フィルハーモニア管弦楽団(フィルハーモニアカンゲンガクダン, THE PHILHARMONIA ORCHESTRA) のチケット情報

お気に入り登録する
フィルハーモニア管弦楽団
(c)clive Barda
フィルハーモニア管弦楽団((省略)、愛称(省略))は、イギリスのオーケストラで、本拠地は1995年よりロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホール。オットー・クレンペラー、リッカルド・ムーティ をはじめ、多くの指揮者との録音で知られる。楽員数75(2018年現在HP掲載)。

歴史
レッグの時代
1945年に、EMIの名プロデューサー・ウォルター・レッグによって創設された。レッグの主目的はEMIの製作するレコードのためのオーケストラを作ることにあった。大戦による召集などで、イギリスの他のオーケストラの活動がいまだ低調だったこともあり、優秀な演奏家の積極的な採用が成功した。例えば、1957年に交通事故で夭折するホルン奏者デニス・ブレインも創立当初から首席奏者を務めた(ただしロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との兼任)。

初の公開演奏は1945年10月27日、ロンドンのキングズウェイ・ホールにて、トーマス・ビーチャムの指揮で挙行された。

レッグおよびEMIの長年にわたるコネクションを活かして、設立当初からヨーロッパ大陸(特に敗戦国ドイツ、イタリア)からの指揮者、独奏者を招いての公演・録音を盛んに行ったことが、フィルハーモニア管を他のオーケストラに対して特徴付けている点だった。1948年にはクレンペラー、フルトヴェングラー、カラヤンの3人を相次いで定期公演の指揮者とし、リヒャルト・シュトラウス「4つの最後の歌」の世界初演はフルトヴェングラーの指揮でフィルハーモニアによって行われた(1950年5月、作曲者の没後)。カラヤンはフィルハーモニアを率いてヨーロッパ大陸ツアーも成功させ(1952年5月)、それは創立10年に満たない楽団の地位向上に貢献した。イタリアからはトスカニーニ、グィード・カンテッリ、ジュリーニがフィルハーモニアのためにタクトを揮っている。

フィルハーモニアとの良好な関係を構築したかに見えたカラヤンは、1955年にベルリン・フィルの首席指揮者に就任してしまい、その後期待されたカンテッリが1956年に航空事故で急死したことで、リーダー不在の危機が囁かれたが、レッグは大戦後ポジションに恵まれなかった観のあるオットー・クレンペラーをトップに据えることを決断、1959年にはクレンペラーは常任指揮者(後に終身)に就任し、多くの演奏、録音を残す。

ニュー・フィルハーモ
「フィルハーモニア管弦楽団」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月24日(金) 16:42UTC
公式サイト
公演レビュー
  • エサ=ペッカ・サロネン(指揮)/フィルハーモニア管弦楽団

    R.シュトラウスとサロネンの組み合わせに興味があり、行ってきました。R.シュトラウスは戦前の大御所のイメージが強いせいか、どちらかと言うと古典的なイメージが大きかったのですが、サロネンが振ると、現代的(作曲された時代)な息吹がそこかしこに感じられる演奏でした。相変わらず強力な管楽器類が、SKDとは違った魅力で楽しませてくれました。 諏訪内晶子さんを聴くのは2度目?3度目?女性にとって褒め言葉ではないかもしれませんが、貫禄がついた安定した演奏でした。良かったです。

    だだ
  • フィルハーモニア管弦楽団

    震災チャリティということで、冒頭色々な人の挨拶があって面食らいましたが、姜尚中先生(県立劇場館長)の「音楽とは魂を揺さぶる芸術だと思います」との言葉通りのコンサートとなりました。メンデルスゾーンのコンチェルト、あまり好きな曲ではないし、コンサートであまりにも多く演奏されるためか、感動するほどの演奏に巡り会ったことがなかったのですが、今回の晶子さんとオケは美しい演奏を聴かせてくれました。熟成された上質なウィスキーのようで、感動しました。アンコールのバッハ無伴奏ソナタではホールが祈りの場と化しました。沁み入るような演奏でした。そして圧巻はベートーヴェン7番!自分としてはベートーヴェンのシンフォニーの中でのランクはさほど高くなく、軽い感じの、割と単純な曲、だと思っていましたが、流石にサロネン、私の思い違いを叩き壊してくれました。休止、強弱、緩急、まさに完璧で、この曲のたくましさ、力強さを初めて感じることができました。ベートーヴェンの良い演奏の時いつも感じるように、今回も「ベートーヴェンよ、ありがとう!」という気持ちになり、これでまた当分生きていける力が得られた気がしました。今回の演奏会により、サロネンは世界最高の指揮者に、フィルハーモニアは世界三大オケの一つに、自分の中で格上げされました。

    ねこたんぽ
  • エサ=ペッカ・サロネン(指揮)/フィルハーモニア管弦楽団

     最初に演奏されたストラヴィンスキーの「葬送の歌」は、日本初演とのことだったが、サロネンの指揮はとてもこなれていた。もちろん、私も初耳なので、それ以上の感想はない。  メインのマーラーの交響曲第6番は、今までこの曲を何度か聴いているが、間違いなくベストの演奏で、今年のオーケストラの中でおそらくベストになるであろう演奏だった。サロネンは、特にテンポがよく、緩急自在で、確信に満ちて振っているので、奏者も迷いなくついて行けるのだろう。サロネンの指揮で聴くと、マーラーのスコアに無駄な音符は一つもないという感じで、曲の構造がよく分かるが、それでいて実に音楽のノリがよく、テンポやディナーミクは、これしかないというほど、必然的なものに感じられる。還暦を過ぎている私は、ふと、このようなマーラーは人生であと何回聴けるだろうか、と思ってしまった。

    自由は土佐の山間から
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

フィルハーモニア管弦楽団 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み