石田圭祐(イシダケイスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
石田 圭祐(いしだ けいすけ、1955年8月15日 - )は、日本の男性俳優、声優。文学座所属。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。妻は声優の山像かおり。

出演作品
テレビドラマ
* 太陽にほえろ! (東宝 / NTV)
** 第431話「誰が彼を殺したか」(1980年) - 庄司稔
** 第712話「小鳥のさえずり」(1986年) - 伊藤伸也
* 暴れん坊将軍V 第12話「二人妻の用心棒」(1993年、ANB / 東映) - 浅見半助
* 特捜ロボ ジャンパーソン(1993年、ANB) - 関町刑事
* 義経(2005年、NHK) - 伊賀良目高重
* 風の果て(2007年)
* 臨場(2009年) - 大信田刑事
* 遺留捜査(2012年) - 立花裕一

映画
* 黒い雨(1989年) - 岡崎屋悠一
* テルマエ・ロマエ(2012年)

テレビアニメ
(省略)

ゲーム
(省略)

吹き替え
映画(吹き替え)
* アクアマン(アトラン王〈グレアム・マクタヴィッシュ〉)
* 悪党に粛清を(ヘンリー・デラルー〈ジェフリー・ディーン・モーガン〉)
* アフター・アース(ヴェラン〈グレン・モーシャワー〉)
* イグジステンズ(ウィトルド・レヴィ〈クリストファー・エクルストン〉)
* インファナル・アフェア 無間序曲(ウォン〈アンソニー・ウォン〉)※ソフト版
* インファナル・アフェアIII 終極無間(ウォン〈アンソニー・ウォン〉)※ソフト版
* エグザイル 戦慄の絆
* キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー(ジェファーソン〈スタンリー・トゥッチ〉)
* gifted/ギフテッド(グレッグ・カレン〈グレン・プラマー〉)
* キングコング: 髑髏島の巨神(ハンク・マーロウ〈ジョン・C・ライリー〉)
* グラディエーター(ジュバ〈ジャイモン・フンスー〉)※テレビ版
* クロスゲージ
* ゴールデンボーイ
* ゴーン・ベイビー・ゴーン(ニック・プール刑事〈ジョン・アシュトン〉)
* コンフィデンス(ビュターン〈アンディ・ガルシア〉)
* ザ・インタープリター
* 幸せのちから(ジェイ・トゥイッスル〈ブライアン・ホウ〉)※ソフト版
* ジュマンジ(カール・ベントレー〈デヴィッド・アラン・グリア〉)※テレビ朝日版
* 新・三銃士 ニュー・ジェネレーション
「石田圭祐」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月30日(木) 09:40UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 文学座アトリエの会「いずれおとらぬトトントトン」

    昭和のオリンピックが開催される頃、山奥にある精神に変調を来した患者を受け入れる病院での決まりきった日常に、ある日元香具師だという一人の患者が入院してきた。彼がどんな症状をかかえ、何故この病院にやってきたのか不明だが、彼が扇動する形で波風を立たせる。彼の計画とおり病室の扉の閂ははずされたが、従来の患者の反応は如何に……粗忽者には、時としてアトリエ公演が難解で、咀嚼できないことが多々あるのだが、本公演は、俳優陣はそれぞれの症状をそれらしく演じてはいるものの、粗忽者には不首尾で期待外れの作品であった。

    粗忽者の早とちり
  • 「プラトーノフ」

    豪華な俳優さん達の共演で期待し過ぎたのかも知れませんが、前半はダラダラ大量のセリフを聞かされ、何となく退屈で睡魔が…隣の方は寝息をたてておられました。(汗)後半からは舞台にも動きが見られ、セリフと仕草で楽しませて頂きました。主人公に感情移入とまではなれず残念でしたが、藤原さんの美声は堪能しました!

    かれっじ
  • 「プラトーノフ」

    戯曲と聞いて、難しい感じなのかと思っていましたが、 全然そんなことはなく、わかりやすく、随所に笑いもあり、 役者さんそれぞれが個性的で、とても楽しい舞台でした。

    だでぃママ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

石田圭祐 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み