桑野信義(クワノノブヨシ) のチケット情報

お気に入り登録する
桑野 信義(くわの のぶよし、1957年4月4日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ミュージシャン(トランペット奏者)。「ラッツ&スター」メンバー。東京都大田区出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(エキサイティング・トリガー)所属。愛称は桑マン(クワマン)。

略歴
生誕から高校卒業まで
1957年4月4日、東京都で出生。父親はプロトランペッターの先名信勝(本名・桑野信勝)。祖父は軍隊でラッパ手をしていた人物で、桑野曰く「ある意味、親子3代ラッパを生業とした家」。父は1963年に放送のテレビアニメ『エイトマン』主題歌の演奏にトランペットで参加しており、信義自身も30年後にリメイクされたOVA『エイトマンAFTER』で主題歌のトランペット演奏及び歌唱を担当している。

東京都大田区立大森第八中学校卒業。

正則高等学校卒業。ジャズのトランペッターとなった。その後、シャネルズ(後のラッツ&スター)に参加したのは、幼稚園から中学校まで一緒だったリーダーの鈴木雅之から「サックスが抜けたので手伝ってくれ」と言われたことがきっかけである。

その頃桑野は渋谷のグランドキャバレーでトランペットを吹いて月18万ほど稼いでいたが、シャネルズはまだアマであり他メンバーが昼間働いていたため、桑野もそれにならってキャバレーを辞め、昼間の様々な仕事をしたが、トラックの配送業務は会社を出れば束縛されないことに気づき、凸版印刷や西濃運輸で仕事をしたという。

シャネルズ結成からラッツ&スター活動休止まで
1975年、鈴木雅之らとともにシャネルズ結成。

1977年、YAMAHA「EAST WEST'77」出場し入賞。予選からサザンオールスターズと競い合う。1978年、YAMAHA「EAST WEST'78」出場。優秀グループ賞受賞。同年、大瀧詠一「LET'S ONDO AGAIN」に2曲参加。1980年2月25日、「シャネルズ」のメンバーとして『ランナウェイ』でデビュー。110万枚の大ヒット。その後『街角トワイライト』、『トゥナイト』、『ハリケーン』と数々のヒットを生む。

1983年4月1日、グループ名を「ラッツ&スター」に改名。改名後初のシングル『め組のひと』が60万枚を超える大ヒット。1986年頃、ラッツ&スター活動休止。メンバーそれぞれがソロワークを始める。19
「桑野信義」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月24日(月) 11:57UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 志村けん一座 第13回公演 「志村魂」

    久しぶりに観覧しました。息子と母がすごく楽しみにしていました。82歳の母が大ウケで次回も行くとはりきっております。笑いと感動をありがとうございました。

    カコペンギン
  • 志村けん一座 第13回公演 「志村魂」

    今回で4回目です。 毎年これを観ないと夏が来た感じがありません。 今回は少し内容が変化して飽きずに見れました。笑

    ぴいちゃん
  • 志村けん笑2018

    最初から最後まで楽しませてくれた、素晴らしい公演でした。いたるところにギャグが含まれていて、めちゃめちゃ笑いました。とても楽しかったです。また見たいです。

    カベナギ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

桑野信義 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み