福田進一(フクダシンイチ) のチケット情報

お気に入り登録する
福田進一
福田 進一(ふくだ しんいち、1955年12月25日 - ) は、日本のクラシックギター奏者。大阪府生まれ。

オフィシャルサイト

https://shin-ichi-fukuda.themedia.jp/

人物・来歴
大阪にて、斎藤達也にギターの手ほどきをうける。

上宮高等学校卒業を経て関西大学商学部中退後、パリに留学。エコール・ノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセに師事し、同音楽院を首席で卒業。イタリア、キジアーナ音楽院にて最優秀ディプロマを取得。1981年にパリ国際ギターコンクールで優勝。それ以降、ソリストとして世界各地で公演やマスタークラスを開催するとともに、様々なオーケストラとも共演を行っているギタリストである。

フルートの工藤重典や佐久間由美子、チェロの長谷川陽子、ヴァイオリンの森下幸路、ジャズギターの渡辺香津美など、他ジャンルや他楽器の音楽家との共演も数多く、クラシック音楽界に幅広く認知されている。

また、教育者としても、鈴木大介、村治佳織、村治奏一、大萩康司、松尾俊介らの若手を育てており、現在は大阪音楽大学客員教授、エリザベト音楽大学客員教授。

クラシックギター界自体は、必ずしもスポットのあたるジャンルでは無いが、福田自身は度々メディアに登場し、特にNHKの番組ではライブ等を披露する事がある。演奏は言うまでもなく、大阪出身ならではの軽快なトークもまた格別である。フランス滞在期間が長いものの、南米の音楽にも造詣が深く、ヴィラ=ロボス「ショーロス No.1」はテレビで度々披露される。

ルネサンス音楽から現代音楽まで驚異的な数のレパートリーを持つだけでなく、野平一郎『アラベスクⅣ』、レオ・ブローウェル『悲歌』『ハープと影』、セルジオ・アサド『ソナタ』など、自身に献呈された楽曲も多い。

1999年、NHKでB'zのギタリスト松本孝弘の特集番組の中で、彼のトーク相手として福田進一が選ばれ、ギターについての各々の想いを語り合っていた。そこで両者は、ビブラート等の心で演奏するギターの価値について熱く語っていた。この収録においては、松本孝弘が当時福田が愛用していたギター(ロベール・ブーシェ作)を借用し、即興演奏をしていた(エレキ&フォークギターに当然ついているフレットポジションマークが、伝統的にクラシックギターにはつけられていないため、フィンガリング
「福田進一」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月19日(金) 06:07UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 藤木大地(Ct)/福田進一(g)

    福田さんの演奏は何度も聴かせていただいていますので、安心して伺いました。 今回19世紀初めのオリジナルのギター(!)を持って来て下さり、螺鈿細工の美しい外見と 煌めく軽やかな音が大変魅力的でした。 藤木さんは、NHKFMで聴いて以来ずっと聴きたかった方ですが、生で聴くと細かい振動まで 伝わって来て、期待を遥かに超えて素晴らしかったです。「死んだ男の残したものは」では涙が 止まらくなりました。次はぜひオペラで聴いてみたいと思います。

    ひらり
  • ギタリストたちの饗宴

    メンバーが変わってもいちも聴きごたえがあるが、今回も最後まであきさせないプログラムだった。 特に朴葵姫と荘村清のトレモロはどちらもすばらしかった。

    ごえもん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

福田進一 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み