おぼん・こぼん(オボンコボン) のチケット情報

お気に入り登録する
おぼん・こぼんはトービック、漫才協会に所属する漫才コンビ。1965年にコンビ結成。コンビ名の由来は、「大きいボンボン」と「小さいボンボン」。当初は「月見おぼん・こぼん」と名乗っていた。

メンバー
* おぼん(本名:井上 博一、(省略) - )大阪府大阪市阿倍野区出身。現在は東京都在住。
* こぼん(本名:馬場添 良一、(省略) - )大阪府大阪市福島区出身。現在は東京都在住。

概要
大阪福島商業高校(現・履正社高校)の同級生。1965年にコンビを結成し、学生漫才としてデビュー当時、吉本興業のうめだ花月などに出演。上京後、鈴本演芸場や浅草演芸ホール等で活躍。1970年から1980年にかけて赤坂コルドンブルー、日劇ミュージックホール公演などに出演した。当時の若手芸人としては珍しく師匠につかず、自らの手によって芸を磨いた。

1980年に日本テレビ『お笑いスター誕生!!』で10週連続勝ち抜きグランプリを受賞。それを機に赤坂コルドンブルーを引退。自分達の後釜として、当時『お笑いスター誕生!!』に挑戦中だった貴明&憲武(後のとんねるず)にコルドンブルーへの出演を勧め、それに従ったものの貴明&憲武は半年足らずでクビになってしまう。「漫才ブーム」時には『花王名人劇場』(関西テレビ)等に出演。ブーム後も演芸番組等に長く出演した。

近年は、テレビの演芸番組や漫才協会の定席である浅草東洋館を中心とした演芸場等に出演している。なお、落語協会・落語芸術協会に所属していないため、いわゆる東京の寄席(鈴本演芸場・新宿末廣亭・浅草演芸ホール・池袋演芸場)の定席に上がることはできない。

『笑点』の演芸コーナーの常連であるが、こぼんが語るところによると、ある時、収録された漫才について視聴者からクレームが入り、そのあと5年間、同番組に出演できなくなったという。また、おぼん曰く「昔は収録の前に、ディレクターさんにネタ見せをして、アドバイス通りに直さなければいけなかった。そのときはぼくらも若くて生意気だったから、ネタ見せと全然違うネタを本番でやっちゃった(笑)。当然めちゃくちゃ怒られたけど、いい思い出ですね」と語る。

2000年、それぞれの娘が「くれよん」を名乗るお笑いコンビを結成。『笑点』では親子漫才を披露したが、こぼんの娘・いづみが女優・タレントを目指す事で2002年にコンビ解散。おぼんの娘
「おぼん・こぼん」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月28日(水) 21:38UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 大須演芸場定席寄席 1月

    独楽のおじさん、最高!楽しませていただきました。また行きたいなと思います。 おぼんこぼんさんは歌もうまく時間を忘れてしまいました。 まだまだ大須演芸場を楽しませてください。

    ぱちもん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

おぼん・こぼん のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み