尾上松也(オノエマツヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
二代目尾上松也(にだいめ おのえ まつや、1985年1月30日 - )は、歌舞伎俳優。屋号は音羽屋、紋は抱き若松。本名は井上 龍一(いのうえ りゅういち)。父は六代目尾上松助、母は元新派女優の河合盛恵、祖父は新派名脇役の春本泰男、叔父は大谷桂三(初代尾上松也)、妹は新派女優の春本由香。松竹エンタテインメント所属。身長178cm。IMYのメンバー。

名前は、「也」にアクセントが付く(これについては、中村獅童が報道陣に注意を促したことがある)。

略歴
1990年(平成2年)5月、5歳のとき、歌舞伎座で父・松助の襲名披露に併せ、二代目尾上松也として『伽羅先代萩』の鶴千代役で初舞台。父・松助の襲名披露記者会見の前日に、当時の松竹会長の「息子はいくつになった?出しちゃえ」という鶴の一声で初舞台が決まった。

以後、父・松助の血を受け継ぎ、数々の子役で多くの賞を受ける。

10代後半から20代前半は、「弁天娘女男白浪」の伜宗之助などの若衆役や、「人情噺文七元結」の長兵衛娘お七、「児雷也豪傑譚話」成金コギャルお辰などの女形を中心に、父・松助が所属する、七代目尾上菊五郎率いる菊五郎劇団で活動してきた。

2005年(平成17年)12月、20歳のとき、父・松助が死去した。父の弟子であった3人には「何もできないから他の方に弟子入りし直してくれて構わない」と話したが、全員がこのまま松也の弟子となると言ってくれたという。「父親から受け継いだ一番の財産が、この3人の弟子であると考えている」と発言している。

父の死去後、「これまでのようにゆったりと過ごしているわけにはいかない」と、市川猿之助 (4代目)(当時は亀治郎)の自主公演出演をきっかけに、自らも2009年から自主公演『挑む』を年1回のペースで継続して主催している。

20代後半からは、「寿曽我対面」の曽我五郎時政、「隅田川花御所染」の猿島惣太、「菅原伝授手習鑑」の舎人桜丸、武部源蔵など立役を中心に活躍。

2014年は、端整な容姿と涼やかなよく通る声を活かし、一気に開花する年となった。6月にはコクーン歌舞伎にて「三人吉三」のお坊吉三に抜擢され、連日立ち見が出るほどの大成功を収めた(和尚吉三 中村勘九郎、お嬢吉三 中村七之助)。
以降バラエティー番組にも多数出演し、知名度も大きく上がった。12月にはNHK紅白歌合戦のゲスト審査員を務
「尾上松也_(2代目)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月14日(金) 12:41UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎

    昼の部 一、幸助餅 相撲狂いで没落した若旦那の大黒屋幸助が雷の愛想づかしにあって心機一転、幸助餅を売出し店を繁盛させる人情話。三つ扇屋女将お柳(萬次郎)の話で関取 雷五良吉(中車)の行動の真相が分かり、心温まる人情劇に思わず涙する。 二、於染久松色読販 お染の七役 中村壱太郎が七役の全てを勤める。<大詰め 向島道行の場>”こぶ巻き”と呼ばれる早変わり、筵にぐるっと巻かれたお染と傘を持った久松が一瞬のうちに入れ替わる、何度見てもどうなっているのか不思議です。

    tajiteru
  • 十一月花形歌舞伎 新作歌舞伎「あらしのよるに」

    歌舞伎を観たのは初めてでした。子供が小さいときよく読んでいた絵本のお話が歌舞伎になったということでぜひ観てみたいと思っていました。セリフに博多の方言などもおりまぜられ、役者さんのアドリブも入り、笑いあり、感動ありの迫力ある公演でした。 27日が千秋楽でなければリピートしたい。他の歌舞伎公演も行ってみたいと思いました。

    ゆゆゆう
  • 十一月花形歌舞伎 新作歌舞伎「あらしのよるに」

    不覚にも泣いてしまいました。たった一人で美味しい幕の内食べてお土産買って観たことのない新しい歌舞伎を観て笑って帰るのでしたが、感動と忘れかけていた自分の心にある良いものがメキメキと出てきました。九州まで来て観劇した甲斐がありました。本当に有難うございました。千穐楽まで皆様お体大切にご活躍くださいませ。

    おりはさむ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

尾上松也 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み