高関健(タカセキケン) のチケット情報

お気に入り登録する
高関健
(c)Masahide Sato
高関 健(たかせき けん、1955年4月21日 - )は、日本のクラシック音楽指揮者。東京藝術大学指揮科教授。

経歴
東京都出身。幼少期にピアノとヴァイオリンを学ぶ。桐朋女子高等学校音楽科を卒業。桐朋学園大学在学中には、齋藤秀雄、秋山和慶、小澤征爾、森正、山本七雄らに師事し、指揮法を学び、1977年、カラヤン指揮者コンクール・ジャパンで優勝した。

1978年に桐朋学園大学を卒業した後ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーに留学し、1979年3月から1985年12月までカラヤンのアシスタントを務める。

1981年のタングルウッド音楽祭ではバーンスタイン、小澤征爾、クルト・マズア、アンドレ・プレヴィン、イーゴリ・マルケヴィチらの指導を受ける。またこの時期にボストン交響楽団のオペラ公演で副指揮者を担当した(演目はムソルグスキーのボリス・ゴドゥノフ)。

同年10月、ノルウェーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に出演し、ヨーロッパデビューをした。

その後、1983年にオスロ・フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会に出演、同年にコペンハーゲンで行われた第7回ニコライ・マルコ記念国際指揮者コンクールで第2位、1984年にウィーンでの第3回ハンス・スワロフスキー国際指揮者コンクールで優勝し一躍時の人となった。

1985年1月に渡邉暁雄の推薦を受けて、日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会を指揮し、日本デビューを果たした。
1986年、渡邉暁雄の後任として広島交響楽団音楽監督に就任。1990年まで務めた。
以来、日本国内のオーケストラを客演で指揮するほか、ウィーン交響楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、クラングフォーラム・ウィーン、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 、デンマーク国立放送交響楽団、オーストリア放送交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団など、ヨーロッパの主要なオーケストラと共演。1999年にはプラハ交響楽団、2000年にはケルン放送交響楽団にも客演している。

群馬交響楽団の音楽監督(1993年1月 -2008年3月)、札幌交響楽団の正指揮者(2003年4月 - 2012年3月)を務めた。2006年4月には桐朋学園大学音楽学部助教授に就任。

2007年に放送されたNHK大河ドラマ風林火山のテーマ音楽のサントラ録音の際には、NHK交響楽団を指
「高関健」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月13日(火) 20:43UTC
公式サイト
公演レビュー
  • サマーミューザ 仙台フィルハーモニー管弦楽団

    久しぶりに、仙台フィルの本領が存分に発揮された名演を聴きました。マエストロ・高関健さんとのコンビで聴くのは、今回が初めてでしたが、明晰で、無駄がない指揮ぶりは、ほれぼれする素晴らしさ! オーケストラの特質を十全に把握して、その魅力を最大限引き出された手腕は、名人芸そのものでした。仙台フィルの持つ美質であるところの人間性豊かな音色。それを聴き手にたっぷり伝えてくださいました。また、ソリストの郷古廉さんは、知的で情熱的な演奏で、仙台フィルとの相性も抜群で、見事なチャイコフスキーを聴かせてくださいました。充実の、幸せな2時間でした。

    フラーノ
  • 藝大第九 ~チャリティコンサートvol.3~

    若いエネルギーに満ちた演奏でした。 途中でリズムが乱れることもありましたが、 独唱者は別格として、合唱が素晴らしかったです。 また、チェロや木管楽器が良かったです。 演奏を終えた一人ひとりの演奏者の笑顔が一番良かったです。 藝大の演奏会は初めてでしたが、また、行きたいと思いました。

    ささしゅん
  • 中部フィルハーモニー交響楽団 春日井特別演奏会 『ロシアン・フェスティバル!』

    平日だったこともあり満席にはならなかったが、多くの人が素晴らしい音楽にたっぷり浸れました。高関健さんと初めての中部フィルだったと思いますが、よい緊張感のもと 松田華音さんともうまく調和した音楽を聴かせてくれました。来年も特別演奏会期待したいです。楽しい一夜でした。ありがとうございました。

    まつ吉2
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

高関健 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み