DC/PRG(ディーシーピーアールジー) のチケット情報

お気に入り登録する
dCprG
DC/PRG(ディー・シー・ピー・アール・ジー)は、日本のジャズミュージシャン菊地成孔主宰のビッグバンド。1999年に「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(デートコース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデン)」名義で結成。

概要
菊地の私淑するエレクトリック・マイルスをコンセプトの軸に、アフロポリリズムやファンク、現代音楽を取り入れることで、クラブカルチャー/ダンスフロアに、従来とは異なる律動構造をもったダンスミュージックを提示することを音楽的な主眼として結成された。

当初はDJ、キーボード、テナーサックスを兼任するバンドマスターの菊地の他に、キーボード、ギター2人、ベース、ドラムス2人、パーカッション、タブラ、ソプラノサックスの10人編成で結成された。2000年に菊地の私塾の生徒だった後関好宏(テナー/ソプラノサックス)が加入、11人編成となり、菊地はDJ、キーボードの演奏とバンドのコンダクトに専念するようになる。第二期(2003年〜)に入るとブラスセクション(トロンボーン、トランペット、チューバ)が増員され、14人編成と更に大所帯になる。

当初2002年に解散をすると宣言をしていたが、その後も活動を続けた。また、菊地がリスペクトするマイルス・デイビスや菊地雅章などジャズの楽曲だけでなく、ジミ・ヘンドリックス、ビージーズ、デヴィッド・ボウイらの往年の名曲もカバーしている。

2007年4月25日、O-EASTでのライブの本編終了後に活動終了を発表。理由としては「アメリカを表現したため、ファンクバンドとしての役目を終えた。あらかじめ活動終了をアナウンスすると、最近会場に足を運んでいなかった観客が押し寄せるだろうから、あえて当日まで秘密にしておいた」と語った。アンコールではメンバーが担当楽器を持ち替えて「Hey Joe」を演奏した。

2009年、マイケル・ヘンダーソン率いるエレクトリック・マイルス・リユニオンバンドの来日公演のダブルビルとしてのオファーを受け、一夜限りの活動再開が決定されたが、マイケル・ヘンダーソンのプロジェクト自体が頓挫し、単独ギグを行う事となり、併せて活動を本格的に再開する事になった。

2010年7月25日、菊地のサイトにおいて再集結が発表。再結成では無く新メンバーによる活動再開であること、バンド名をDate C
「DCprG」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月18日(木) 13:44UTC
公演レビュー
  • TABOO LABEL PRESENTS GREAT HOLIDAY

    菊地成孔率いるTABOOレーベル(ソニー傘下)の創立5周年を記念した フェス形式のオールスタンディングショーケースライブ。 ものんくるのレーベル離脱が発表されたため、 このメンバーが一堂に会するのも 本当にこのライブだけになってしまった。 とにかく、すまじいクォリティのライブで、 一切のダレ場なし。 行ったもの勝ち。 [出演順] ●菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール ●オーニソロジー ●市川愛 ●ものんくる(本公演をもってレーベルを離脱) ●(最終)SPANK HAPPY ●けもの(ゲスト:吉田沙良) ●JAZZ DOMMUNISTER ●DC/PRG(ゲスト:OMSB) [3pm開始 10:15pm終了]

    MonoWaTameshi
  • dCprG

    千住さんが隠れて見えない! ちょとチッタのステージは広さが足りなかったかも。 それらを差し引いても十分見ごたえのあるステージでした。 菊池さんはじめ皆様おつかれさまでした。

    千住さんおし
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

DC/PRG のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み