OSK日本歌劇団(オーエスケーニッポンカゲキダン, OSK NIPPON REVUE COMPANY) のチケット情報

お気に入り登録する
OSK日本歌劇団(オーエスケーにっぽんかげきだん)は、日本の劇団。宝塚歌劇団・松竹歌劇団(SKD)と並ぶ三大少女歌劇のひとつ。1922年(大正11年)4月、松竹楽劇部(前身)として創設された。2003年(平成15年)5月に一時解散したが、同年8月からの団員有志による「OSK日本歌劇団存続の会」として実質的に活動を継続し、翌年4月に「New OSK日本歌劇団」として再結成。2007年に再び「OSK日本歌劇団」に改称し現在に至る。

OSKとは、以前の劇団名であった「大阪松竹歌劇団」(Osaka Shochiku Kagekidan) の略称。

概要

未婚の女性により構成されるレビュー劇団。男役・娘役が存在するが、男役→娘役だけでなく娘役→男役の転向の例もある。生年・本名は非公表だが、芸名に本名を用いることが可能。

かつて、宝塚とは同じ関西でしのぎを削り、「歌の宝塚、ダンスのOSK」と並び称された。また同じ松竹が経営していたSKDは、OSKの後に東京を本拠とする劇団としてつくられ、大阪本拠のOSKとの棲み分けを図った。しかし、SKDが発足したことなどでOSKは東京での公演が長らく不可能となり(再開はOSK創立70周年を迎えた1992年。SKDは1990年にレビュー最終公演を行い、1992年よりミュージカル劇団となった)、その間、宝塚は東京に東京宝塚劇場を設置して常時公演できる体制を整え、関東圏など全国レベルでの人気・知名度で大きく差を付けられることになった。

現在は、大阪松竹座や京都南座での松竹主催公演、福井県越前市のたけふ菊人形会場での1か月公演、大丸心斎橋劇場や近鉄アート館での年間5,6本の自主公演、2011年より9月に恒例となった東京・三越劇場公演、イベント出演、ディナーショー等で活動している。松竹座・南座公演は、二部構成のレビューとなっており、第一部が和物、第二部が洋物の計約2時間で構成されていることが多い。上演時間が約1時間で、休憩を挟まないたけふ菊人形公演も、2013年までは和物と洋物の二部構成のレビューであった。

旧来より「ダンスのOSK」として知られ、特に、速いスピードで高く足を上げるラインダンスは、劇団の名物の一つともなっている。(劇団によると、劇団史上最速の脚上げのテンポは「CRYSTAL PASSION 2016 ~情熱の結晶~ 第二部 
「OSK日本歌劇団」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月05日(月) 12:53UTC
公式サイト
公演レビュー
  • OSK日本歌劇団「REVUE JAPAN」

    どんなものかと、不安半分で行ったところ、大変良かった。愛瀨さんの光源氏は、姿良く、歌もたっぷり。千咲さんの女御姿は、気品あり、今回は歌も合っているのか、上手い。二人の身長差が、なんだかいい。民謡は、テンポ良く、アレンジも面白い。また、訪れたい。今後の進化が楽しみ。

    PIN
  • 南座新開場記念 『OSK SAKURA REVUE』

    サクラ大戦のファンと思われる男性客に挟まれての観劇でした。 まるで「美女と野獣」を思わせるストーリーや、 桐生麻耶さんの海の公子役に魅了しました。 再演を希望します。

    atlas
  • OSK日本歌劇団

     千秋楽の観劇でした。虹架さんと愛瀬さんのダブル主演でした。今年がオーストリアと日本の国交が150周年らしくて宝塚もオーストリアが舞台の公演とフレンチロックでモーツアルトをしますし,東宝のエリザベートの長めの公演になっているようですね。  さて,サリエリがモーツアルトの墓に花を手向けてモーツアルトとの出会いからスタートします。サリエリの虹架さんは全場面ブラックの衣装,モーツアルトの愛瀬さんは白の衣装で二人の相対する生き様を演じていました。  虹架さんは日本物の美しさが頭にあったのですが,黒の衣装が似合っていて,歌も素晴らしかったです。モーツアルトの才能を認めてはいるが,彼への嫉妬が渦巻いていてよかったです。  愛瀬さんはやや個性的な役が多い男役さんです。最初に登場した時のコンスタンツェとのシーンでは自由に生きる天才モーツアルトの感じがしました。音楽の神が彼に舞い降りたがゆえに作品の執筆に突き進んでいく悲劇や父親との確執,認められないジレンマがとても共感できました。  ヒロインのコンスタンツェの千咲さん。悪妻のイメージが強い役ですが,演出ではモーツアルトを信じている妻の方を強調しているので,彼女のいちずな演技がよかったと思います。  この作品,ほとんどが下級生で台詞や歌の経験がなかったと思います。それを引っぱっていったのが緋波さんの力だと思います。モーツアルトの父としての存在感。登場しての芝居や歌で空気が変わりましたね。  もう一人,オペラ歌手の城月さんの存在も大きいと思いました。劇中のオペラの場面の歌が全て彼女が歌っていて,鳥肌がたちましたね。今のOSKでこれだけ歌える人は彼女だけだと思います。彼女をもっといろんな場面で使ってほしいと思っています。  ダンスのOSKと言われていますが,今回は歌がかなりメインになっていました。皆さんそれなりに歌っていましたので,本当に努力されたなあと思いました。下級生たちも歌や台詞がまだ固いと思ったところがありますが,今回のこの作品で経験したことを次に生かしてほしいと思っています。  千秋楽で終わった後,出演者たちとのハイタッチがありました。全員とできてうれしかったです。OSKはもともと好きですが,作品と時間的なことを考慮して見に行けたらと思っています。

    ちくちく
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

OSK日本歌劇団 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み