プロレスリング・ノア のチケット情報

お気に入り登録する
プロレスリング・ノア
プロレスリング・ノアは、日本のプロレス団体。

歴代役員
プロレスリング・ノア(ピーアールエヌ)
(省略)

ノア・グローバルエンタテインメント
(省略)

団体名の由来
旧約聖書の創世記に登場する人物から(詳しくは「ノア」を参照)。ノアのロゴマークには、創世記の中でオリーブの葉をくわえて戻り嵐が終わったことを知らせた鳩が使われている。聖書に由来する単語を用いてはいるが宗教的な意図は無い。

単発興行のタイトルは「DEPARTURE(出航)」、「GREAT VOYAGE(偉大な航海)」、シリーズ名には「NAVIGATION(航海)」(2008年より「NAVIG」と略して表記)というタイトルが用いられて運営は航海に擬えられている。

ファンクラブ名は「ノアの方舟」を意味する「NOAH'S ARK」。

特徴
以前は、日本武道館大会を定期的に実施する唯一のプロレス団体であった。2007年12月2日に行われた小橋建太の復帰戦、2009年9月27日に行われた三沢光晴の追悼興行では、2階席の最上階まで立ち見指定席を設けて超満員(17,000人)の観衆を記録したが、観客動員の減少に伴って日本武道館の興行も減少したため、代わりに有明コロシアムが使用される頻度が増加していったが、2017年にはその使用もなくなり、現在は横浜文化体育館がビックマッチの試合会場として使用されている。

ノアは21世紀以降に設立したプロレス団体であり、ファン以外の層においては新日本プロレスや全日本プロレスといった老舗プロレス団体と比べて知名度は劣る傾向である。他団体との交流については活発化と断絶を繰り返す例が多く、2018年の時点ではプロレスリングZERO1やDDTプロレスリングなどとの関係が良好な一方で、新日本を始めとするその他のプロレス団体とは疎遠な関係になっており、2019年に運営会社が変わり、新たな方針として基本的に他団体に所属選手の派遣を行わない部分的な鎖国体制にすることを公表している。
運営方針
三沢が全日本の社長時代では実施できなかった大型のセット、ライトアップ、花道など華やかな演出を充実させた。しかし、リング上の試合内容は全日本時代から大きな変化はなく、三沢が「スポーツライク」と表現する、伝統的な駆け引きや受けの美学を中核とした試合を行っている。アングルは1シリーズ内で終わる程度の短期間で
「プロレスリング・ノア」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月20日(火) 22:48UTC
公式サイト
公演レビュー
  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアの試合内容は美学のある闘い。 観戦して思うのは、ただ一点のみ。 これからのプロレスリング・ノアに大いに期待できるということ。 ただ、過去にとらわれず新たな一歩を踏み始めることはものすごく大変なことである。 大変な時期だからこそ大きく進化しているところを多くのプロレスファンに見て欲しいと願うばかりである。 新たな風景を見せてくれる選手に期待して欲しい。

    プロレスファン
  • プロレスリング・ノア<神戸大会>

    もう行かない

    テリ-マン
  • プロレスリング・ノア

    鈴木軍目的でチケット買ったのだが出場せず、まだ始まったばかりで手探りの印象。狭い会場なので一番安いチケットが一番妥当かもしれない。(いちばん安い席でも7列目??) プロレス団体として集客するためにも、地方会場の前哨戦の質が問われると思うが、それもこれからといった感じ。長い目で見ることのできるファン向けで、この日のみで楽しもうという私のような客にはいまいちな感じでした。

    marcy
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

プロレスリング・ノア のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み