梅沢昌代(ウメザワマサヨ) のチケット情報

お気に入り登録する
梅沢 昌代(うめざわ まさよ、1953年7月27日 - )は、東京都出身の女優。シス・カンパニー所属。東京都立竹台高等学校卒業。

人物・略歴
1974年に文学座の公演『ふるあめりかに袖はぬらさじ』で初舞台を踏む。

退団後は、松本修の主宰する演劇集団MODEに1994年まで参加。

以後も多くの舞台、映画、テレビドラマに出演している。井上ひさし脚本の舞台作品の常連出演者。

竹台高等学校で演劇部に所属、演劇部後輩に片岡鶴太郎がいた。

今でも片岡は梅沢に会うと演劇部後輩として敬意のある挨拶をしている。

出演
舞台
* ふるあめりかに袖はぬらさじ(1974年、文学座 作:有吉佐和子 演出:戌井市郎)
* 日の浦姫物語(1978年、文学座 作:井上ひさし 演出:木村光一)
* ジェルソミーナ(1984年、文学座/パルコ 脚本:金子成人、小林勝也 演出:小林勝也)
* 事ありげな夏の夕暮れ(1985年、文学座 作:竹内銃一郎 演出:西川信廣)
* 越前竹人形(1986年、地人会 作:水上勉 演出:木村光一)
* 会社の人事(1987年、龍昇企画 作:犬井邦益 演出:松本修)
* 夏のエチュード(1988年、ちかまつ芝居 構成:石川耕士 演出:松本修)
* 秋のエチュード(1988年、ちかまつ芝居 構成・演出:松本修)
* 逃げ去る恋(1989、1991年、MODE 構成・演出:松本修)
* 言いだしかねて(1989、1991年、MODE 構成・演出:松本修)
* 会社の人事 -すてきなあなた-(1989年、MODE 台本・構成:アントン・チェーホフ、犬井邦益、松本修 演出:松本修)
* あなたはしっかり私のもの(1990年、MODE 構成・演出:松本修)
* 待ちましょう(1990年、MODE 構成・演出:松本修)
* ぼくの伯父さん Mon Oncle(1990年、MODE 構成・演出:松本修)
* ぼくの伯父さんの会社の人事(1991年、MODE 構成・演出:松本修)
* きみのともだち(1991、1993年、MODE 構成・演出:松本修)
* 今宵かぎりは(1991年、MODE 構成・演出:松本修)
* 乙女のワルツ(1992年、MODE+かもねぎショット 作:MODE・かもねぎショット 演出:松本修)
* 魚の祭(1992、1993年、MODE×青春五月党 作
「梅沢昌代」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月16日(日) 08:02UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「ピアフ」

    大竹しのぶの可愛いさ、歌唱力、台詞の明瞭さ、脇役陣の歌唱力最高。 ピアフの人生が良く出ていた。 大満足の一夜でした。

    nagaokayatt
  • 「ピアフ」

    なんかもう、痺れた。 とにかく、素晴らしかった。 女優魂。 後半、母と号泣。 脇を固める男性陣のお芝居も素敵でした。 舞台って素晴らしいですね。 ウチ、テレビ置いてないのですが、 やっぱテレビはいらないや。 前から4列目。 幸せでした。

    えりお
  • 「ピアフ」

    世紀の歌姫、 シャンソンの女王であるとともに、 その愛の激しさでも知られる エディット・ピアフの一生を描いた舞台。 とにかく、ものすごいエネルギー量。 小さな体からあふれる歌声の力強さは、 生前のピアフの激しい生きざまを表すのと同時に、 それを演じる大竹しのぶのすさまじさも教えてくれます。 この公演は週に一度くらいの休みを除いて毎日、 一ヶ月以上は続くと思いますが、 その間、この激しい立ち回りを3時間でずっぱりで演じて、 それでも平気なのがすごい。 しかし、恋に生きたピアフ。 その激しさは聞いてはいましたが、 その恋の相手は生涯に一人やふたりではなかった。 歌と恋に生きたピアフの生きざま。 それを大竹しのぶが激しくも力強く熱演しています。

    鈴村修
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

梅沢昌代 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み