怒髪天(ドハツテン) のチケット情報

お気に入り登録する
怒髪天
怒髪天(どはつてん)は、日本のロックバンド。2019年にバンド結成35周年を迎えた。所属レコード会社はテイチクエンタテインメント。所属事務所はバッド・ミュージック・グループ。

来歴
メンバー全員が北海道の出身である。自らの音楽をJAPANESE R&E(リズム&演歌)と称している。結成は1984年で、当時高校生だった増子直純を除くと、全員現在とは違うメンバーだった。当初はハードコア・パンクバンドであったが、1986年に一時解散。同年増子と上原子友康を中心にメンバーを一新して再スタート。2人の共通の趣味であったローリング・ストーンズやブルースを基調としながらも、RCサクセションやアナーキー、憂歌団などの国内のグループや、歌謡曲や演歌の影響も強く受けている。1991年日本クラウンよりメジャーデビューするが、その後1996年に活動を一時休止。1999年にインディーズに戻り活動再開、2004年にテイチクエンタテインメントのレーベルインペリアルレコードより再メジャーデビューした。

2009年(結成25年目)頃から数多くのメディアに取り上げられ始め、四半世紀が経ってからの遅咲きのブレイクを果たし、近年は数多くのロック・フェスティバルに出演している。桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』のTV CMに抜擢されるも、あまりに商品が売れ過ぎて店頭に並ばなくなってしまったため、CMの放送からおよそ12日間でオンエア自粛となってしまった。

2010年には所属レコード会社テイチクエンタテインメントのホームページに「アイ ラブ ドハツテン ~愛のメッセージ~」と称して、怒髪天へのメッセージが掲載されていた。(MCU、梶芽衣子、Ken Yokoyama、斉藤和義、The Birthday、the pillows、THE BAWDIES、ジョージ・ウィリアムズ、スガシカオ、箭内道彦など)

2011年11月16日発売の関ジャニ∞5thアルバム「FIGHT」では、ボーカルの増子直純が作詞、ギターの上原子友康が作曲を務めた「モンじゃい・ビート」を楽曲提供し、アルバムのリード曲として起用された。

なお、2005年のテレビドラマ『アストロ球団』では挿入歌 「アストロ球団応援歌」を担当。最終回にはメンバーがカメオ出演し、「がんばれ怒髪天」と食堂の女将にいわれた。

メンバー
;増子 直純(ますこ
「怒髪天」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月19日(水) 10:04UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 怒髪天

    楽しかった!叫んだ! 叫ぶように歌った!!「生きろよ!」て Liveがたまらない爆音も最高 君の為なら死ねる!じゃなく 君の為に生きる!がカッコいい

    Uracchi
  • Rock Beats Cancer FES vol.6

    はじめてこのフェスに参加しました。 トップバッターはラウドネス。30分だけでしたが復活したあんぱんを堪能できました。 石巻高校の後輩の遠藤さんが参加しているJAM Projekctのライブを初めて拝見しました。 とてもパワフルなボーカルで感激です。 最後Lazyでの高崎様のドラムには感激しました。 オーラスのBurnでは、ギター弾かないボーカルでの高崎様を見れて感激です。 来年も開催するなら参加したいフェスです。

    さわす
  • 怒髪天

    すんばらしかった!! 怒髪天の歌詞からいろいろなものをいただきました。 今日こんなに私たちに渡したのに、明日もまたライブだよ!!驚きだよ!! 明日生きる意味や仕事のつらさをどこかにすっ飛ばし、今生きることに喜びをもらった。 ありがとう怒髪!! オジサンおばさんも肌ぷりぷりになったよ!!

    ippo
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

怒髪天 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み