DDT(ディーディーティー) /プロレス のチケット情報

お気に入り登録する
DDT
DDTプロレスリング(ディー・ディー・ティー・プロレスリング)は、日本のプロレス団体。

概要
DDTは「Dramatic Dream Team」の略。プロレス技の名称であるDDTが略称となるように、プロレスを題材にした漫画「1・2の三四郎 2」の主人公が所属する「ドリームチーム」にDramaticを冠したのが由来である。ロゴマークは「D2T」と表記される。設立当初はドラマチック・ドリーム・チーム(DDT)が正式な団体名であった。2004年4月、新法人への移行と合わせて団体名をDDTプロレスリングに改称。現在は複数ブランドや子会社も展開してDDTプロレスリンググループを構築している。

エンターテインメント色が強くプロレス記者の鈴木健により、このスタイルを「文化系プロレス」(高木三四郎の著書「俺たち文化系プロレス DDT」がある)と名づけられた。元代表の一宮章一は「小さなWWE」と表現したことがある。

小規模会場やライブハウスで定期的な興行を開催してエンターテインメント色を大胆に打ち出すことによって支持を拡大。こういったスタイルは現在、新しく設立するプロレス団体が、こぞって追随している。年に数度、地方遠征も開催している。

2005年から2008年まで東京都足立区入谷に道場を構えて道場で試合を定期的に行っていたが諸事情により道場を手放したため新木場1stRINGなど外部の施設を借りて練習を行っていた。2014年12月17日、それまでレンタルという形で使用していたTAKESHIBAコロシアムをプロレスリングZERO1とスターダムでシェアする形で使用することを発表。

歴史
1997年 - 2005年
* 1997年4月1日、武藤伸太郎がPWCを退団した高木三四郎、三上恭平(現:MIKAMI)、野沢一茂(現:NOSAWA論外)を招いてドラマチック・ドリーム・チーム(DDT)として設立。
* 3月25日、日比谷ラジオシティでプレ旗揚げ戦を開催。プレ旗揚げ戦においては「観客の過半数の支持が得られなかった場合、旗揚げは取りやめる」と宣言していた。全試合終了後、観客に意を問うたところ大部分の支持が得られて正式な旗揚げとなった。
* 5月14日、北沢タウンホールで旗揚げ戦を開催。この時、IWA格闘志塾(現:国際プロレスプロモーション)より、佐々木貴が移籍して4人で旗揚げとなった
「DDTプロレスリング」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月01日(木) 12:12UTC
公式サイト
公演レビュー
  • DDT

    席が前から2列目ということで迫力を感じながら楽しめたと思いましだ。

    はるく
  • DDT

    夏の両国へ向けてのストーリーラインの始まりと言うことで、告知されたイベントは全て盛り込んだ感じだった。髙山と船木の使い方は仕方ないかも知れないが、物足りない。メインイベントまでしっかり楽しませて貰えた。 ただ、艶みたいなモンが足りなかったなぁと面白いのは確かなんだけど、ハイジと赤井では出せない、遠藤と山下でもない試合の艶がもう少し欲しかった。

    Ja-bow(やあぼう)
  • DDT Judgement2017 ~DDT旗揚げ20周年記念大会~

    DDTの興行は、どんなに大きな会場になっても みんなのびのびとその日の為に準備してきたことを サイコーのカタチで届けたい気持ちにあふれています。 いろいろなプロレス団体があるなか、 一つの団体の興行として様々な楽しみ方ができる 素晴らしい会社に成長したなと思います。

    roypa
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

DDT のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み