KICK THE CAN CREW(キックザカンクルー) のチケット情報

お気に入り登録する
KICK THE CAN CREW
KICK THE CAN CREW(キック・ザ・カン・クルー)は、日本のヒップホップグループ。所属レコード会社はビクターエンタテインメント(インディーズ、及びLP版はBURGER INN RECORDSでリリース)。通称「キック」、雑誌等では頭文字をとって「KTCC」とも表記される。グループ名を直訳すると「缶を蹴る奴ら」。その由来は、それぞれ活動していた3人が初めてコラボレートした楽曲「カンケリ」から来ている。RHYMESTER等が在籍するコミュニティFUNKY GRAMMAR UNITや神輿ロッカーズの一員でもある。

メンバー
* LITTLE(リトル、1976年5月7日 - ):MC
* MCU(エムシーユー、1973年8月1日 - ):MC
* KREVA(クレバ、1976年6月18日 - ):MC、トラックメイカー

サポートメンバー
* DJ SHUHO(ディージェイ・シューホー、1976年10月8日 - ):DJ
:: 2004年の活動休止まで活動。
* 熊井吾郎(くまい ごろう、1983年7月1日 - ):DJ
:: 2017年の再始動以降、DJを務める。上京後にSONOMIのライヴDJとして活動後、2006年にKREVAの楽曲「THE SHOW」のリミックスを務め、その後はKREVAのライブサポートとして活動。

来歴
BY PHAR THE DOPESTのKREVA、RADICAL FREAKSのMCU、DJ SHUHOとソロ活動をしていたLITTLEとそれぞれバラバラに活動していた3人が初めて共演した曲「カンケリ」(コンピレーション『THE BEST OF JAPANESE HIPHOP vol.7』に収録)をきっかけに意気投合。ユニット名はその曲名からKICK THE CAN CREW(=缶蹴る奴ら)と名づけられた。その後もインディーズでリリースを重ねていった。

当時から個々の活動も行っており、KREVAはBY PHAR THE DOPESTとしての活動の他にソロMCとしてB-boy ParkのMC battleに於いて3連覇(1999 - 2001)を達成。MCUはRADICAL FREAKSの他にアルファらと共に東京U家族で活動(後にMCUが結婚したと同時に解散)。LITTLEは3人の内でも早くからソロアルバムをリリースしていた。

2
「KICK_THE_CAN_CREW」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月25日(木) 15:20UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019

    1人で初参戦、不安だったのですが、ネット上にいろんなガイドラインがあったので、準備して向かうことができました。 目当てのアーティストが夕方からだったので、午後から参加したため、行きの電車もバスも混まずに快適でした。意外に特急の指定席が売り切れてギュウギュウ……ということもなく都内まで戻れたのもよかったです。 全く知らなかったアーティストも、音が聞こえて気になっていったら、とても楽しいライブにしてくれたりして、1人でも十分楽しめました。 体力のない身には、半日参加くらいでちょうどよかったです。 会場内に日陰があったり、水分を至るところで販売していたりと、運営側も十分配慮してくれていますが、やはり会場はものすごく暑く、人ごみもすごいので、初めての人ははりきって1日いようとしなくてもいいのかも……と思います。 夏の素敵な思い出ができました!

    ぶたさん
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019

    家族3人で初日に参戦。 行きの勝田駅からのシャトルバスはどんどん来て待ち時間がほとんどなく、スムーズに乗れました。 帰りはセカオワを最後まで聴いて、花火まで見て、テントを片付けてからバス待ちの列に並びましたが21時ちょうどに勝田駅に着きました。 駅前のコンビニは長蛇の列でしたが、そこを横目で見つつスルーして、ホームにあるNewDaysに行けば、並ばずに晩御飯が買えます。 これだけの大群衆をよどみなくさばき切る、スタッフの皆様のスムーズな運営に心から感謝です。楽しい一日を過ごせました。

    Runfun
  • 葉加瀬太郎 サマーフェス’18

    「フェス」と名の付くものに参加したのは、2回目です。今日はとても暑かったので熱中症で運ばれる人を何人か見ました。 皆さんも熱中症には十分気を付けましょう。 フェスなので、一人一人の持ち時間は短いですが、みんなが葉加瀬さんとのコラボをして、時間は”あっ”という間に終わっていきました。 何度か、何人かのコラボもあり、とても楽しめました。 通常のホールでのコンサートより身近に感じられた気がします。 明日は、また別のアーティストが参加する公演がありますので、行かれる方は気を付けて。

    あっぷー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

KICK THE CAN CREW のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み