東レアローズ(トウレアローズ, TORAY ARROWS) /Vリーグ男子 のチケット情報

お気に入り登録する
東レアローズ
東レ・アローズ(とうレ アローズ)は、静岡県三島市を本拠地とする東レ三島工場の男子バレーボール部である。2018年7月現在、V.LEAGUE Division1(V1リーグ)に所属している。

概要
発足は、1947年に滋賀県大津市の東洋レーヨン(現・東レ)滋賀工場にて9人制のバレーボールチーム『東洋レーヨン九鱗会』としてである。後に6人制となり、静岡県三島市の三島工場に移り現在に至る。

チームネームの『アローズ』とは、社内公募して誕生したもので、矢のような鋭さという意味が込められている。また、2000年に女子強豪のユニチカ・フェニックスからチームを引き継ぎ、元本拠地である大津市に本拠地を置く女子チームにも同じチームネームが採用されている。

練習場は東レ総合研修センター横の体育館であり、練習見学も一部可能である。

実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)に第1回から参加している。

ファンクラブは、東レとは別のボランティア団体が運営している。

歴史
チームは1947年に滋賀県大津市の滋賀工場で設立された9人制のバレーボールチーム『東洋レーヨン九鱗会』としてスタート。『九鱗会』とは、9人制であることと、Vの形を取る陣形『鶴翼魚鱗の陣』に由来する。

1961年に全日本都市対抗大会(現・黒鷲旗大会)で優勝すると、6人制でも活躍し、全日本総合6・9人制のタイトルを獲得して全国大会のタイトルを独占する。1963年、再び都市対抗(1962年に6人制に移行)で優勝を果たした。

1964年にチーム本拠地を三島工場に移した。

実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)に第1回(1969/70シーズン)から参加。第1回では3位となる。

1970年、社名変更により、チーム名も『東レ九鱗会』となる。

第3回実業団リーグ(1971/72シーズン)で優勝、第4回準優勝で入替戦に出るものの、日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)に昇格できずにいた。1975年、第6回実業団リーグで優勝して出場した入替戦で勝利し、ようやく日本リーグ昇格を果たした。

日本リーグでは下位に低迷し続け、4年後の1979年に実業団リーグ降格。その後しばらく実業団リーグ在籍が続き、1988年に10年ぶりの日本リーグ復帰を果たす。

復帰戦となった第22回(1988/89シーズン)以降、しばらくは下位に低迷しながらも
「東レ・アローズ_(男子バレーボール)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月16日(日) 08:43UTC
公式サイト
公演レビュー
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

東レアローズ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み