ミッシャ・マイスキー(MISCHA MAISKY) のチケット情報

お気に入り登録する
ミッシャ・マイスキー
(c)Bernard Rosenberg
ミッシャ・マイスキー(Mischa Maisky, 1948年1月10日 - )は、ラトヴィア(旧ソビエト連邦)出身のチェロ奏者。名前はミーシャとも。ラトヴィア語名はミシャ・マイスキス(Miša Maiskis)。

現在もっとも活躍している世界的チェリストのひとりである。同じリガ生まれのヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルはマイスキーの1年先輩にあたり、クレーメル主宰のロッケンハウス音楽祭には定期的に出演している。

マルタ・アルゲリッチや娘の(省略)などピアニストとの共演をはじめ、室内楽にも精力的に取り組んでいる。 レパートリーは幅広く、チェロ用に書かれた作品のほか、シューベルトやR.シュトラウスの歌曲をチェロで演奏するという試みもある。

経歴
1948年、リガ生まれ。ユダヤ人の家系で、8歳からチェロを始める。リガ音楽院を経て1962年にレニングラード音楽院付属音楽学校に入学する。マイスキーは少年時代からヨハン・ゼバスティアン・バッハの音楽に惹かれていたという。

1965年、17歳で全ソビエト連邦音楽コンクール優勝。同年、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団と協奏曲を弾いてデビューする。

1966年、チャイコフスキー国際コンクール6位入賞。このとき、コンクールの審査員だったムスティスラフ・ロストロポーヴィチに才能を認められ、モスクワの自宅に招かれて指導を受けることになる。

1969年、姉がイスラエルに亡命したことにより、マイスキーの一家はソビエト当局の監視下に置かれることになる。

1970年、マイスキーは逮捕され、ゴーリキー郊外の強制労働収容所で18か月間の生活を強いられる。師のロストロポーヴィチも別荘でアレクサンドル・ソルジェニーツィンをかくまい、ソビエト当局から演奏活動を停止させられている。出所後も兵役を命じられたマイスキーは、ユダヤ人医師に相談、医師はマイスキーを精神病院に入院させることで、兵役を回避したという。

1972年、国外移住を認められて11月に出国、渡米する。

1973年、イスラエルに移住する。同年カサド音楽コンクール優勝。カーネギーホールでリサイタルを開催する。リサイタル後に招かれた匿名の老紳士宅で演奏したマイスキーは、紳士から1720年製のモンタニャーナのチェロを贈られたという。マイスキーは現在もこの楽器を使用している。

「ミッシャ・マイスキー」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年09月29日(土) 11:48UTC
公演レビュー
  • 70歳記念トリオコンサート

    マエストロ(ミッシャマイスキー)はもちろんだが、 今回、特に演奏のすばらしさが際立っていたのが、ピアノのリリーマイスキーだった。 父譲りの情緒豊かで力強い演奏は、本当に素晴らしく、良い演奏会だった。 毎年のように、親子コンサートをしているので、来年も東京に来てくれるのが楽しみなのと、 リリーマイスキー自身のソロCDやコンサートツアーもあったら絶対行くのにな~と思う。

    NAPO
  • ミッシャ・マイスキー チェロ・リサイタル

    まさに世界一。熱意と緊張感は、70にして衰えず。娘さんとの呼吸も完璧。アンコールも4曲披露して頂いた。秀逸の演奏会だった。

    きりきり
  • ワディム・レーピン(vl)/諏訪内晶子(vl)/ミッシャ・マイスキー(vc)/ニコライ・ルガンスキー(p)

    レーピンと諏訪内さんとの共演ということでとても楽しみにしていた公演です。バイオリンの音色は奏者で様々と聞いてはいましたが、諏訪内さんの艶のある強い奥行ある音色とレーピンの見た目とは全く異なる若木のような音色の違いにまずは驚きましたが、音色は個性であることを納得致しました。演奏された楽曲は普段耳にするものではありませんでしたが、とても興味深く一流の奏者の演奏を楽しむことができました。このような企画はとても興味深いものであると同時に新しい世界観を感じられるすばらしいものでした。

    Miyuki3
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ミッシャ・マイスキー のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み