北海道日本ハムファイターズ(ホッカイドウニッポンハムファイターズ, HOKKAIDO NIPPON-HAM FIGHTERS) /1軍 のチケット情報

お気に入り登録する
北海道日本ハムファイターズ
北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、(省略))は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。

北海道をフランチャイズとし、本拠地は札幌ドームとしている。旭川スタルヒン球場や、函館オーシャンスタジアム、帯広の森野球場、釧路市民球場でも毎年公式戦を開催している(後述)。

千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズタウンには、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地であるファイターズスタジアムや、室内練習場、選手寮があり、関東地方におけるチームの拠点となっていた。

球団の歴史
東京時代
セネタース - 東急時代
1945年11月6日、戦時中の1943年に解散した東京セネタース(1935年創立)の中心人物だった横沢三郎がセネタース再興を目指し、新規にセネタース( Senators 、企業名:セネタース野球協会)を設立。再発足した日本野球連盟に加盟。1946年度のリーグ戦にゴールドスターと共に新球団として参加した。大下弘、飯島滋弥、白木義一郎など即戦力選手を集めたが、横沢個人で立ち上げた球団だったため財政的に厳しく、ユニフォームは戦前の阪急軍のお下がりという状態だった。旧華族の西園寺公一をオーナーに付け、銀座のキャバレー経営者で高利貸しを兼ねていた織手登がスポンサーになったものの、結局資金不足に陥り、横沢はたった1シーズンで球団経営を諦めざるを得なくなった。

東急・東映社史ではセネタースを青鞜と表記する場合がある。

(省略)9月27日の対ゴールドスター戦(西宮球場)で、宿舎付近は雨が降っていたため、選手は試合中止と思い込んで移動しなかったが試合は行われ、これがプロ野球初となる放棄試合とみなされ、0-9で敗戦した。苅田久徳を可愛がっていた猿丸元(のち、東急球団代表) が五島慶太の子分で、猿丸が五島に球団経営を勧め、同年12月18日、東京急行電鉄(東急)に球団権利金24万円を合わせ、合計35万円でチームを売却した。セネタースと東急との仲介の労をとったのは小西得郎と浅岡信夫、黒川渉三である。運営法人として、株式会社東急ベースボール倶楽部を設立。翌1947年の1月7日、球団名を東急フライヤーズ(とうきゅうフライヤーズ、Tokyu Flyers)とした。当時の東急はまだ大東急と呼ばれていた時代で、しかも分裂騒動の渦中にあった。大東急一致団結の旗
「北海道日本ハムファイターズ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月29日(木) 10:30UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

北海道日本ハムファイターズ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み