中川晃教(ナカガワアキノリ) のチケット情報

お気に入り登録する
中川晃教
中川 晃教(なかがわ あきのり、1982年11月5日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。宮城県仙台市出身。

来歴
小学生時代から作曲を始め、地元の学校に通いながら音楽活動を続ける。東北高等学校を経て東北文化学園大学入学。

高校在学中、地元のテレビ局でとり上げられ、徳間ジャパンのプロデューサーの目にとまり、2001年8月1日自身が作詞作曲をした「I WILL GET YOUR KISS」でデビュー(2006年に独立)。同曲はTBS系ドラマ『マリア』の主題歌 に起用されスマッシュヒットとなる。また同年、第34回日本有線大賞新人賞 を受賞する。

同年発売された2ndシングル「I say good-bye」もテレビ朝日系ドラマ『最後の家族』主題歌に起用された。

2002年、日本初演となるミュージカル『モーツァルト!』の主演に抜擢される。初舞台で数々の賞を受賞するという前例のない快挙を成し遂げた(省略)。

宮城県より「みやぎ夢大使」、気仙沼市より「リアスさんりく気仙沼大使」に任命。

2004年、First Album「中川晃教」が台湾でリリースされCDデビュー。自身の楽曲を使用した初のLIVE ACT「himself」 を上演。劇団☆新感線・初の本格的ロックミュージカル『SHIROH』に神の声をもつ少年シロー役で主演を務める。

2005年、台湾で初のコンサートをRed Play Houseにて行う。

2006年、数多くの映画音楽を手がける世界的作曲家マイケル・ナイマン率いるマイケル・ナイマン・バンドの来日コンサートにゲスト出演をする。吉村作治の早大エジプト発掘40年展のオフィシャルテーマソング「BLUE DREAM」書き下ろす。音楽・演出を手掛けたLIVE ACT第二弾『BLUE DREAM』を上演。

2007年、蜷川幸雄演出の舞台『エレンディラ』にウリセス役で主演を務める。日本版として初舞台化されたロックオペラ『Tommy』に主演。

2008年、ファッションと80年代の音楽をイメージした『SHAMPOO』、アコースティックなサウンドを確立した『BOB』、物語とライブ感を重視した『SKIN』の3つの音楽プロジェクトを立ち上げ、コンサートツアーを行う。SHAMPOOはテクノポップ、BOBはアコースティック、SKINはロック。

2009年、ピ
「中川晃教」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月15日(土) 23:48UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 中川晃教

    音楽を愛するアッキーの魅力溢れる素敵なステージでした。 一人ボヘミアン・ラプソディはとてもかっこよかったです! アッキーのオリジナル曲は あったかくて、希望が溢れる曲ばかりでした。メロディも美しくてさすがでした。 アンコールの見上げてごらん夜の星を 心にしみました。 地元にアッキーがくる!と喜んで行きましたが、行って本当によかったです!元気と癒しもらいました。 素敵な時間をありがとうございました。

    バリー
  • 銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』 さよならメーテル~僕の永遠

    前作観てなくて今回初めて観ました。てつろうの純粋さやメーテルの物寂しさが良く伝わってきて良かったです。

    ねこのももちゃん
  • 銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』 さよならメーテル~僕の永遠

    去年に続いて、銀河鉄道999の舞台公演です。 原作ファンとしては今回も楽しむことができました。 メーテルがあの格好で登場したり、 ハーロックが腕を組んで立っているだけで、 当時のファンは満足してしまうのです。 ですが一方、当時を知らない若い人からは、 この舞台がどの程度評価されるのか、 ちょっとわかりません。 いわゆる原作、アニメありきの舞台であり、 そのぶん、単体の舞台公演だけを観ると、 やはり少し心配ではあります。 去年の舞台よりもよくなっていたのが、 舞台装置や演出効果です。 CGやプロジェクションマッピングを使ったことによって、 宇宙空間や宇宙船の内部など、 多くのSF空間が見事に再現されていました。 もうひとつ去年よりもよかったのが、 歌や音楽の部分です。 俳優のソロの歌も増えて、 なかなか聴かせる舞台となっていました。 特にメーテルの歌については、 歌唱力もあり、訴えかけてくるものがありました。 主演の鉄郎の歌や台詞については、 もう少し改善の余地があるように感じました。 去年と比べて少し残念なのが、 ストーリーの都合上、アクションや躍りのシーンがあまりなかったこと。 去年出てきたアンタレスのアクションシーンなど、 役者がアクションや踊りでみせる部分に関しては、 去年のほうが多かったし好きでした。 ストーリー的に原作との関係もあり、 少し無理がある部分もありました。 それは、もとの原作やアニメに忠実であろうとすると、 どうしても避けられない問題です。 よくも悪くも、原作アニメとの関係がすごく強い作品です。 アルカディア号の自由な船員たちの姿が印象的でした。 また、様々な星をめぐってきたその思い出を語るシーンも、 原作を知るものとしてはすごく心に染みるいいシーンでした。 機械伯爵のエピソードについては、 今回の舞台オリジナルではないかと感じます。 これについては、うまくまとめたと思います。 最後のメーテルとの別れのシーンで、 メーテルガ鉄郎にキスをする場面。 40年前のアニメでもあのシーンは強く心に残りました。 舞台を観てあらためて当時のことを思い出しました。 40年も昔の僕は、 テレビをみながら、鉄郎やメーテルとともに旅をしていたのです。 その遠い記憶が、 この舞台によってよみがえってきました。

    鈴村修
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中川晃教 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み