神戸製鋼コベルコスティーラーズ(コウベセイコウコベルコスティーラーズ, KOBELCO STEELERS) のチケット情報

お気に入り登録する
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(こうべせいこうコベルコスティーラーズ)は、兵庫県神戸市を本拠とするジャパンラグビートップリーグのチームの一つ。

略歴
1928年創部。1988年から1995年まで神戸製鋼所ラグビー部として関西社会人リーグ、全国社会人大会、日本選手権の3冠(7連覇)を独占した。松尾雄治が林敏之との対談で神戸製鋼について「10連覇すると思っていたぐらい」と語るなど、全盛期のチームの強さは際立っていた。

特に林敏之、大八木淳史、平尾誠二、元木由記雄、堀越正巳、萩本光威、弘津英司、大西一平、武藤規夫、伊藤剛臣、大畑大介ら日本代表級の主力選手を多数擁したほか、当時現役オーストラリア代表であったイアン・ウィリアムス、日本代表にも選出されたアンドリュー・ミラーなど、外国人選手を他チームに先んじて活用し、日本を代表する名門ラグビーチームに成長していった。
新日鐵釜石との相違点は地元の高校生を1から育成せず、体の出来上がった有望な大学生をリクルートし「勝ち方」を教え込んだところにある。

2003年-2004年シーズンに始まったジャパンラグビートップリーグでは最終節に逆転し、初代リーグチャンピオンとなった。しかし、トップリーグ上位8強によるトップ8トーナメント・マイクロソフトカップではNECグリーンロケッツに敗れる不覚を味わい、初代カップチャンピオン、2冠を逃した。2014年-2015年シーズンは
2003年-2004年シーズン以来のリーグ戦1位になったが、トップリーグプレーオフ準決勝でヤマハ発動機に敗れた。

1995年に発生した阪神・淡路大震災では、練習場の灘浜グラウンドが液状化現象になる被害もあったが、本拠地・神戸の地域復興に全面的に協力。単なる企業内のチームとしてだけでなく地域密着型のチーム運営を目指している。この成果もあり、「ベストファンサービス賞」を何度も受賞している。
現在では、トップリーグ各チームが実施している、「ファン感謝祭」を、最も早く定期開催したチームでもある。

ホームゲームは御崎公園球技場、神戸総合運動公園陸上競技場などで行わわれる。

2007年-2008年シーズンは関西地区(旧関西社会人リーグ)唯一のトップリーグ所属チームであった。

2008年-2009年シーズンからチームのマスコットキャラクターのコーロクンが誕生し、チームの様々な
「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月23日(日) 07:51UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 神戸製鋼対近鉄 ラグビートップリーグ カップ

    関西では花園や神戸以外でのグラウンドで初めて観戦。自宅から近く、気軽に行けるのはありがたいです。選手との距離もまだ近い方ですし、迫力を感じれるのはいいです。

    かわも
  • クボタ対神戸製鋼 ラグビートップリーグ カップ

    10年に一度見られるかの試合でした。上位2チームの譲らない試合展開が続き、観戦しているファンも熱くなって応援をしています。トップリーグの観戦も三年ぶりになりますが、ボールの球出し、パスの展開も早くレベルが上がっているのを感じます。試合は思わぬ結果が待っていました。2点差で追いかける神戸製鋼が80分のフォーンがなりラストプレイです。このプレイでトライかゴールが決まれば逆転です。ボールを繋ぎプレーが続きます。時間が止まった感覚でイケイケの声が会場を包みます。ゴールポスト前でクボタが反則です。当然、神戸製鋼はゴールキックを選択します。絶対絶命の状態で会場も試合の結果を決定するゴールキックを待つのみ。クボタの選手は下を向き、誰もキッカーを見ていません。キックしたボールはゴールポストに当たりグランドに転がります。全選手が現状を理解し混乱状態の中、ボールはスタンドに蹴りだされノーサイド。三時間後にレビューを書いている私もまだ興奮しています。

    komoTry
  • Honda対神戸製鋼 ラグビートップリーグ

    平尾誠二さんの追悼試合で、会場には半旗が掲げられ試合開始前に全員で黙とうを行い、感慨深いものがありました。

    みきて
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

神戸製鋼コベルコスティーラーズ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み