貴城けい(タカシロケイ) のチケット情報

お気に入り登録する
貴城 けい(たかしろ けい、1974年5月22日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団宙組トップスター。オスカープロモーション所属。本名は神田 理絵(かんだ りえ)(旧姓:都築)。夫は元歌舞伎俳優で現在は新派の俳優の二代目 喜多村緑郎。

東京都世田谷区出身。聖ドミニコ学園中学卒業。身長170cm。血液型はO型。

来歴
中学3年生の1年間に歌とダンスのレッスンに通い、中学卒業時に宝塚音楽学校に合格。

1992年、78期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中15番。『この恋は雲の涯まで』で初舞台。

1993年1月9日、雪組に配属。当時のトップスターだった一路真輝のもとで経験を積む。1995年の『JFK』新人公演でカストロ役、1996年の『エリザベート』初演の新人公演でルドルフ役(本公演でジュラ役)を経て、1997年の『仮面のロマネスク』新人公演で初主演。1年先輩の安蘭けいと共に次世代の雪組を担う人材として注目され、また同期で花組に配属された瀬奈じゅん、月組に配属された大空祐飛より早く新人公演主演を果たす。

2002年、雪組のトップスターに朝海ひかるが昇格するに伴い、2番手となる。初舞台も組回りも雪組で、雪組しか経験したことのない生粋の雪組育ちだったが、2004年の2番手特別出演期間には、星組・月組に連続出演を果たし、その間宝塚OG達による梅田コマ劇場公演「新版桜吹雪狸御殿」にも外部出演。

2006年、宙組に組替え。7月に宙組トップスターに就任。相手役には紫城るいを迎える。お披露目公演は同年8月の博多座公演『COPACABANA』。大劇場お披露目は、維新の英雄坂本龍馬を題材にした『維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック』。また、この公演が退団公演でもあり、ショー『ザ・クラシック』では宙組生のアドリブで「I love カシさん(貴城の愛称)」などというセリフや歌詞がふんだんに盛り込まれていた。

2007年2月12日、東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。相手役の紫城も同時退団だった。同年4月1日よりオスカープロモーションに所属し、女優としての活動をスタートさせた。退団後はミュージカル・ストレートプレイ・朗読劇・ショー等、多岐にわたる分野で舞台を中心に精力的に活動。

2010年4月に日本初演となったブロードウェイ・ミュージカル『サイド・ショウ』では、実在
「貴城けい」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月16日(火) 07:00UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 少年社中「天守物語」

    初めての近鉄アート館での観劇でしたが、どの席からでも舞台が良く見えて、役者さんの表情や細かな動きがよくわかり、作品に入り込む事が出来ました。 講演内容は原案の泉鏡花先生の作品をベースに人間の性を掘り下げた感じで、いろいろと考えさせられる作品だと思います。

    gafu
  • 少年社中「天守物語」

    妖(あやかし)は、人は何故生まれ、生きるのか…?! 人を殺すこと、人と交わることを禁じられ、同朋を殺され、それでも人に心惹かれる妖。 人ならざる妖や対抗する術のない天変地異に怯え、ひたすら辛苦に耐えながら生きる人間。 それぞれに苦悩を抱える妖と人間の、絡まり合った縁の糸。 泉鏡花の戯曲を元に描かれた、『生まれてきた意味、生きることの意味』を改めて考えさせられる作品でした。 ハッピーエンドでもないし、ラストに救いがあるわけでもない。むしろ色々抉られます。 だけど、生きていく上でしんどかったり辛かったりするのは自分だけじゃない。だから一緒に頑張って生きよう。 そんな風に感じられて、結局どこか自分が救われてる気がしました。 あと、とにかく熱量がヤバいです!!(笑)

    舞@観劇貧乏ww
  • 少年社中「天守物語」

    ※ネタバレばかりです。 完成された妖艶な世界観に最初の歌声一言目から引き込まれました。個人的に殺し系シーンがあまり得意じゃないのですが、ラストの「生きろ!!!」に繋がると思うとグッときました。最後の真っ赤に染まった全員での舞は体の下から響き上がる太鼓と笛、足音がドンドンドンと迫ってきて、異界の景色を目に焼き付けました。これがきっと絶滅してしまったあやかしとあの時代の人が残してくれた景色なんだろうなと!命の熱が溢れて突き刺さる素敵な舞台でした。

    ななかまる
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

貴城けい のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み