太田裕美(オオタヒロミ) のチケット情報

お気に入り登録する
大田裕美
太田 裕美(おおた ひろみ、1955年1月20日 - )は日本のシンガーソングライター。
本名・福岡 弘美(ふくおか ひろみ、旧姓:太田)。東京都荒川区生まれ・埼玉県春日部市育ち。血液型はA型。夫は音楽プロデューサー・福岡智彦。2男あり。

経歴
東京都荒川区に出生。両親は愛知県名古屋市の出身。父親はプラスティック関係の工場を経営。3歳時に埼玉県春日部市に転居。幼少の頃から音楽が大好きだったという。8歳の夏にピアノを習い始めて同時期に初めて作曲。小学校時代はコーラス部に入っていた。

1967年4月、上野学園中学校音楽指導科声楽科入学。

1969年、中学3年の時に友人の代わりにスクールメイツのオーディションを受け、合格する。受験理由は、大好きなザ・タイガースのジュリー(沢田研二)に会えるかもしれないと思ったため。
これにより渡辺プロの東京音楽学院に入ることとなった。同期生には、伊藤蘭・田中好子(後のキャンディーズ)らがいた。

1972年(高校3年)の11月、NHKのテレビ番組『ステージ101』のレギュラーグループ「ヤング101」のオーディションを受け、「ショパンのワルツ」をひいて合格する。1973年1月から番組終了の1974年3月まで、ヤング101の一員として『ステージ101』に出演。同期メンバーには谷山浩子がいた。ヤング101の途中から、芸名を本名の弘美から「裕美」へと変更した。

1973年12月、NETテレビのオーディション番組『あなたならOK!』に出て優勝。渡辺プロと新人養成契約を結び、西銀座のライブハウス「メイツ」でピアノ弾き語りを始める。

1974年11月1日に「雨だれ/白い季節」でデビュー。キャッチフレーズは「まごころ弾き語り」。デビュー初期はフォーク調で、ピアノ弾き語りの曲が多かった。1975年、日本レコード大賞、日本歌謡大賞等で新人賞を受賞。

1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒット、翌1976年のオリコンチャート4位を記録(1位は子門真人「およげ!たいやきくん」)。なお、NHK紅白歌合戦には初登場の1976年から1980年まで、5年連続で出場。

1982年に歌手活動を一時休業、8か月間アメリカ合衆国・ニューヨークに単身留学(「八番街西五十一丁目より」で第4回ニッポン
「太田裕美」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月12日(日) 12:32UTC
公演レビュー
  • LIVE『君と歩いた青春』2019

    2部構成で約4時間弱(休憩含む)のコンサートでした。1万人以上のお客さん(平均年齢は高いですが)が集まって活況がありました。昨年も参加しましたが今回もシークレットゲストが参加されたりして色んな曲が聴けて楽しい時間をすごすことができました。各メンバーも元気で歌っておられて良かったです。30年以上前の曲といえども聞き入ってしまいました。太田裕美さんも健康が心配でしたが元気に参加されていました。 今回で11回目ということで素晴らしいことだと思います。ぜひ今後も続けてほしいです。ただ途中休憩が15分というのはちょっと短いのとホール内にも売店を設けてほしいです。

    IKEZOE
  • LIVE『君と歩いた青春』2019

    2年ぶりに行って来ました。これまでに観た公園の中で一番良かったかな。 開演とともに、一気に50年前にタイムワープ。隣の席の方を気にして、はじめは小さな声で口ずさんでいましたが、その声も知らず知らずのうちに大きくなっていました。楽しいひと時を過ごせました。

    sakusan
  • LIVE『君と歩いた青春』2019

    良かったです。

    Telu
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

太田裕美 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み