HY(エイチワイ) のチケット情報

お気に入り登録する
HY
HY(エイチワイ)は、男性4人・女性1人のミクスチャーバンド。メンバー全員沖縄県うるま市出身。

2000年結成以来、インディーズシーンで活動している。個人レーベル“東屋慶名建設”所属(あくまでレーベル名であり、実際に建設関係の会社ではない)。

「HY」というバンド名の由来は彼らの地元沖縄本島中部、うるま市の与那城「東屋慶名(ひがしやけな(Higashi-Yakena))」のイニシャルから来ている。

メンバー
*新里英之(しんざと ひでゆき、1983年4月12日 -)ギター、ボーカル、ラップ、通称「ひーで」英語表記は「Hide」
*名嘉俊(なか しゅん、1983年5月10日 -)ドラム、ラップ、通称「しゅん」英語表記は「Shun」、作詞・作曲時は「TUN」
*許田信介(きょだ しんすけ、1983年7月17日 -)ベース、通称「しんちゃん」英語表記は「Shinsuke」
*仲宗根泉(なかそね いずみ、1983年11月1日 -)キーボード、ボーカル、通称「いーず」英語表記は「Izu」
*宮里悠平(みやざと ゆうへい、1984年1月2日 -)ギター、通称「ゆーへい」英語表記は「Yu-hei」

来歴
2000年に高校の同級生である新里、名嘉、許田、宮里と名嘉の従兄妹である仲宗根で結成。

2001年、初のミニアルバム『Departure』でデビュー。当初は沖縄限定発売だったが、沖縄での人気からCDが全国発売に至る。

2003年、2枚目となるアルバム『Street Story』をリリース。インディーズでは異例の4週連続オリコンチャート1位を記録する。

2004年に発売された3枚目のアルバム『TRUNK』も前作に続いてオリコンチャートで1位を獲得。これらの記録はインディーズとしては史上初の記録となった。また、同年にはリンキン・パークの来日公演のオープニングアクトを務めた他、初のホールツアー「ITTA SOMUN'04 TOUR ~そこにあるべきもの~」を開催する。

2005年、『Departure』のリードトラック『ホワイトビーチ』がコカコーラのキャンペーンCMソングに採用。コカコーラのキャンペーンで「ANSHI COKE NONJOHNBAR RASSAI!! '05 TOUR」を開催する。

2006年には全47都道府県を巡るツアー、「WATTA SHINKER
「HY_(バンド)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年01月21日(月) 07:37UTC
公式サイト
公演レビュー
  • HY

    ビーチで歌って踊って最高でした! 一体感、親近感もあって、とてもステキな時間でした。 IZUちゃんの魂の叫びのような「あなた」は現場でしか聞けない感動の塊でした。 パワーをもらいました!絶対またLIVE行きます! HYのみなさん、スタッフさん、ありがとうございました。

    URURU
  • HY

    さいこー!たっぷり2時間半強、スタンディングでノリノリ。バラードもさすがです!

    いえーい!
  • HY

    HYの皆さんがまさか久留米に来るとは思ってなかったので、思い切ってチケットを購入しました。初めてのコンサートでしたが十分楽しむことができました。4階席だったので飛び跳ねるのには勇気がなくて(笑)、今度は1階席で踊ってみたいです。アンコールも「そうなんだ・・・」って感じで新鮮だったけどついていけなかったですが、今度どなたかに教えてもらいたいと思います。沖縄の空が目に浮かぶ・・・あたたかい音楽でした!ぜひ、また久留米に来てください。ありがとうございました。

    seramie
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

HY のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み