仙台フィルハーモニー管弦楽団(センダイフィルハーモニーカンゲンガクダン, SENDAI PHILHARMONIC ORCHESTRA) のチケット情報

お気に入り登録する
仙台フィルハーモニー管弦楽団
仙台フィルハーモニー管弦楽団(せんだいフィルハーモニーかんげんがくだん、英語表記 Sendai Philharmonic Orchestra)は、宮城県仙台市を本拠とするプロのオーケストラである。略称は「仙台フィル」「仙フィル」。同名の公益財団法人が運営を担い、事務局が仙台市役所錦町庁舎1階にある。日本オーケストラ連盟の正会員である。

1973年(昭和48年)に宮城フィルハーモニー管弦楽団として発足した組織が、1989年(平成元年)に現在の名称へ変わり、同時に3管編成化したものである。2019年1月時点で、74名の楽団員がここに所属する。

沿革
宮城フィルハーモニー管弦楽団は1973年(昭和48年)3月に発足した。この時に尽力したのが地元出身者で作曲家の片岡良和である。片岡がバレエの発表会にオーケストラを使いたいと考えメンバーを募集したところ30人ほどが集まった。これらの演奏家が宮城フィルハーモニー管弦楽団の母体となった。その中にはプロもいたがアマチュアがほとんどだった。宮城フィルハーモニー管弦楽団発足後、片岡は常任指揮者となった。

1974年(昭和49年)に第1回の定期演奏会が開催され、1975年(昭和50年)には運営母体として宮城フィルハーモニー協会が発足した。1978年(昭和53年)には協会が社団法人となりプロオーケストラとなった。この時、山形交響楽団から宮城フィルハーモニー管弦楽団へ何人かの楽員の移籍があった。オーディションで演奏者が募集され、また演奏者の組合への加入で楽団員の待遇改善が図られ、楽団としての形が徐々に整えられていった。しかし、楽団の経営は厳しく、楽団員自らが楽器の運搬をしたり、NHK仙台放送局から楽器を借りたこともあったという。政治家の三塚博の助言で、山形交響楽団と連盟で助成金を受けたこともあった。

1983年(昭和58年)には片岡の要請で芥川也寸志が音楽総監督に就き、また籾山和明が常任指揮者に、小林研一郎が首席客演指揮者となって、複数指導者による体制となった。一方で、この年度には大きな赤字を出しながら、楽団員の増員や定期演奏会以外の公演の実施など、積極的な活動が行われた。

1989(平成元年)4月に、仙台市が政令指定都市に移行したのにあわせて、宮城フィルハーモニー管弦楽団は仙台フィルハーモニー管弦楽団へ名を変えた。同年、仙台市青年
「仙台フィルハーモニー管弦楽団」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月16日(日) 00:54UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団

    なかなかいいコンサートでした。特に最後の火の鳥が素晴らしかった。

    mhmh09876
  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団

    後半のチャイコフスキーがダレダレでした。どうせならニューイヤーらしく、シュトラウスでやってほしかった。

    クク坊
  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団

    あけましておめでとうございますというわけで今年も聴きにきました。堅苦しくなく楽しめるニューイヤーコンサートのつもりでふらふらと。仙フィルのニューイヤーコンサートはこれで3回目です。時々仙台までのこのこと聴きに行ってます。指揮者はもう中堅に差し掛かった角田さんが新しく指揮者となってこれからの仙フィルを聴けるというのも楽しみに。.....感想は、人それぞれですが私は好みではなかったです。強弱が富岳百景の波のようというか大きすぎて船酔いしそうになりました。疲れました。人によっては爽快かも。まとまりもあまりよくはなかったように感じました。少しばかり雑な印象がありました。実力のあるすばらしいオケだと思うので余計に残念と思ったのですが、一緒に行った初コンサートの友人は大変喜んでおりました。やはり人それぞれ。というか純粋に楽しめばいいんですが...。気になってしまって。

    feline
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

仙台フィルハーモニー管弦楽団 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み