cali≠gari(カリガリ) のチケット情報

お気に入り登録する
cali≠gari
cali≠gari(カリガリ)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。

概要
1993年結成(省略)。バンド名の由来は映画『カリガリ博士』。作品の美術的な部分や時代的な背景に加え、カリガリという言葉の響きの面白さと、カリガリ博士を知っている人にだけわかるキーワードになっていることから名付けられた(省略)。ファンのことを「cali≠gariを信奉する人」を意味する「カリガリスト」を略して「ガリスト」と呼ぶ。

メンバーチェンジの回数が多いバンドであるため、メンバー構成毎に活動期間を「第○期」と分類している。現在の編成は第8期。第7期編成にて2002年4月、メジャーデビュー。

2003年6月22日、日比谷野外大音楽堂でのライブをもって無期限活動休止となったが、2009年4月1日に消費期限付き(期間限定)での復活を告知。その後も活動を続け、2012年に改めて「“活動休止”の休止」を宣言、継続して活動中。

バンドリーダーである桜井青自身が主宰しているインディーズ・レーベル「密室ノイローゼ」に所属。メジャー契約での活動の際も密室ノイローゼ(インディーズ)から定期的に作品をリリースしている。

音楽性と影響
(省略)
(省略)
cali+gari名義時代は、大正末期から昭和中期にかけての世相をモチーフとした音楽性の、いわゆる正統派ヴィジュアル系バンドであり、ビートロックやバラードといった楽曲が主だった。

秀児が加入し、cali≠gariと名義を変えた第4期から「奇形メルヘン音楽隊」と称し、秀児の電波系キャラクターや奇抜なファッション、その楽曲や詞の特異性からカルト的な人気を呼ぶ。また、ジャズ、パンク、歌謡と、音楽性の幅も広がる。

リーダーである桜井青による作品は、死体性愛やカニバリズムなどのグロテスクな題材を、ポップな曲調や歌詞、明るいメロディで表現するなど極端な対比を狙った作品が多い。

桜井青がゲイである事から、新宿二丁目などの日本のゲイ文化を題材にした楽曲やパフォーマンスがある。 また、自らヴィジュアル系といわれるジャンルに属しつつも、「近代的コスメ唱歌」のように典型的なヴィジュアル系バンドやバンギャル(ヴィジュアル系の熱狂的ファン)を揶揄した内容の楽曲もあり、第7期メンバーによる覆面バンドLa' royque de zavyおよびその楽曲「MOON LIGHT白
「Cali≠gari」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月27日(火) 09:12UTC
公式サイト
公演レビュー

全0件を見る

まだレビューがありません レビューを投稿する

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

cali≠gari のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み