中山祐一朗(ナカヤマユウイチロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
中山祐一朗(なかやま ゆういちろう、1970年9月9日 - )は、日本の俳優。岐阜県可児市出身、ドイツ帰国子女。演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」所属。所属事務所はゴーチ・ブラザーズ。

明治大学の演劇サークル「騒動舎」を経て、1995年「iOJO!」を結成、1997年に退団。
阿佐ヶ谷スパイダースへは1998年『SPIDERS LIMITED』以降の全公演に出演。正式加入は2001年の『ライヒ』より。
ほんわかした雰囲気の中に、時折見せる狂気が持ち味。

主な作品
舞台
*1998年
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『SPIDERS LIMITED』
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『鮫'98』
*1999年
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『メロディ』
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『綺麗』
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『スキャンティ・クラシッコ』
*2000年
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『イヌの日』
*2001年
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『ライヒ』
** 長塚JESUS 『テキサス〜』
** KERA MAP 『暗い冒険』
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『日本の女』
*2002年
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『十字架』
** パルコ・リコモーションプロデュース 『ダブリンの鐘つきカビ人間』
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『ポルノ』
** パルコプロデュース 『マイ・ロックンロール・スター』
*2003年
** パルコ・リコモーションプロデュース 『人間風車』
** ペンギンプルペイルパイルズ 『ドリルの上の兄妹』
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『みつばち』
** パルコプロデュース 『ウィー・トーマス』
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『ともだちが来た』(演出)
*2004年
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『はたらくおとこ』
** ヴィレッヂプロデュース 『真昼のビッチ 〜The Bitch Shouts in the Midday.〜』
** G2プロデュース 『痛くなるまで目に入れろ』
** パルコプロデュース 『ピローマン』
*2005年
** 阿佐ヶ谷スパイダース 『悪魔の唄』
** パルコプロデュース 『LAST SHOW -ラストショウ-』
** damim 『ハイキングフォーヒューマンライフ』
** パルコ・リコモーションプロ
「中山祐一朗」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月02日(土) 12:35UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「エダニク」

    とにかく3人の役者の技量に圧倒されました。 面白さのなかに人間そのものを感じる作品だったなという印象を強く受けました。 また、カップ焼きそばが食べたくなる作品です!

    かんちぽぴ
  • 「エダニク」

    横山拓也さん(iaku)さんが、10年前に日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞した作品、いわば横山さんの出世作、……なんて、どこか評論家気分な気分は、観ててすぐに吹き飛んだ。ある意味.、激しい動きも伴うはつらつとした会話劇(討論劇と言っても良い)という点では「新人(当時)の作品」らしいのかもしれないが、既にして円熟の境地。セリフ運びの妙、ストンと腑に落ちる部分とあとに尾を引く余韻とのバランスの良さ、労働や差別などこの劇に関わる様々な分野への目配り、どれをとっても卓越していた。 上演はじめは、ややノリと間に難ありと思えなくもなかったが、役者陣のお三方の演技はは、安定感も、ロックでいうドライブ感もあって、安心かつノリノリで舞台を見ることができた。はるか遠い田舎から浅草まで観に行った甲斐があった、というより観なかったら大損をしてた、と今思っている。

    牛田モー吉
  • 「エダニク」

    大鶴さんと脚本が良い。 稲葉さんはうるさい、中山さんは軽い。2人がそれぞれの役の内面にもっと迫れればクライマックス3人のぶつかり合いが見ものになるのに、ざんねん。

    あさくさすき
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中山祐一朗 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み