レノファ山口FC(レノファヤマグチエフシー) /J2 のチケット情報

お気に入り登録する
レノファ山口FC
レノファ山口FC(レノファやまぐちエフシー、(省略))は、日本の山口県全19市町をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要
1949年創設の「山口県サッカー教員団」を起源とし、2006年にクラブチーム化して発足した。クラブ名称の「レノファ」は、「renovation(維新)」の頭文字「レノ」と「fight(戦う)」や「fine(元気)」の「ファ」を合わせて作られた造語である。「山口県民に愛され、山口県民へ感動・勇気・元気を与える山口県民による真の地元クラブを創造する」ことをチーム理念としている。

運営母体は2006年から2010年までは任意団体「レノファ山口FC」、2011年から2013年は「特定非営利活動法人山口アスレチッククラブ」(YAC)、2014年以降は「株式会社レノファ山口」である。なおトップチームの運営から離れたYACはスポーツ振興くじ (toto) を活用したサッカー教室を行っている。

ホームタウンは、Jリーグ準加盟時は「山口市を中心とする山口県全県」であった が、Jリーグへの正式入会を前にした2014年9月に、ホームゲームを開催している下関市と練習場のある山陽小野田市をホームタウンの中心となる自治体に追加。さらに「Jリーグ加盟に向けたクラブを取り巻く環境の拡大」をテーマに、主催試合を開催する山口市と下関市の県内2大都市を結ぶ、山陽小野田市と宇部市を重点的なホームタウン活動地域と位置付け、宇部市の承諾が得られたことから、2015年7月に宇部市もホームタウンの中心となる自治体に追加している。2016年9月に防府市と周南市をホームタウンの中心となる自治体に追加 し、さらに2016年シーズンオフに美祢市など県内各自治体に対してホームタウンへの協力要請を行い、2017年3月21日付で県内全19市町がホームタウンとして登録された。

クラブエンブレムは2013年3月に一新されたもので、一般公募約30点の中から周南市在住のウェブデザイナーである斉藤寛和がデザインしたものが採用された。山口市のシンボルの一つである瑠璃光寺五重塔(国宝)のシルエットをバックに、中心のサッカーボールには長州藩(毛利氏)の紋章(一文字に三つ星)をアレンジした模様が描かれ、外枠は盾をイメージした形となっている。チームカラーは山口県を代表
「レノファ山口FC」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月30日(金) 21:32UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ジェフユナイテッド千葉対レノファ山口FC 明治安田生命J2リーグ

    白熱したいいゲームだった 試合の全般を通し、主導権の探り合いでどちらかが優勢ということはなかったが、後半山口が一失点差を埋めるべく攻撃にシフトしてからは明らかに流れが変わった。 前の値千金のヘッドもその流れから。 現地では三幸があまり効いてないなぁと感じていたが、振り返り映像をみると特に守備の場面で最後の一踏ん張りをしていた。 そういえば、前のゴールにつながるクロスも三幸から。 試合中、文句言ってごめんなさい。 ちょっと嬉しかったのが、帰り支度をしていたところジェフサポータから「山口強いわ」という会話が漏れ聞こえたこと。 オリテンのサポに褒められるとは思ってもみなかったw

    takei3kakkei
  • セレッソ大阪対レノファ山口FC 明治安田生命J2リーグ

    天候にも恵まれ、新緑のスタジアムで「好ゲーム」が展開された。レノファは持ち前の粘り強さでセレッソのスピードに対抗。セレッソファンにはストレスの大きいゲームとなったが、レノファのファンは気分良く山口までのバス旅行となったハズである。

    湘南ですよ・・・。
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

レノファ山口FC のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み