飯森範親(イイモリノリチカ) のチケット情報

お気に入り登録する
飯森範親
(C)山岸伸
飯森 範親(いいもり のりちか、1963年(昭和38年)5月17日 - )は日本の指揮者。東京交響楽団正指揮者、 日本センチュリー交響楽団首席指揮者、山形交響楽団芸術総監督を務める。

ドイツ音楽などの他、西村朗やマウリツィオ・カーゲルなど現代曲も得意とする。

人物・来歴
神奈川県鎌倉市生まれ。神奈川県立追浜高等学校を経て桐朋学園大学指揮科卒業(音楽学士)。大学卒業後、ベルリンに留学。1985年民音コンクール指揮第二位(一位なし)。1987年ブザンソン国際指揮者コンクールで二名の同格入選者のうちの一人となる(Mentions ex.aequo)。1988年マスタープレイヤーズ(省略)大賞受賞。1989年からバイエルン国立歌劇場にてヴォルフガング・サヴァリッシュの元で修行を積む。

1994年に東京交響楽団の専属指揮者となり、同楽団のポルトガル演奏旅行などを指揮、2004年より正指揮者に就任。また、1994年から98年には、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者を、1995年から2002年まで広島交響楽団の正指揮者をつとめた。アルトゥール・ルービンシュタイン・フィルハーモニー管弦楽団(ポーランド)首席客演指揮者、山形交響楽団ミュージック・アドヴァイザー兼常任指揮者(2007年より音楽監督)、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者(2002年より名誉指揮者)を歴任。1999年に、北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(ハノーファー)を指揮したほか、フランクフルト放送交響楽団、ケルン放送交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団、ドルトムント歌劇場、バーゼル交響楽団などで客演している。

2014年4月から日本センチュリー交響楽団首席指揮者に就任。

2001年9月からはバーデン=ヴュルテンベルク州のヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督に就任(現首席客演指揮者)。2006年2月の日本ツアーを導き、同年7月には、日本人指揮者がドイツのオーケストラと共演する「ベートーヴェン交響曲全集」の初例となるCDをリリースした。2003年9月、NHK交響楽団定期演奏会でグスタフ・マーラーの交響曲第1番を指揮し、NHK交響楽団の年間ベスト10コンサートに選出された。2007年のNHKニューイヤーオペラコン
「飯森範親」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月27日(土) 10:26UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 東京交響楽団

    日本初演講演感動しました。ミューザ川崎以外ではじめて飯森さんの指揮と東京交響楽団の演奏を聴いて良い意味で趣がちがっていたのが新たな発見でした。

    BECHA
  • 大阪4大オーケストラの響演

    大阪4大オーケストラの饗演は今年で4回目だそうです。私は昨年からで2回目です。こんな贅沢なことがあるでしょうか。1度に4大オーケストラの演奏が拝聴できるなんて夢の様です。来年も何か企画があるとの予告を司会の朝日放送アナウンサー三代沢さんがおっしゃってましたので是非足を運びたいと思います。場面返還、次の準備のところもそのままみせていただいたのが良かったです。スタッフのみなさんのきびきびとした動き、自分のお仕事を全うされている感じが素晴らしかったです。スタッフさんの影の力がこのコンサートの成功につながっていることは間違いないですね。来年の楽しみが1つできました!ありがとうございました。

    チルチルミチル
  • 日本センチュリー交響楽団

    ハイドンの交響曲は総じてよかった。 モーツアルト ヴァイオリン協奏曲は 1楽章は大変良かった。 

    細雪を観たひと
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

飯森範親 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み