バイエルン放送交響楽団(バイエルンホウソウコウキョウガクダン, SYMPHONIEORCHESTER DES BAYERISCHEN RUNDFUNKS) のチケット情報

お気に入り登録する
バイエルン放送交響楽団
(c)Astrid Ackermann
バイエルン放送交響楽団((省略) (省略) 英語略称:(省略))は、ドイツ・ミュンヘンに本拠を置くバイエルン放送専属オーケストラ(放送交響楽団)である。

概要
戦後設立の比較的歴史の浅いオーケストラながら、ドイツを代表するシンフォニー・オーケストラとして、高い評価を受けている。英『グラモフォン』誌(2008年)や、『レコード芸術』誌(2008年)のオーケストラ・ランキングでは、常に上位にランクされている。同じくミュンヘンにあるミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団とも高レベルでのライバル関係を築いている。拠点はミュンヘンの王宮内にある(省略)。

バイエルン放送には、バイエルン放送交響楽団の他にもミュンヘン放送管弦楽団が所属している。フル編成のバイエルン放送交響楽団に対し、ミュンヘン放送管弦楽団は二管編成の中規模オーケストラで、オペラ、オペレッタのスタジオ録音を多く行なっている。こうした二楽団方式は、ベルリン、フランクフルトなど他のドイツの放送局でも見られる形態である。

沿革
第二次世界大戦終結直後からドイツ各地で放送オーケストラの設立ラッシュが始まり、各放送局が自前のオーケストラを持つようになったが、バイエルン地域の放送オーケストラは1949年に設立された。

初代首席指揮者にはバイエルン出身のオイゲン・ヨッフムが就任、設立記念公演は同年7月13日に行われた。このコンサートにはリヒャルト・シュトラウスも招かれ、自作の歌劇「カプリッチョ」の一部を指揮している。シュトラウスはこの公演の2ヶ月後に死去しており、この公演は彼の最後の指揮となった。初の公開コンサートは同年9月29日、初の定期公演は1950年の10月5日にいずれもヨッフムの指揮によって行われている。ヨッフムの指導のもとバイエルン放送響はその基礎を固めた。ヨッフムのレパートリーはドイツの古典派・ロマン派の作品が中心を占めていたが、バイエルン放送響としては、1951年から「ムジカ・ヴィヴァ」という現代音楽シリーズを開催、現代音楽の紹介という放送オーケストラらしい活動にも積極的に取り組んだ。

1960年、ヨッフムはアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団に転出、後任にはバイエルンの隣国チェコ出身のラファエル・クーベリックが就任した。クーベリックとのコンビは1978年まで続き、この時代に急成長を遂げた。クーベリッ
「バイエルン放送交響楽団」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月11日(月) 10:18UTC
公式サイト
公演レビュー
  • バイエルン放送交響楽団

    ヤンソンスさんが体調不良で来日できず、メータさんの代演でしたが、素晴らしい演奏会で感動しました。キーシンさんのピアノは期待に違わず弾き始めの音からビビッときました。圧倒的なテクニックと音色が素晴らしかったです。アンコールのチャイコフスキーとドビュッシーも圧巻でした。次回はキーシンさんの演奏会も聞きたいと思います。メータさんのR・シュトラウスもじっくりと堪能しまたた。メータさんも体調万全でないなかの代演で申し訳ないような感じさえしました。頭が下がりました。聴衆皆が惜しみなく温かい拍手いっぱいの演奏会でした。

    ちゅうさん
  • マリス・ヤンソンス(指揮)/バイエルン放送交響楽団

    とても感動的な音楽会でした。最後はほとんどの聴衆が立ち上がって惜しみない拍手を送り終演となりました。楽器の音色、迫力、情感、ダイナミックス、ヤンソンスさんの人柄や団員の方々の熱意が伝わる演奏だったと思います。ブラボーでした。

    ちゅうさん
  • バイエルン放送交響楽団

    ヤンソンス&バイエルン放送響を聴くのは3回目。すでに、この世界の頂点に立ち、前回はベートヴェンチクルスをこの上ない評価で成功させたその興奮もまだ記憶に新しい。そこに来て、今回取り上げられるのはブラームスピアノ協奏曲1番をツイメルマンのソロで。そして、ドヴォルザークの新世界より。ベートヴェンをやった後だけに、ずいぶんオーソドックスなプログラムにも思えたが、そこは21世紀の巨匠、単なる名曲演奏会ではない。ツイメルマンとのブラームス、二人の合間に隙間が生まれぬ密接かつ力強い協奏曲。ブラームスは協奏曲だけは苦手な自分にも、この巨匠2人の奇跡的な芸術性の共鳴にはもってこいの曲だ。類まれな集中力の高さに満席の会場も言葉を失う。そして、後半は新世界より。幾度となく聴いたことがあっても、ヤンソンスが取り上げる意味合いはさらに深い。ドヴォルザークが田舎街から出世して、世界的な作曲家としての地位を確立した後に作り上げ、この作曲家が音楽史上決して忘れられることがないことを決定づけた曲。まさにヤンソンスの今の立ち位置に共通するのかもしれない。だから人気はあっても7番や8番交響曲ではだめなのだろう。非常に充実した芸術家人生を送ったといわれる作曲家への、畏敬の念が感じられる圧巻の演奏。いわゆるドヴォルザークの世界観を味わいたいのであれば、それこそビエロフラーヴェク&チェコフィルの方がそのニーズに合うのであろうが、通常われわれが期待するような民族性に富むドヴォルザークの世界ではなく、あくまでヤンソンスのこれまで作り上げてきた交響楽の極みで、作曲家への敬意を演奏に込めるという、ひとつの境地に達した者のみが成しえる演奏だと感じた。いずれの音も無駄にせず、高らかに管が歌い、弦が厚くも薄くも重なる。1音1音に鳥肌が立つような、しびれあがるような感動が湧く。気づくと4楽章が終了し、通常の演奏会のような熱っぽいブラヴォーはあがらず、むしろ一瞬の沈黙を挟んで湧き上がる大喝采。 ヤンソンスは今後どのような演奏家人生を送るのか。70を超えて、自分なりに最終楽章を演じる準備をしているのだろうか。アンコールのグリーグの美しくも凍り付くような演奏にはそんな思いもよぎった。しかし、次はなんとスラヴ舞曲72-7で高らかに終演。まだまだヤンソンスの宝箱のようなレパートリーを楽しませてくれる気はありそうだ。

    狭山茶
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

バイエルン放送交響楽団 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み