少年社中(ショウネンシャチュウ) のチケット情報

お気に入り登録する
少年社中(しょうねんしゃちゅう)は東京を中心に活動している劇団。主宰は作・演出を担当する毛利亘宏。

概要
愛知県名古屋市の東邦高等学校の演劇部出身のメンバーだった毛利亘宏、井俣太良をはじめ、当時名古屋で演劇好きな高校生を集めて劇団少年社中を立ち上げていた佐藤春平ら10~15人が集団上京し、「早稲田大学演劇研究会(通称:劇研)」の門を叩き、既存だった劇団「東京オレンジ」に所属する。なお、名古屋では第三舞台の「天使は瞳を閉じて」などを公演していた。1997年、東京オレンジを脱退し、自分たちの劇団「少年社中」を新たに結成。旗揚げ公演は、1998年2月の『サムライ・コア』。
幾度かのメンバーの入退団を経ながら、現在までに年1~2本のペースで本公演を上演している。また、同郷である劇団ホチキスと交流があり、2007年と2010年には名古屋での合同公演を行っている。

作風
主人公である少年や若者が架空世界を舞台に、様々な人物と出逢い困難を乗り越えて行く、ファンタジー色の強い作風が特徴。

メンバー
* 毛利亘宏(作・演出・主宰)
俳優陣として下記のメンバーが所属している。

* 井俣太良
* 大竹えり
* 岩田有民
* 堀池直毅
* 廿浦裕介
* 加藤良子
* 長谷川太郎
* 杉山未央
* 山川ありそ
* 内山智絵
* 竹内尚文
* 川本裕之

公演リスト
1998年

旗揚試演会「侍核-サムライ・コア-」
1月29日~ 2月2日
大隈講堂裏劇研アトリエ

第1回公演「EL ALQUIMISTA-アルケミスト-」
7月15日~ 7月22日
大隈講堂裏劇研アトリエ

第2回公演「LIFE IS HARD ディレクターズカット」
10月7日~10月14日
大隈講堂裏劇研アトリエ

1999年

第3回公演「GHOST JACK-ゴーストジャック-」
1月30日~ 2月7日
大隈講堂裏劇研アトリエ

第4回公演「アトランティス」
7月17日~7月25日
大隈講堂裏劇研アトリエ

第5回公演「エレファント」
12月18日~12月24日
大隈講堂裏劇研アトリエ

2000年

第6回公演「slow」
4月8日~4月17日
大隈講堂裏劇研アトリエ

第7回公演「光之帝国-The empire of shine-」
9月21日~10月1日
大隈講堂裏
「少年社中」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月10日(金) 16:15UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 少年社中「天守物語」

    初めての近鉄アート館での観劇でしたが、どの席からでも舞台が良く見えて、役者さんの表情や細かな動きがよくわかり、作品に入り込む事が出来ました。 講演内容は原案の泉鏡花先生の作品をベースに人間の性を掘り下げた感じで、いろいろと考えさせられる作品だと思います。

    gafu
  • 少年社中「天守物語」

    妖(あやかし)は、人は何故生まれ、生きるのか…?! 人を殺すこと、人と交わることを禁じられ、同朋を殺され、それでも人に心惹かれる妖。 人ならざる妖や対抗する術のない天変地異に怯え、ひたすら辛苦に耐えながら生きる人間。 それぞれに苦悩を抱える妖と人間の、絡まり合った縁の糸。 泉鏡花の戯曲を元に描かれた、『生まれてきた意味、生きることの意味』を改めて考えさせられる作品でした。 ハッピーエンドでもないし、ラストに救いがあるわけでもない。むしろ色々抉られます。 だけど、生きていく上でしんどかったり辛かったりするのは自分だけじゃない。だから一緒に頑張って生きよう。 そんな風に感じられて、結局どこか自分が救われてる気がしました。 あと、とにかく熱量がヤバいです!!(笑)

    舞@観劇貧乏ww
  • 少年社中「天守物語」

    ※ネタバレばかりです。 完成された妖艶な世界観に最初の歌声一言目から引き込まれました。個人的に殺し系シーンがあまり得意じゃないのですが、ラストの「生きろ!!!」に繋がると思うとグッときました。最後の真っ赤に染まった全員での舞は体の下から響き上がる太鼓と笛、足音がドンドンドンと迫ってきて、異界の景色を目に焼き付けました。これがきっと絶滅してしまったあやかしとあの時代の人が残してくれた景色なんだろうなと!命の熱が溢れて突き刺さる素敵な舞台でした。

    ななかまる
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

少年社中 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み