上松美香(アゲマツミカ) のチケット情報

お気に入り登録する
上松美香
上松 美香(あげまつ みか、1982年7月2日 - )は、日本のアルパ奏者(アルピスタ)。血液型AB型。

長野県南安曇郡穂高町(現・安曇野市)出身。(省略)。(実兄は作曲家・編曲家の上松範康。夫は、作曲家・編曲家の藤間仁。)

略歴・人物
1994年・12歳の頃、母・クリスティーナ上松の影響でアルパに興味を持ち、習い始めることに。

4年後の1998年にパラグアイの音楽祭「グアランバレフェスティバル(フェスティバル・デ・タクアレ)」で日本人初のアルパ奏者に選ばれ特別賞を受賞。その後数々の賞を受賞し、翌年(1999年)「ラテンアメリカアルパフェスティバル」(メキシコ・メキシコシティー)に出演。その後コンサート活動を続けるが、2003年に一旦活動停止。アイルランド、パラグアイなど、世界を巡りながらアルパの世界を広げていく。

2004年7月に活動を再開。2005年にキングレコードからユニバーサルミュージックに移籍し自身作曲のアルバムをリリースした。

2006年7月、兄・範康が主宰する作曲家集団「Elements Garden」のメンバーである藤間仁と結婚。

2007年、親友の水樹奈々のライブ『NANA MIZUKI LIVE MUSEUM』を初めて見に行く。同2007年開催の『NANA MIZUKI LIVE FORMULA at SAITAMA SUPER ARENA』には初めて「Heart-shaped Chant」の演奏に参加。2009年にも『NANA MIZUKI LIVE DIAMOND』に、当初は見に行くつもりであったが出演した。

2009年12月31日、水樹奈々が第60回NHK紅白歌合戦に出場。「深愛」を歌唱し、美香自身も奏者として共演した。

兄・範康によれば、譜面が読めないとのこと。このことは範康が2011年7月10日に投稿した自身のTwitterで明かされている。ちなみに範康も譜面が読めないことを告白している。また、範康はこの中で、「アルパはもともと譜面を必要としません。上松家でアルパを広めようとしたのは、譜面が読めなくたって音楽を楽しんで欲しいという気持ちがあったからです。」と記述している。

2014年12月7日、第1子となる男児を出産。

2016年6月に第2子の妊娠を公表し、10月25日に第2子の男児を出産。

2018年8月、201
「上松美香」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月29日(金) 04:44UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 上松美香(アルパ)

    アルパは本当に不思議な楽器です。 無数に見える弦を、優しく、激しく弾く超絶的な技法には驚くばかりです。 昨年は公演が中止になったので、今回は楽しみにしていました。 比較的静かな曲が多かったですが、アンコールを含めた最後の3曲は南米っぽくて、とても満足しました。 今回の公演をもって、育児のために、しばらく活動を控えるとのことですが、復帰する日を心待ちにしています。

    touch
  • 上松美香(アルパ)

    ホールの響きが豊かで心地良いコンサートホール 今回も美香ちゃんはとても楽しそうに演奏されて それが聞き手にとても伝わってくる心地よいコンサートでした 今日はCruzメンバー揃っての演奏もあり、楽しさが何倍にも感じられました 「牛乳列車」と言う曲は機関車の動きをアルパで上手に表現している楽しい曲 選曲の一品は「7月7日」 ・・・スローテンポの穏やかな曲です なぜ選んだ?・・・演奏があまりにも心地良くて寝落ちしそうになったので (^^ゞ

    abel227
  • 上松美香(アルパ)

    クリスマスらしい楽しい内容、素敵な音、最高でした。

    kurorhin
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

上松美香 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み