛称はミミちゃん。

「三三」の名はめずらしいが、古くは「さん三」と名乗った芸人がいた(省略)。

人物・略歴
小学校1年生の時に、初めてテレビで落語(廓噺)を見て強い興味を覚える。中学生になって東京の寄席に通うようになる。勉強が大嫌いで、どうしたら勉強しなくて済むか学校に行かなくて済むかを考えて落語家を志す。入門に関しては、「フィーリング(後光)」を感じて中学2年の時に10代目柳家小三治に頼みに行って一度「高校ぐらいでなくちゃ」と断られ、高校卒業後の1993年(平成5年)3月に再度小三治の門を叩き入門を許される。同年5月に楽屋入りし、前座となった(前座名は「柳家小多け」)。初高座は同年10月、新宿末広亭において『道灌』を演じた。

二つ目昇進は1996年(平成8年)で、名を「柳家三三」に改めた。

平均して1日1席以上、7席やったこともあり、2005年(平成17年)は430高座こなした。また師匠小三治によると落研など天狗連での経験が一切なく、小三治による純粋培養ともいわれている。

2006年(平成18年)1月に四派の若手同士で『平成噺し座』を旗揚げするが、同年真打に昇進したため、3月をもって卒業生第1号となった。

2007年(平成19年)公開の青春映画「しゃべれどもしゃべれども」(平山秀幸監督、佐藤多佳子原作)にて落語家役で主演した国分太一(TOKIO)に稽古をつけている。稽古を付けたネタは『火焔太鼓』『まんじゅうこわい』。

最近は、大阪の桂吉弥との二人会を行なっている。2013年(平成25年)には柳家喬太郎との二人会を1月20日に、柳家喬太郎・桃月庵白酒との三人会を6月2日に行った。3日後の6月5日、東京お台場のライブハウス"Zepp DiverCity"で開催された初の落語会に喬太郎・白酒とともに出演している(省略)。

2010年より小学館のビッグコミックオリジナルで連載された落語漫画『どうらく息子』(尾瀬あきら)の落語監修を担当。

2013年3月12日~4月27日、全国47都道府県を47日間で回るという落語独演会の全国ツアー『三三五
「柳家三三」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月27日(土) 11:42UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 第45回東西落語名人選

    今人気の落語家の落語が聴けて最高でした!! またこんな機会があればいきたいです。

    ベルルリュウム
  • 第45回東西落語名人選

    東京から3人、上方から3人と豪華な顔ぶれだった。いきなり三三が前座のような顔をして開口一番にはびっくり。いずれも立派な出来栄えだったが、小三治と三枝が少し元気がないような感じがした。落語家も70代になると衰えるのかなと思ったことでした。 志の輔のマッサージ器の話は今年は5回くらい聞いたが、新ネタもあった。

    mizusan
  • J亭 スピンオフ企画 白酒・三三・一之輔 大手町二人会

    一之輔:面白い! 三三:旨い!

    beeruu
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

柳家三三 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み