安蘭けい(アランケイ) のチケット情報

お気に入り登録する
安蘭 けい(あらん けい、本名・安田瞳子 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。

血液型AB型、公称身長167cm。愛称は「とうこ」。滋賀県甲賀郡(現・湖南市)出身。所属事務所はホリプロ、所属レコード会社はポニーキャニオン。

略歴
本籍地および祖父の出身地は韓国慶尚南道である。

1989年、宝塚音楽学校入学。卒業時の成績は首席。

1991年、第77期生として宝塚歌劇団に入団。月組『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。同期生には春野寿美礼、朝海ひかる、花總まり、成瀬こうきなど。

1992年、雪組に配属される。

1995年、新人公演『JFK』で初主演。ジョン・F・ケネディ役を演じる。

『エリザベート』のルドルフの子供時代や「ICARUS」のイカロスなど、少年役を相次いで演じた。1999年頃からは組替えで雪組に配属、同期の朝海、成瀬とともにトリオで使われることが多かった。後に「雪組三兄弟」(当時流行していただんご三兄弟に由来)とも呼ばれる。

2000年、星組に組替え。

2003年には日生劇場『雨に唄えば』でドン役を演じる。さらに『王家に捧ぐ歌』では事実上のヒロイン・アイーダ役を演じる。『ミュージカル』誌では作品がベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門2位、さらに松尾芸能新人賞も受賞した(現役のタカラジェンヌでは初の受賞)。2004年には『ファントム』日本初演でシャンドン伯爵を演じる。翌2005年、主演公演『龍星』では、複雑な生い立ちをもつ孤独な主人公を務めた。

2006年には『ベルサイユのばら』が再演され、大劇場と東京でそれぞれオスカルとアンドレを演じた。なお、この再演により本公演でオスカル・アンドレ・フェルゼンと男役が演じる三役全てを演じたことになり、これは宝塚史上初である。

2006年、湖月わたるの退団を受け、入団16年目にして星組トップスターに就任する。日本国籍でないことを公表したタカラジェンヌがトップスターに就任した例は鳳蘭(中国籍、後に日本に帰化)に次ぐ2人目。相手役には専科より遠野あすかを迎える。お披露目公演は、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズコード」。大劇場お披露目公演は『さくら/シークレットハンター』。

2007年、『エル・アルコン-鷹-』では、ダーティー・ヒーローを演じた。

2008年には熱望していた『
「安蘭けい」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月15日(月) 21:17UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「民衆の敵」/ぴあシート

    脚本、演出も素晴らしく演者も実力派揃いで楽しめました。 奥深くいろいろと考えさせられる作品でした。

    makaron2
  • 「民衆の敵」

    ヘンリック・イプセンは、 代表作「人形の家」で知られています。 「人形の家」は、女性の権利を訴えた古典作品であり、 フェミニズムの先駆けとなるような問題を提起しました。 それと同じ劇作家が、 この作品「民衆の敵」では環境問題を扱っています。 現代にも通じる社会問題をはるか昔から訴えていたわけです。 環境問題は世界的な問題でもありますが、 日本にも古くは足尾銅山鉱毒事件、 そして水俣病に代表される公害、 さらには現代の原発依存など、 過去に何度も繰り返されてきた問題です。 どうして環境問題が防げないのか。 それは地域の経済に対する影響があるからです。 金儲けのために不正を見過ごす。 これと同じことが水俣でもあったし、 今もあれだけの原発事故を起こしておきながら 原発を使い続ける日本の現代の政策にもつながります。 この舞台公演「民衆の敵」は、 中国での上演が中止となったそうです。 いかにも中国らしい。 言論や表現の自由のない国です。 また、国内では数多くの環境問題を抱えているのでしょう。 この舞台では、 主人公は民衆に絶望して、 ついには民衆の敵と呼ばれてしまいます。 彼は民主主義を否定するのですから。 民主主義が必ずしもいい政策だとは限らない。 イギリスのもと首相チャーチルの警句を思わせます。 それだけのことがこの古典的な戯曲で描かれており、 そしてその間違いを人類は歴史上何度も繰り返している。 残念なことに、歴史は繰り返されるの典型です。 秀逸な舞台作品でした。 今こそ観る価値のある舞台でした。

    鈴村修
  • 民衆の敵

    100年以上前に書かれたとは思えない、現代にも通じる様々な示唆に富んだ舞台でした。 温泉が発見され、それを観光資源として復興し始めたノルウェーの田舎町。 ある日、温泉事業の立役者でもある医師・トマス(堤真一さん)は、水質が汚染されていることを突き止めます。 兄である市長・ペテル(段田安則さん)に進言するも、温泉の引き直しには莫大な経費がかかるため、その事実を公にしないように言われます。 新聞社の協力も得られないトマスは、集会を開いて民衆に訴えかけますが……。 と、あらすじだけを読むと、私欲のために真実を隠蔽しようとする人々に立ち向かう「正義の男」……というイメージですが、ちょっと違った感じです。 違和感を感じたのは、トマスが水質汚染を発見した時。 「すごい発見だ!」と喜んでいたんです。 トマスにしてみれば、「悪いところが分かったから直せばいい。これで皆の健康被害を無くせる」という、科学者的な純粋さからの想いなんでしょうが、仮にも温泉事業に携わっている関係者として「マズイ!大変だ!」と慌てるのが普通なんじゃないかと思います。 特に、現代なら「水質検査もせずに温泉を引いたのか」という責任問題にも発展しかねません。 それをトマスは「このことを発表したら、皆から感謝される」と思ってしまいます。 集会でも、集まった民衆をバカにしたり……かなりズレているという感じを受けました。 でも、よくよく考えると、都合の悪いことが分かって「マズイ!」とか「大変だ!」とか思ってしまうのは、「それを隠蔽しなきゃ」という考えに至ってしまう最初の一歩なのかもしれません。 家族とともに孤立しながらも、「自分の正義」は曲げないという姿勢を、堤真一さんが怒涛の如く演じていました。 特に、段田安則さんとの口論や集会での演説の場面には釘付けです。 20人以上の民衆が登場するのも迫力満点で、場面転換の際に行われるパフォーマンス?も、不穏な雰囲気を醸し出していて、面白い演出でした(外国の演出家の方って、こういうの好きなのかな?)。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

安蘭けい のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み