大谷亮介(オオタニリョウスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
大谷 亮介(おおたに りょうすけ、1954年3月18日 - )は、日本の男性俳優、演出家、声優。本名、同じ。

兵庫県出身。六甲中学校・高等学校卒業、東京海洋大学中退。劇団壱組印主宰。ファザーズコーポレーション所属。身長175cm、体重70kg。

略歴
兵庫県西宮市内の小学校を経て、六甲中学校・高等学校へ進学。高校時代はサッカー部のレギュラーになり、兵庫県代表としてインターハイにも出場した。高校卒業後は生物学者を志して東京海洋大学へ進学したものの、勉強する気にならずに遊んでばかりいたところ、見かねた友人から「お前、向いてるんじゃないか」と勧めを受けて劇団を受験し合格。大学在学中の1977年にオンシアター自由劇場に入団し、同年10月の『風吹がらす疾送記・異説のすかい・おらん』にて初舞台。後に大学を中退し芝居の道へと進んだ。

1986年、役者集団東京壱組を旗揚げ。役者兼演出家として、余貴美子らと共に、長年座長として活躍した。1991年には東京壱組公演『分からない国』『箱の中身』『お金』の企画・演出により第26回'紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した。

同劇団解散後、2001年からは草野徹らと劇団壱組印を立ち上げて活動する。

2003年には篠井英介、深沢敦とともにプロデュースユニット3軒茶屋婦人会を結成、「3人芝居」と「女形」にこだわって上演を続けている。

一方でテレビドラマ、映画などの映像作品にも多く出演、『相棒』シリーズの三浦信輔刑事役で世間に広く認知されていたが、season12 第1話をもって卒業した。

2008年より、ハワイ・オアフ島生まれの日系三世「タニー・オータニ」に扮し、女優のキムラ緑子扮する「ドリー・キムラ」とともに音楽ユニット「ドリー&タニー」を結成して年に1回ほどのペースで芝居仕立ての音楽ライブをライブハウスにて開催している。

人物
* 趣味はサッカー、特技は殺陣、サックス、ウクレレ、日本舞踊(藤間掬之介、紫派師範藤間掬穂に師事)。
* 父親は元サッカー選手の大谷四郎。同じく元サッカー選手の大谷一二は伯父。
* 女優の高畑淳子とはかつて結婚を前提に交際し、5年半にわたり事実婚状態だったが、諸事情により別れ結婚には至らなかった。俳優の高畑裕太は高畑との間にもうけた息子で、大谷自身も認知している。大谷が別の女性と結婚した後は親子としての交流はない
「大谷亮介」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月15日(土) 00:49UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「セールスマンの死」

    KAATプロデュース「セールスマンの死」観る。 アーサー・ミラーによって約70年前に書かれた戯曲。近代演劇の金字塔ってやつ。でも少しも古くない。時代についていけず過去の栄光、持たなくてもいいプライドにしがみついて心を病む男の姿は”あるある”だし、夫婦や親子のあり方、自分探し、競争、挫折・・・、誰でも登場人物の誰かに共感できるはず。優れた脚本に、海外の戯曲の演出に的確な腕をふるう長塚圭史、充実した役者が揃って、心に残る舞台になった。 主役ウィリー・ノーマンを風間杜夫が演じたのが大きい。感情がくるくると変わり、怒鳴ったかと思うと慨嘆してすがったりする難役だが、とても説得力がある演技。癇癪持ちだけどチャーミング、と思わせる個性が観客の共感を呼ぶ。息子ふたりは山内圭哉と菅原永二。ここにテレビで売れてる系役者でなく、小劇場系の実力と個性のある、けして若くはないこのふたりを持ってきたのがいい。山内圭哉は今まで観た中では一番のストレートプレイっぷりで、ここまでできるんだ、とびっくり。菅原永二は微妙な位置にいる次男の不安定、焦燥をうまく演じていた。加えて隣人に大谷亮介、その息子に加藤啓、伯父に村田雄浩といった長塚が信頼する渋いキャストを持ってきたのがとてもいい。 KAATの最近のレパートリーはここにしかないとても面白いものばかりなので、つい横浜の先まで足を運んでしまう。

    ちま
  • セールスマンの死

    両手にトランクを提げ、疲れ切った様子を隠し切れないウィリー・ローマン(風間杜夫)が家路に向かい、明かりの消えたドアーを開ける。この戯曲を象徴する出だしだ。60歳を超えて今も長距離を走り、セールスマンを続けるウィリーにとって、30歳を超えてなお自立できない長男ビフ(山内圭哉)と次男ハッピー(菅原永二)が悩みの種であった。過っての自信にあふれていたウィリーも時代の変化と得意先の高齢化で、思うような成績も挙げられず生活費に窮するようになっていた。つつましく支えてくれる妻リンダ(片平なぎさ)にも当たり散らしてしまうこの頃だ。過っての幸せだった日々を思い起こし、何を間違えてしまったのだろうか?自分の生き方に誇りを持っていただけに、高校時代はフットボールの花形として嘱望されていた、自慢の息子ビフがやる気を失い、そりの合わなくなったのは自分のせいなのだろうか。饒舌と癇癪、誇りと卑下を繰り返す感情の起伏の激しい老いた父親ウィリーを風間杜夫が全てを出し切った感のある熱演であった。息子と夫の間を執り成し、控えめながら存在感のあるリンダの片平なぎさに目が惹かれた。……70年程前のアメリカのある家庭の話ではあるが、夢を見る理想と現実を生きる厳しさ、大人になり切れない子供たち、親の価値観と子育ての模索と反省、どこに解があるのか、なにが解なのか古さを感じさせない戯曲である。家族を想い、失意のウィリーが選んだ結論は。……長男ビフ(山内圭哉)と次男ハッピー(菅原永二)をはじめ、登場する全ての俳優陣の不足ない演技に感嘆するとともに、この座組と演出した長塚圭史に今日ほど感服した日はなかった。

    粗忽者の早とちり
  • 「岸 リトラル」

    ワジディ・ムワワド四部作の第一作。第二作の「アンサンディ」と共通する彼の戦地を逃れ移民した自伝的体験をもとに書かれている。父子の生死を巡る問いかけ・歌う女・届かなかった手紙をキーワードに、父(岡本健一)の遺体を何故母の墓に葬られられないのか。その疑問を抱え、遺骸を背負い魂の帰るべき故郷を目指しウィルフリードは旅に出る。彼を見守る騎士ギムロンと生きている死者(イスマイル)・この舞台自体を映画撮影するメタシアター手法、主要人物以外の少数の俳優が入れ替わり立ち代わり登場人物を演じる等、変化球が多くて「アンサンディ」ほどの衝撃は受けなかった。卑猥なセックス表現や残忍な殺戮場面を、目まぐるしいほどの場面転換や俳優陣の軽やかな台詞回しで、暗く湿った印象は抱かなかった。後半の遺体の安置場所を求め、彷徨う内に出会う戦場を生き抜く、心に深い悲しみに満ちた人々の連帯感・辿り着いた海辺、あれは彼岸なのか・生きた証(ムレの番人)がテーマなのだろうか?自分を産んですぐになくなった母、逃げるように自分を捨て、去っていった父。届かなかった大量の手紙が父への和解に繋がったのか?ムワワドの視線はやさしい。

    粗忽者の早とちり
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

大谷亮介 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み