羽場裕一(ハバユウイチ) のチケット情報

お気に入り登録する
羽場 裕一(はば ゆういち、1961年4月1日 - )は、日本の俳優。所属事務所はシス・カンパニー。長野県伊那市出身。

来歴
長野県高遠高等学校卒業、駒澤大学文学部3年中退。

1982年、大学在学中に劇団「夢の遊眠社」のオーディションに合格し役者の道に。同年の『野獣降臨』を皮切りに、1990年の『半神』では主演をつとめた。1992年の解散まで同劇団の全公演に出演して、舞台俳優として活躍。その間の1987年、日本テレビ『僕の先生モヒカン刈り』でテレビドラマ初出演。遊眠社解散後は映像ジャンルに本格的に進出。舞台をはじめ、ドラマ、映画でも活躍する実力派俳優。

1994年からTBS昼ドラマ『ぽっかぽか』に出演。七瀬なつみ演ずる主人公の夫役・田所慶彦を好演。幼い一人娘に父母は「ちち・はは」と呼ばれ、心優しい父親役で人気を集め、地位を確立。同作は好評でシリーズ化され、1996年の第3作まで続いた。

2012年舞台「ルーマーズ~口から耳へ、耳から口へ」、2013年舞台「象」、2015年には舞台『放浪記』などに出演。NHK『眠れる森の熟女』、NHK BSプレミアム『アイアングランマ』、フジテレビ『高校入試』、テレビ朝日『最強のふたり〜京都府警特別捜査班〜』、2016年にWOWOWプライム 連続ドラマW『沈まぬ太陽』、NHK BSプレミアム『子連れ信兵衛2』に出演、多くのドラマで活躍。

小学生の時から俳優になるのが夢だった。特技は、ギター。

出演
テレビドラマ
* 大河ドラマ(NHK)
** 武田信玄(1988年) - 水野又兵衛 役
** 太平記(1991年) - 洞院公敏 役
** 新選組!(2004年) - 山岡鉄太郎 役
** 花燃ゆ(2015年) - 長井雅楽 役
* 愛しあってるかい! 第2話「危険!うちの生徒に手を出すな」(1989年、フジテレビ) - 商社マン 役
* ダブル・キッチン 第7ラウンド「嫁姑ガマンの限界」(1993年、TBS) - 森田純一 役
* 誰にも言えない(1993年、TBS) - 松永伸吾 役
* 土曜ワイド劇場→土曜プライム・土曜ワイド劇場→日曜ワイド(テレビ朝日)
** 松本清張スペシャル・鉢植えを買う女(1993年12月11日) - 森肇 役
** 湖畔の別荘 殺しのパズル(1994年6月4日) - 岡本直樹 役
** 7人
「羽場裕一」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月30日(火) 23:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • No.9 ー不滅の旋律ー

    3年前の初演の時は、チケット争奪戦に敗れて、観られませんでした。 なので、今回が初観です(吾郎ちゃんを生で拝見するのも初めて)。 話は、ベートーヴェンが「第九」を作るまで、と聞いていましたが、「第九」だけに焦点が当てられているわけでもなく、どちらかと言うと、家族やピアノ工房、ウィーンの街の人たちとの人間模様が中心に描かれていたように思います。 ステージ両端には、本物のピアノが2台(2人のピアニストが演奏します)。 天井からはピアノの弦に見立てたものでしょうか、何本ものロープ?が下がっています。 シンプルだけどスタイリッシュで、白井晃さんらしくて、私は好きです。 稲垣吾郎さん、モジャモジャのヘアスタイルがベートーヴェンそのもの。 見た目だけでなく、偏屈で自己中で横柄で自信家で……でも繊細で孤独で臆病で……そんな天才の心の機微を、まるでベートーヴェンが乗り移ったかのように演じられていました。 ピアノ工房を営む夫婦の奥さん・ナネッテ(自身もピアノの製作をしている)役に、村川絵梨さん。 ピシッと筋の通った職人という感じで、ひときわ目を引きました。 ときおり奏でられる生ピアノ2台による演奏も素敵でしたし、何より群衆として登場するコーラスの皆さんによる「第九」が圧巻でした。 こういう偉人の伝記ものって、最後はちょっと悲しい結末を迎えたりするものですが、この舞台は「歓喜」の歌声の中、高揚した気分で終わります。 思わず、こちらまで(歌詞も知らないのに)歌い出したくなってしまいました。

    touch
  • ハングマン

    北九州芸術劇場中ホールにて 舞台「ハングマン」観劇。 マーティン・マクドナー作の戯曲を阿佐ヶ谷スパイダーズの長塚圭史が演出。 豪華キャスト。 素晴らし過ぎる。 舞台芸術の無限の可能性と進化。そして変わらない、揺るぎない演劇の持つ普遍性を再認識。 今回筆舌に尽くしがたい、名状し難い、カッコよ過ぎる舞台でしたが、中でも注目はこの18歳の富田望生の演技。 並居るベテラン俳優の、 またパンチの効いた濃いい人達に混ざって、この年齢にしてこの存在感。 いやいや 子供と動物にゃ負ける ってそんな話ではありません。 これからどんどん出て来ると思いますし。人気でるでしょーや。

    まいふな
  • 「ハングマン -HANGMEN-」

    マーティン・マクドナー原作、長塚圭史演出は2人の世界観が合致していて、いつもとても面白いです。今回は、新たな顔の大東さん、羽場さんの演技がすばらしかったです。

    jiima24
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

羽場裕一 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み